シャルル・ルクレール、15秒加算ペナルティで7位に降格 / F1日本GP

2019年10月13日
シャルル・ルクレール、15秒加算ペナルティで7位に降格 / F1日本GP
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1日本GPでのオープニングラップでのマックス・フェルスタッペンとの接触に5秒、フロントウイングが破損した安全ではない状態で走行したことに10秒、合計15秒のタイム加算ペナルティを科せられ、6位から7位に降格した。

シャルル・ルクレールは、オープニングラップのターン2で前を走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に接触。フェルスタッペンはコース外に追い出され、マシンにダメージを負ったことが原因で後にリタイアしている。

シャルル・ルクレール、鈴鹿でのペース不足に戸惑い

2019年10月11日
シャルル・ルクレール、鈴鹿でのペース不足に戸惑い / フェラーリ F1日本GP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレールは、F1日本GPの金曜フリー走行におけるフェラーリのペース不足は“ちょっとした驚き”だったと語る。

フリー走行1回目にフェラーリの両ドライバーは、メルセデスに1秒以上の遅れをとってスタート。FP2ではトップとの差をコンマ4秒まで縮めたものの、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの後ろの4番手にとどまった。

シャルル・ルクレール 「フェラーリ内でチームオーダー問題は解決済み」

2019年10月10日
シャルル・ルクレール 「フェラーリ内でチームオーダー問題は解決済み」
シャルル・ルクレールは、F1ロシアGPでの“誤解”を経て、フェラーリのチームオーダーへのスタンスは“クリア”になっており、チーム内のすべてがうまくいっていると主張する。

前戦F1ロシアGPでは、スタートでセバスチャン・ベッテルにシャルル・ルクレールのスリップストリームを使わせるという作戦を敢行して1-2フィニッシュを目指したが、前に出たベッテルがルクレールと順位を入れ替えることを拒否。フェラーリの作戦とドライバー同士の軋轢の可能性が話題となった。

シャルル・ルクレール 「日本GPとジュールの事故は切り離せない」

2019年10月9日
シャルル・ルクレール 「日本GPとジュールの事故は切り離せない」 / フェラーリ F1日本GP プレビュー
フェラーリのシャルル・ルクレールが、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPへの意気込みを語った。

「日本は僕たちにとってレースをするための非常にスペシャルな場所だ。特に地元のファンによってね。彼らはとても情熱的で、いつも多くのサポートを示してくれる。それあがあそこでの経験を非常にユニークなものにしてくれている」とシャルル・ルクレールはコメント。

元フェラーリ会長モンテゼーロ、シャルル・ルクレールの態度に苦言

2019年10月3日
元フェラーリ代表モンテゼーロ、シャルル・ルクレールの態度に苦言
元フェラーリの最高経営責任者であるルカ・ディ・モンテゼーモロは、シャルル・ルクレールが苦情を言ってきたら自分であれば“片言では済まない”と述べた。

シャルル・ルクレールは、F1シンガポールGPではなぜベッテルが自分を倒すことができたのか、そして、F1ロシアGPではなぜベッテルが順位を戻すというレース前の取り決めを守らなかったのかと無線で不満を口にしている。

ヘルムート・マルコ 「ルクレールがフェラーリに緊張関係を作り出している」

2019年10月3日
ヘルムート・マルコ 「ルクレールがフェラーリに緊張関係作り出している」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリ内に緊張関係を生み出しているのはシャルル・ルクレールだと語る。

先週末のF1ロシアGPではフェラーリにチームオーダー論争が勃発。F1スポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールというドライバーコンビはフェラーリにとって“爆弾”になりえると語っていた。

ヘルムート・マルコ 「ベッテルとルクレールの関係はいずれ破綻する」

2019年10月2日
ヘルムート・マルコ 「ベッテルとルクレールの関係はいずれ破綻する」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリ内のセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの良好な関係は長くは続かないと考えており、レッドブル・ホンダはその機会を生かしたいと語る。

フェラーリは、序盤戦でセバスチャン・ベッテルを優先することを明言してシーズンをスタートしたが、夏休み後にシャルル・ルクレールが3連勝を挙げたことでチーム内のパワーバランスは変化している。

シャルル・ルクレール、F1に集中するため恋人に別れを告げる

2019年10月2日
シャルル・ルクレール、F1に集中するため恋人に別れを告げる
シャルル・ルクレールは、F1に集中するために恋人に別れを告げていたことが明らかになった。

シャルル・ルクレール(21歳)は、2015年から同じ年のイタリア人モデル、ジャーダ・ジャンニと交際してきた。しかし、ジャーダ・ジャンニはルクレールから別れを告げられたことを明らかにした。

「シャルルは私と別れました」とジャーダ・ジャンニはコメント。

フェラーリF1代表 「ルクレールは無線で言うべきことを学ぶ必要がある」

2019年10月1日
フェラーリF1代表 「ルクレールは無線で言うべきことを学ぶ必要がある」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールは無線で言うべきではない特定のことがあることを学ぶ必要があると語る。

F1ロシアGPでシャルル・ルクレールは、順位を戻してくれないセバスチャン・ベッテルとフェラーリのチームオーダーに無線で不満を述べていた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム