シャルル・ルクレール 「すべてのF1チームが手の内を隠している」

2022年2月24日
シャルル・ルクレール 「すべてのF1チームが手の内を隠している」 / スクーデリア・フェラーリ F1バルセロナテスト 1日目
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、水曜日にスタートした2022年のF1プレシーズンテストで、すべてのF1チームが手の内を隠していると語る。

シャルル・ルクレールは、フェラーリの2022年F1マシン『F1-75』で午前中のトップタイムを記録し、午後にカルロス・サインツに作業を引き継いだ。ルクレールは総合2番手、サインツは総合3番手につけ、2人合わせて153周を走り込んだ。

シャルル・ルクレール 「F1-75に完璧にフィットしたカラーリング」

2022年2月18日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「F1-75に完璧にフィットしたカラーリング」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが、2022年F1マシン『F1-75』の印象について語った。

フェラーリは2月17日(木)に2022年F1マシン『F1-75』を発表。ダークなレッドとフロントとリアのブラックの組み合わせは1990年代のフェラーリを連想されるカラーリングだ。

シャルル・ルクレール 「サインツ加入によって弱点の改善を迫られた」

2022年1月24日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「サインツ加入によって弱点の改善を迫られた」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年にチームに加入したカルロス・サインツのパフォーマンスによって、自分の弱点を改善することを迫られたと語る。

2020年のF1のロックダウン中に発表されたカルロス・サインツのマクラーレンからフェラーリへの移籍は専門家の推測を巻き起こした。チームメイトでフェラーリF1の将来を背負って立つドライバーと期待されるシャルル・ルクレールとを組むことに苦労するというのが大方の見方だった。

レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」

2022年1月10日
レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている。

レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者としてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのドライバーを管理するヘルムート・マルコは、当然のことながら、ライバルチームのF1ドライバーについても評価している。

ルクレール、F1引退のライコネンの7番への変更を希望も実現は困難

2021年12月29日
シャルル・ルクレール、F1引退のライコネンの7番への変更を希望も実現は困難
シャルル・ルクレールは、F1から引退したキミ・ライコネンからカーナンバー7を引き継ぐことを望んでいるとの噂が浮上。だが、それが実現する可能性は低い。

2018年にザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、パーマネントナンバーに16番を選んだ。これはジュニアカテゴリーで使用していた7番が空いていなかったためだ。

メルセデスF1のルイス・ハミルトンの後任はシャルル・ルクレール?

2021年12月20日
メルセデスF1のルイス・ハミルトンの後任はシャルル・ルクレール?
メルセデスF1のルイス・ハミルトンの後任の最有力候補はシャルル・ルクレールかもしれない。メディアはフェラーリとルクレールとの2024年までの契約には解除条項が存在すると報じ出した。

2019年にフェラーリF1に移籍したシャルル・ルクレールは、当時チームのナンバー1ドライバーだったセバスチャン・ベッテルに引導を渡し、フェラーリF1として異例の2024年までの長期系契約を結び、マラネロの将来を背負って立つドライバーとして期待を賭けられている。

フェラーリF1のシャルル・ルクレール、2度目の新型コロナウイルス感染

2021年12月17日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、2度目の新型コロナウイルス感染
フェラーリF1は、シャルル・ルクレールが2021年に2度目となる新型コロナウイルイスに感染したことを発表した。

シャルル・ルクレールは、今年1月に新型コロナウイルスに感染して軽度の症状を示していた。シーズンが終了してアブダビからモナコの自宅に戻ったルクレールだが、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。

シャルル・ルクレール 「チームに大仕事をさせて申し訳ない」

2021年12月4日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「チームに大仕事をさせて申し訳ない」 F1サウジアラビアGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPのフリー走行2回目での激しいクラッシュをチームに謝罪。高速の衝撃によってマシンはほぼ大破した。

シャルル・ルクレールは、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットのターン22のキンクでオーバーステアのスナップに見舞われ、トラックの側面にあるバリアに後方からクラッシュした。

【動画】 シャルル・ルクレールが高速のターン22で大クラッシュ

2021年12月4日
【動画】 シャルル・ルクレールが高速のターン22で大クラッシュ / F1サウジアラビアGP フリー走行2回目
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPのフリー走行2回目でクラッシュを喫し、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットでクラッシュを喫した最初のF1ドライバーとなった。

10番手タイムをマークしていたシャルル・ルクレールは、終了間際にミディアムタイヤで走行中にターン22でクラッシュ。マシンは大破し、セッションは数分を残しえ赤旗のまま終了した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム