シャルル・ルクレール 「ハミルトンとフェラーリF1の交渉は知っていた」

2024年2月14日
シャルル・ルクレール 「ハミルトンとフェラーリF1の交渉は知っていた」
シャルル・ルクレールは、ルイス・ハミルトンとフェラーリF1との交渉について、長期的なF1での将来をスクーデリア・フェラーリに託す前に知っていたことを認めた。

フェラーリは先月、ルクレールがスクーデリアとの長期契約を来シーズン以降も延長する複数年契約を結んだと発表した。しかし、ハミルトンが現職のカルロス・サインツに代わってフェラーリに移籍するという衝撃的なニュースの後、ルクレールは2025年から新しいドライバーとコンビを組むことになった。

フェラーリF1のシャルル・ルクレール SF-24で初走行「開発に妥協はない」

2024年2月14日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール SF-24で初走行「開発に妥協はない」
シャルル・ルクレールは、フェラーリが2024年F1マシン『SF-24』で前モデルの弱点を改善するために「妥協」しなければならなかったという考えを払拭した。

フェラーリは、2022年にF1がグラウンドエフェクトエアロに戻るとレースに勝つ方法に戻り、継続的なタイトル挑戦を目指して前シーズンに臨んだ。

ルクレール 「2位になるためにF1にいるわけではない。誰が相手でもね」

2024年2月10日
シャルル・ルクレール 「2位になるためにF1にいるわけではない。誰が相手でもね」
ルイス・ハミルトンのフェラーリF1移籍については言及していないが、シャルル・ルクレールは、相手が誰であっても2位でフィニッシュするためにF1に参加しているわけではなく、世界タイトルを獲得したいと強く明言している。

先月、スクーデリア・フェラーリはルクレールが2024年シーズン以降もマラネロ・チームに残留する契約延長にサインしたことを発表した。

シャルル・ルクレール ルイス・ハミルトン獲得のフェラーリF1に幻滅?

2024年2月9日
シャルル・ルクレール ルイス・ハミルトン獲得のフェラーリF1に幻滅?
シャルル・ルクレールはルイス・ハミルトンのフェラーリF1加入を歓迎していると言われていたが、イタリアのメディアはそうではないと報じている。

ハミルトンは昨年8月に交わしたばかりのメルセデスとの2年契約の離脱条項を発動させ、将来のスクーデリア・フェラーリ移籍を確定させたため、ルクレールは2025年に新たなチームメイトを迎えることになるが、これはほとんど誰も予想していなかった動きだ。

フェラーリF1 シャルル・ルクレールとの不透明な契約期間は「異例」

2024年1月28日
フェラーリF1 シャルル・ルクレールとの不透明な契約期間は「異例」
スクーデリア・フェラーリが、シャルル・ルクレールとの期間が不明が新たなF1契約を発表したことは「異例」だとイタリアの権威あるメディア関係者は語る。

プレスリリースでは、この高評価を受ける26歳が「2024年シーズン以降」も残留すると宣言され、ルクレールは「この先も数シーズン」赤のマシンをドライブし続けると語ったと引用されている。

シャルル・ルクレールとフェラーリの寛容な新F1契約が理に適っている理由

2024年1月26日
シャルル・ルクレールとフェラーリの寛容な新F1契約が理に適っている理由
フェラーリは、シャルル・ルクレールを当面は拘束したいと考えていることを隠していないため、彼が契約延長に署名したというニュースは驚くべきことではない。Formula1.comでローレンス・バレットが解説した。

しかし、前回ルクレールとの契約更新を行ったとき、フェラーリは2024年末までの5シーズンで固定されていることを明らかにしていたが、今回はより不透明なものとなっている。

シャルル・ルクレール フェラーリF1に2024年以降の複数年残留が決定

2024年1月25日
シャルル・ルクレール フェラーリF1に2024年以降の複数年残留が決定
シャルル・ルクレールは、スクーデリア・フェラーリと新たな長期契約を締結。契約期間は明らかにされていないが「今後数シーズン」フェラーリのF1チームに残ることになった。

昨年末、ルクレールはフェラーリと2029年までの5年契約を結ぶと噂されていた。そして今、フェラーリは2024年のF1シーズン終了後に切れるルクレールとの現行契約終了後も数年間、ルクレールがチームに残留することを明らかにした。

シャルル・ルクレール 「ハミルトンのF1マシン分析のスキルに驚いた」

2023年12月26日
シャルル・ルクレール 「ハミルトンのF1マシン分析のスキルに驚いた」
シャルル・ルクレールは、F1メキシコGP後に交わされたルイス・ハミルトンとの会話で、レッドブルのRB19マシンが話題の中心にあったことを明かした。

マックス・フェルスタッペンがF1キャリア51勝目を達成し、ハミルトンとルクレールが表彰台を獲得したアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスでのレース終了後、メルセデスのドライバーはフェラーリのドライバーに対し、レッドブルのクルマのどこが強いかは彼の後を追えばわかると話したという。

フェラーリF1代表 ドライバー契約更新の遅れは「終盤の混乱のせい」

2023年12月21日
フェラーリF1代表 ドライバー契約更新の遅れは「終盤の混乱のせい」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるフレッド・バスールは、ドライバーのシャルル・ルクレールやカルロス・サインツとの契約更新交渉が遅れたことについて、2023年シーズンの 「混乱した」終わり方を非難した。

両ドライバーは2024年末までの契約を結んでいるが、サインツがシート維持のプレッシャーにさらされているという夏の憶測が流れる中、バスールはチームが今年末には書類手続きを整理したいと語っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム