フェラーリF1 「カルロス・サインツのすべての無線通信をチェックした」

2021年1月21日
フェラーリF1 「カルロス・サインツのすべての無線通信をチェックした」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1ドライバーとしてカルロス・サインツと契約する前にマクラーレンとの無線通信をすべてチェックしていたことを明かし、新たなドライバーの採用プロセスにどれほど細心の注意が払われているかの洞察を与えた。

カルロス・サインツのフェラーリF1移籍は2020年のドライバー市場ドラマの波の一部だった。サインツは、後にアストンマーティンに加入したセバスチャン・ベッテルの後任として発表され、元ルノーのダニエル・リカルドがサインツの後任としてマクラーレンに移籍した。

カルロス・サインツ 「フェラーリF1からのオファーを信じないようにした」

2021年1月20日
カルロス・サインツ 「フェラーリF1からのオファーを信じないようにした」
2021年からフェラーリのF1ドライバーとなったカルロス・サインツだが、オファーされた当初は、は多くのドライバーと交渉していると仮定して“あまり信じらないようにして”交渉に臨んだと語る。

フェラーリは昨年5月、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの後任として、カルロス・サインツと2021年から2年契約を結んだことを発表した。

カルロス・サインツ、フェラーリのF1ドライバーとして本格始動

2021年1月19日
カルロス・サインツ、フェラーリのF1ドライバーとして本格始動
カルロス・サインツは、2020年のF1世界選手権に向けて新たに加入したフェラーリF1で本格始動。エンジニアと長時間にわたるミーティングを行った後、シミュレーター作業を実施した。

フェラーリは、マクラーレンから移籍してきたカルロス・サインツが、チームと作業手順に慣れることを助けるために、今後数週間で2年落ちのF1マシンによるテスト走行を計画している。

カルロス・サインツ父親 「息子はフェラーリF1でルクレールとうまくやれる」

2021年1月14日
カルロス・サインツ父親 「息子はフェラーリF1でルクレールとうまくやれる」
カルロス・サインツの父親は、今年マクラーレンからフェラーリへと移籍する息子がチームメイトのシャルル・ルクレールと衝突するとは思っていないと語る。

カルロス・サインツは、2021年にセバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリに移籍。だが、フェラーリはシャルル・ルクレールをリードドライバーに据えており、カルロス・サインツはナンバー2として働くことになると多くの人が予測している。

カルロス・サインツ 「2021年は人々が考えているほど重要ではない」

2021年1月11日
フェラーリF1移籍のカルロス・サインツ 「2021年は人々が考えているほど重要ではない」
カルロス・サインツは、2020年に不振に陥ったフェラーリへの移籍に疑問を呈する人々のことを腹立たしく感じたと認める。

マクラーレンで印象的な2シーズンを過ごしたカルロス・サインツは、2020年シーズンが開幕する前にセバスチャン・ベッテルの後任として2021年からフェラーリと2年契約を結んだ。

フェルナンド・アロンソ 「2021年にカルロス・サインツと表彰台に立ちたい」

2021年1月10日
F1復帰のフェルナンド・アロンソ 「2021年にカルロス・サインツと表彰台に立ちたい」
2021年にアルピーヌF1で現役復帰を果たすフェルナンド・アロンソは、初年度に期待しすぎてはいないが、フェラーリF1に移籍する同じスペイン出身のカルロス・サインツと表彰台を共有することを夢見ていると語る。

2年間F1から離れていたフェルナンド・アロンソは、今年F1に現役復帰。39歳になったアロンソは、2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを獲得したエンストンのチームでF1復帰を果たす。

カルロス・サインツ 「フェラーリF1からのオファーを断れるわけがない」

2021年1月8日
カルロス・サインツ 「フェラーリF1からのオファーを断れるわけがない」
2021年からフェラーリのF1ドライバーを務めるカルロス・サインツは、スクーデリアの魅力に“ノーと言うのは難しい”と主張する。

カルロス・サインツは、マクラーレンでの2シーズンでチームをターボハイブリッド時代で最も成功した時期に導いた。

ランド・ノリスとの緊密な関係を築いたマクラーレンへの愛情はあるが、フェラーリのF1ドライバーになる機会は断るにはあまりにも魅力的だったとカルロス・サインツは認める。

フェラーリF1代表 「サインツとルクレールは同等のステータスで開始する」

2020年12月31日
フェラーリF1代表 「サインツとルクレールは同等のステータスで開始する」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、新加入のカルロス・サインツはシャルル・ルクレールと同等のステータスで2021年のF1シーズンをスタートすると語る。

今年、マクラーレンで活躍したカルロス・サインツは、アストンマーティンに移籍する4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに代わってフェラーリに加入。来シーズンは、フェラーリの将来を背負って立つと期待される生え抜きのシャルル・ルクレールとチームを組む。

【動画】 カルロス・サインツ、フェラーリのF1マシンでシート合わせ

2020年12月23日
【動画】 カルロス・サインツ、フェラーリのF1マシンでシート合わせ
2021年からフェラーリF1にドライバーを務めるカルロス・サインツは、今週マラネロのファクトリーを初めて訪れ、シートを合わせを含めてフェラーリドライバーとしての第一歩を踏み出した。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、シーズン開幕前にマラネロを訪問することなく契約を締結したカルロス・サインツだったが、12月18日(金)にファクトリーを初訪問。チームとの顔合わせを済ませ、シート合わせも行った。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム