シャルル・ルクレール 「予選ペースはかなり強いし、自信を感じている」

2018年11月10日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1ブラジルGP初日のフリー走行を8番手タイムで終えた。

「全体的にポジティブな一日だった。予選ペースはかなり強かったし、明日に自信を感じている。まだ他チームと比較してレースペース面でどこにいるかを判断するにはいくつか作業しなければならない部分はあるけど、今のところはいい感じだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「アルボンのトロロッソのシート獲得を願っている」

2018年11月10日
F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
2019年にフェラーリへの移籍が決まっているシャルル・ルクレールは、トロロッソ・ホンダがアレクサンダー・アルボンと契約することを望んでいると語る。

今年F2で参戦するアレクサンダー・アルボンは、現時点で2019年にF1デビューが決定しているジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)に次ぐ2位につけており、3位のランド・ノリス(マクラーレン)を上回っている。

エステバン・オコン 「シャルル・ルクレールは来年F1チャンピオンを争う」

2018年11月5日
F1 エステバン・オコン シャルル・ルクレール
エステバン・オコは、シャルル・ルクレールには2019年にF1ワールドチャンピオンを争う可能性があると考えている。

現在フォースインディアからF1に参戦するエステバン・オコンは来年シートを獲得できない可能性が高まっているが、シャルル・ルクレールは3強チームであるフェラーリの移籍が決定している。

ザウバー代表 「ルクレールがフェラーリで活躍する条件は揃っている」

2018年11月5日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ ザウバー
ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、シャルル・ルクレールとルイス・ハミルトンを比較するのはアンフェアだと考えているが、フェラーリのドライバーを務める来年、ルクレールには成功する条件は揃っており、ハミルトンと戦わなければならないという大きなプレッシャーがかかることになるだろうと語る。

フェラーリは、2019年のドライバーとして、キミ・ライコネンに代えて、まだF1でフルシーズンを終えていないルーキーのシャルルル・ルクレールを起用することを発表。

セバスチャン・ベッテル 「ルクレールと協力関係を築いていくことが重要」

2018年11月5日
F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年にフェラーリで新しいチームメイトとなるシャルル・ルクレールと協力関係を築いていくことが重要だと考えている。

フェラーリは、2019年にキミ・ライコネンに代えて育成ドライバーのシャルル・ルクレールを昇格させることを決定。セバスチャン・ベッテルにとっては2015年のフェラーリ加入し来、初めて新しいチームメイトを迎えることになる。

シャルル・ルクレール、7位入賞 「総合的にポジティブな結果」

2018年10月29日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー メキシコGP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの決勝レースで7位入賞を果たした。

「良いレースだったし、7位という結果に満足している。これまでのF1での2番手のベストリザルトだ。タイヤを管理するのはチャレンジングだったし、その点でかなり厳しいレースだった」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「ハイパーソフトでのスタートはチャレンジ」

2018年10月28日
F1 シャルル・ルクレール メキシコグランプリ
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの予選を9番手で終えた。

「今日の予選には満足している。またQ3に進出して9番手だ。僕たちのパフォーマンスは強力だし、昨日からうまくリカバリーすることができた。僕たちは予選を走ったハイパーソフトでスタートするので後ろのライバルを抑えるのはチャレンジだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

エステバン・オコン 「ガスリーとルクレールは2019年に勝利を争う」

2018年10月25日
F1 ピエール・ガスリー シャルル・ルクレール
エステバン・オコンは、2019年のF1グリッドを外から眺めることになるかもしれないが、同世代のピエール・ガスリーとシャルル・ルクレールは開幕時から勝利を争うことになると予測しており、新世代のドライバーのための道を切り開いてくれるだろうと考えている。

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年にダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格。シャルル・ルクレールは、キミ・ライコネンの後任としてフェラーリでF1を戦う。

シャルル・ルクレール 「良い結果を達成できるポテンシャルはあった」

2018年10月22日
F1 シャルル・ルクレール アメリカGP
ザウバーのシャルル・ルクレールは、F1アメリカGPの決勝レースをマシントラブルによりリタイアで終えた。

「このような形でレースを終えるのはフラストレーションが溜まる。特に今日は9番手からのスタートだったし、良い結果を達成できるポテンシャルがあったのは明らかだ」とシャルル・ルクレールはコメント。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム