中国の新型ウイルス肺炎、F1とフォーミュラE開催への影響は?

2020年1月24日
中国の新型ウイルス肺炎、F1とフォーミュラEへの影響は?
中国で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎の感染が拡大しており、F1中国GPやフォーミュラEへの影響が懸念されている。

中国で新型ウイルスの発生によって国内の様々なイベントがキャンセルされた。武漢市当局は1月23日、空港や駅を一時的に閉鎖し、特別な理由のない市民は武漢を離れないように呼びかけた。

レッドブル 「フォーミュラEがF1の脅威になることはない」

2020年1月5日
レッドブル 「フォーミュラEがF1の脅威になることはない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フォーミュラEがF1の脅威になることはないと考えている。

電気自動車のレースシリーズであるフォーミュラEは、2018/19シーズンに多くのドラマを演じ、開幕8戦で8名のドライバーが優勝。3勝を挙げたジャン・エリック・ベルニュがタイトルを獲得した。

ニック・デ・ブリース 「F1シートを獲得できなかったことに悔いはない」

2019年12月31日
ニック・デ・ブリース 「F1シートを獲得できなかったことに悔いはない」
2019年にF2でチャンピオンを獲得したニック・デ・ブリースは、2018年のライバルたちがF1で活躍しているのを見るのは“辛い”と認めるも、F1シートを獲得できなかったことに後悔はないと語る。

2017年にF2への参戦を開始したニック・デ・ブリースは、ラペックス、レーシング・エンジニアリング、プレマを経て、2019年にGP3時代に所属していたARTグランプリに加入。

ポルシェ 「F1向けのV6ターボパワーユニットを開発していた」

2019年12月28日
ポルシェ 「F1向けのV6ターボパワーユニットを開発していた」
ポルシェのモータースポーツ責任者を務めるフリッツ・エンツィンガーは、F1にエンジンサプライヤーとして参入することに非常に近づいており、F1向けての1.6リッター ハイブリットパワーユニットの開発を進めていたことを明らかにした。

2021年から大幅に変更されるF1レギュレーションの策定機関、ポルシェはF1チーム、エンジンメーカー、F1、そして、FIA(国際自動車連盟)による会議に席を設けられていた。

フェリペ・マッサ 「アロンソはフォーミュラEに魅力を感じるはず」

2019年12月27日
フェリペ・マッサ 「アロンソはフォーミュラEに魅力を感じるはず」
元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、フェルナンド・アロンソがフォーミュラEに誘惑される可能性があると語る。

昨年、F1から離れたフェルナンド・アロンソは、インディカー、WEC(世界耐久選手権)といった他のカテゴリーに参戦しており、来年1月にはトヨタとともにダカールラリーに挑む。

FIA会長 「フォーミュラEの性能がF1に匹敵するには数十年かかる」

2019年12月23日
FIA会長 「フォーミュラEの性能がF1に匹敵するには数十年かかる」
FIA(国際自動車連盟)会長のジャン・トッドは、フォーミュラEがF1のパフォーマンスレベルに匹敵できるようになるには“数十年”かかると考えている。

フォーミュラEは、6シーズン目を迎え、すでにパフォーマンス面で大きな飛躍を果たしているが、2022年には軽量・高速・急速充電を備えた“Gen3”の導入が予定されており、その状況傾向は続くと予想されている。

F1 CEOのキャリー 「今後もフォーミュラEがF1の脅威になることはない」

2019年12月21日
F1 CEOのキャリー 「今後もフォーミュラEがF1の脅威になることはない」
F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、先月で6年目を迎えて人気を高めているフォーミュラEが、今後もF1に脅威を与える存在になることはないと主張する。

フォーミュラEは、5つの大陸にまたがる14大会を特徴としており、都市の中心地でレースが開催されている。フォーミュラEは電気自動車の開発と持続可能なモビリティを推進する国際的なプラットフォームを提供している。

フォーミュラE | 韓国の人気グループBTSがアンバサダーに就任

2019年12月19日
フォーミュラE
フォーミュラEは、韓国の人気グループBTS(防弾少年団)が電気自動車の利点と気候変動に対する認識を高めるグローバルアンバサダーに就任したことを発表した。

フォーミュラEは、BTSとともに「世界の主要都市で開かれる、環境親和性が最も高いモータースポーツフェスティバル」というメッセージを発信していくと説明。

フォーミュラE、シーズン7から“FIA世界選手権”に格上げ

2019年12月3日
フォーミュラE、シーズン7から“FIA世界選手権”に格上げ
FIA(国際自動車連盟)は、2020/21シーズンからフォーミュラEを世界選手権に格上げることを決定。パリの本部でFIAのシャン・トッド会長とフォーミュラEのアレハンドロ・アガグ会長によって合意書に署名された。

フォーミュラEは、5つの大陸にまたがる14大会を特徴としており、都市の中心地でレースが開催されている。フォーミュラEは電気自動車の開発と持続可能なモビリティを推進する国際的なプラットフォームを提供している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム