シャルル・ルクレール、フェラーリF1との新契約で年俸は3倍にアップ

2019年12月25日
シャルル・ルクレール、フェラーリF1との新契約で年俸は3倍にアップ
シャルル・ルクレールは、フェラーリF1チームと2024年まで契約を延長。新契約では年俸は3倍に跳ね上がったと報じられている。

2016年にフェラーリのドライバーアカデミーに加入したシャルル・ルクレールは、GP3でチャンピオンを獲得。翌年にはF2でタイトルを獲得したルクレールは、2018年にザウバーでF1デビューを果たし、今年はセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに昇格した。

マックス・フェルスタッペン 「ルクレールとのライバル関係に関心はない」

2019年12月24日
マックス・フェルスタッペン 「ルクレールとのライバル関係に関心はない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1でルイス・ハミルトンよりもシャルル・ルクレールと長く戦うことになることはわかっているが、ルクレールとのライバル関係にはあまり関心がないと語る。

マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールのライバル関係は2019年シーズンを通して話題となった。シーズンを振り返り、F1の専属カメラマンによって撮影された上の写真を見せられたマックス・フェルスタッペンは「彼は少し怒っているように見えるね」と笑う。

「フェルスタッペンとルクレールはセナとプロスト」とF3時代のボス

2019年12月24日
フェルスタッペンとルクレールはセナとプロスト」と元ボス
マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールは、未来の主役だ。二人のジュニアキャリアのボスだったフリット・ファン・アメルスフォールトは、「まるで新しいセナとプロストが出現したかのようだ」と予想していた。

だが、フリット・ファン・アメルスフォールトは、この声明に頭を悩ませていることを認めている。マックス・フェルスタッペンが新しいアイルトン・セナなら、シャルル・ルクレールが新しいアラン・プロストとなる。それでも、もし2人をF1界のレジェンドと比較できるなら、それはマックス・フェルスタッペンだ。

ニコラス・トッド 「シャルル・ルクレールのF1キャリアを誇りに思う」

2019年12月23日
ニコラス・トッド 「シャルル・ルクレールのF1キャリアを誇りに思う」
シャルル・ルクレールのマネージャーを務めるニコラス・トッドは、2024年までフェラーリF1との契約を延長したルクレールのキャリアを“誇りに思う”と語った。

ニコラス・トッドは、人生の大部分をF1の周りで過ごした。父親であるジャン・トッドは、フェラーリのF1チーム代表を務めた後、FIA(国際自動車連盟)の会長を務め、F1界に多大な影響力を持っている。

シャルル・ルクレール、フェラーリと契約延長「将来を楽しみにしている」

2019年12月23日
シャルル・ルクレール、フェラーリと契約延長「将来を楽しみにしている」
シャルル・ルクレールは、フェラーリF1チームとの契約を2024年シーズンまで延長。「将来を楽しみにしている」を語った。

2016年にフェラーリのドライバーアカデミーに加入したシャルル・ルクレールは、GP3でチャンピオンを獲得。翌年にはF2でタイトルを獲得したルクレールは、2018年にザウバーでF1デビューを果たし、今年はセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに昇格した。

フェラーリF1、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長

2019年12月23日
フェラーリF1、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長
フェラーリF1チームは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで5年間延長したことを発表した。

今年、フェラーリ史上2番目に若いF1ドライバーとなったシャルル・ルクレールは、全ドライバーで最多となる7回のポールポジションを獲得。フェラーリのホームレースであるF1イタリアGPを含めた2勝、10回の表彰台を獲得し、ドライバーズ選手権でチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回るランキング4位でシーズンを終えた。

エステバン・オコン 「ルクレールのF1での活躍には驚いていない」

2019年12月23日
エステバン・オコン 「ルクレールのF1での活躍には驚いていない」
エステバン・オコンは、シャルル・ルクレールがわずか2シーズンでF1のトップに急上昇したことにはまったく驚いていないと語った。

2016年のGP3タイトルと翌年のF2選手権で優勝した後、シャルル・ルクレールは2018年にザウバーでF1デビューを果たし、今年はセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに昇格した。

フェラーリF1 「ベッテルとルクレールの同士討ちは“必要な危機”だった」

2019年12月23日
フェラーリF1 「ベッテルとルクレールの同士討ちは“必要な危機”だった」
フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちは、チーム内の基本ルールを確立するために“必要な危機”だったと語る。

シャルル・ルクレールは、F1でわずか1シーズンを過ごした後、2019年にセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてフェラーリに加わったが、すぐに4回のF1ワールドチャンピオンのライバルとしての地位を確立し、チャンピオンシップでベッテルを破った。

マックス・フェルスタッペン、ルクレールとの“6分間の激闘”を振り返る

2019年12月23日
マックス・フェルスタッペン、ルクレールとの“6分間の激闘”を振り返る
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPでのシャルル・ルクレール(フェラーリ)とのバトルを“激しい6分間”だったと振り返った。

2019年のF1世界選手権はルイス・ハミルトントメルセデスが獲ったが、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールのバトルはシーズンの主役となった。実際、F1イギリスGPでのバトルはFIAの“アクション・オブ・ザ・イヤー”に選ばれている。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム