フェラーリF1、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長

2019年12月23日
フェラーリF1、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長
フェラーリF1チームは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで5年間延長したことを発表した。

今年、フェラーリ史上2番目に若いF1ドライバーとなったシャルル・ルクレールは、全ドライバーで最多となる7回のポールポジションを獲得。フェラーリのホームレースであるF1イタリアGPを含めた2勝、10回の表彰台を獲得し、ドライバーズ選手権でチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回るランキング4位でシーズンを終えた。

エステバン・オコン 「ルクレールのF1での活躍には驚いていない」

2019年12月23日
エステバン・オコン 「ルクレールのF1での活躍には驚いていない」
エステバン・オコンは、シャルル・ルクレールがわずか2シーズンでF1のトップに急上昇したことにはまったく驚いていないと語った。

2016年のGP3タイトルと翌年のF2選手権で優勝した後、シャルル・ルクレールは2018年にザウバーでF1デビューを果たし、今年はセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに昇格した。

フェラーリF1 「ベッテルとルクレールの同士討ちは“必要な危機”だった」

2019年12月23日
フェラーリF1 「ベッテルとルクレールの同士討ちは“必要な危機”だった」
フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちは、チーム内の基本ルールを確立するために“必要な危機”だったと語る。

シャルル・ルクレールは、F1でわずか1シーズンを過ごした後、2019年にセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに加わったが、すぐに4回のF1ワールドチャンピオンのライバルとしての地位を確立し、チャンピオンシップでベッテルを破った。

マックス・フェルスタッペン、ルクレールとの“6分間の激闘”を振り返る

2019年12月23日
マックス・フェルスタッペン、ルクレールとの“6分間の激闘”を振り返る
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPでのシャルル・ルクレール(フェラーリ)とのバトルを“激しい6分間”だったと振り返った。

2019年のF1世界選手権はルイス・ハミルトントメルセデスが獲ったが、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールのバトルはシーズンの主役となった。実際、F1イギリスGPでのバトルはFIAの“アクション・オブ・ザ・イヤー”に選ばれている。

シャルル・ルクレール 「2020年はベッテルとF1タイトルを争いたい」

2019年12月20日
シャルル・ルクレール 「2020年はベッテルとF1タイトルを争いたい」
フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの関係は今でも良好だと主張する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールの加入によってナンバー1ステータスを維持することに苦労。2人はF1ブラジルGPで同士討ちを演じ、関係悪化が囁かれた。

シャルル・ルクレール 「フェラーリ初年度の経験を新車開発に活かしたい」

2019年12月16日
シャルル・ルクレール 「フェラーリ初年度の経験を新車開発に活かしたい」
シャルル・ルクレールは、2020年に初めて同じチームで2年目を迎えることになり、フェラーリでの初年度で積んだ経験を2020年F1マシンに活かすのを楽しみにしていると語る。

シャルル・ルクレールは、2014年のフォーミュラ・ルノー2.0からヨーロッパF3、GP3、F2とシングルシーターキャリアを進め、昨年ザウバーでF1デビュー。そして、今年フェラーリに移籍したルクレールは、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを上回るランキング4位でシーズンを終えた。

フェルスタッペン 「ルクレールとチームメイトになることはないと思う」

2019年12月15日
フェルスタッペン 「ルクレールとチームメイトになることはないと思う」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、将来、シャルル・ルクレールとチームメイトになることはないと思うと語り、事実上、フェラーリ移籍の噂を否定した。

2020年末にレッドブルとの契約が満了するマックス・フェルスタッペンは、来季レッドブル・ホンダでF1ワールドチャンピオンを争える状況にいなければ、メルセデスやフェラーリへの移籍が噂されている。

マックス・フェルスタッペン 「ルクレールとのバトルはF1にとって良いこと」

2019年12月12日
マックス・フェルスタッペン 「ルクレールとのバトルはF1にとって良いこと」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールとのバトルはF1にとって良いことだと感じている。

マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールは、短いキャリアの中で何度もバトルを繰り広げてきた。特に今シーズンのF1イギリスGPでは軽い接触を含めたホイール・トゥ・ホイールのバトルを展開。2019年の“アクション・オブ・ザ・イヤー”に選出されている。

「誰もがベッテルとルクレールの共存を願っている」とピレリCEO

2019年12月6日
「誰もがベッテルとルクレールの共存を願っている」とピレリCEO
2020年にフェラーリでセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが共存することを“誰もが望んでいる”。そう語るのはピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラだ。

2020年もセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールはペアを組むが、今季、フェラーリの絶対的なナンバー1ドライバーだったセバスチャン・ベッテルは、新加入のシャルル・ルクレールの台頭に苦戦を強いられ、F1ブラジルGPでは同士討ちを演じた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム