マクラーレンF1 「サインツはフェラーリが望んだ理由を示した」

2020年11月20日
マクラーレンF1 「サインツはフェラーリが望んだ理由を示した」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、カルロス・サインツはF1トルコGPでフェラーリが彼を獲得することを決断した理由を示したと感じていると語る。

来季からフェラーリF1に加入することが決定しているカルロス・サインツは、ウエットの難しいコンディションとなったレースで、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールに次ぐ5位でフィニッシュした。

カルロス・サインツ 「アブダビテストにフェラーリF1から参加したい」

2020年11月19日
カルロス・サインツ 「アブダビテストにフェラーリF1から参加したい」
フェラーリF1への移籍が決定しているカルロス・サインツは、来月のシーズン終了後のアブダビテストでフェラーリの2020年F1マシンを早期に味わえる機会がほしいと認める。

最近、F1パドックは、2度のF1ワールドチャンピオンである39歳のフェルナンド・アロンソがいわゆる“若手ドライバーテスト”で走行できるように特別な許可を求めているルノーを嘲笑した。

カルロス・サインツ父親 「息子のフェラーリF1移籍は失敗ではない」

2020年11月7日
カルロス・サインツ父親 「息子のフェラーリF1移籍は失敗ではない」
カルロス・サインツの父親は、2021年にフェラーリF1へ移籍するという息子の決断は失敗ではないと主張する。

現在、マクラーレンのドライバーを務めるカルロス・サインツは、シーズン開幕前にフェラーリF1への移籍を発表。しかし、いざ開幕してみるとフェラーリF1のパフォーマンス不振が浮き彫りとなった。

フェラーリF1代表、2021年加入のカルロス・サインツに「非常に満足」

2020年10月29日
フェラーリF1代表、2021年加入のカルロス・サインツに「非常に満足」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、今季苦戦している4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの後継者としてカルロス・サインツを選んだことに“非常に満足”していると語る。

フェラーリF1は、2021年のドライバーとしてカルロス・サインツと契約。現在、マクラーレンのF1ドライバーを務めているサインは、先週末のF1ポルトガルGPの序盤にレースをリードしてF1界を驚かせた。

カルロス・サインツ 「アロンソのルノーF1復帰は非常にいいタイミング」

2020年10月18日
カルロス・サインツ 「アロンソのルノーF1復帰は非常にいいタイミング」
カルロス・サインツは、最近のルノーF1の好調ぶりを考えれば、フェルナンド・アロンソは“非常にいいタイミング”でチームに再加入することになると考えている。

カルロス・サインツは、ルノーF1で1年間を過ごした後、チームを離れたフェルナンド・アロンソの後任としてマクラーレンに加入。来季はフェラーリF1への移籍が決定している。

F1:カルロス・サインツ、セルジオ・ペレスの放出劇に憤り

2020年9月18日
F1:カルロス・サインツ、セルジオ・ペレスの放出劇に憤り
マクラーレンF1のカルロス・サインツは、セルジオ・ペレスがレーシング・ポイントF1を追い出されたことに憤りを感じており、F1は才能だけでは不十分であることを示していると述べた。

セルジオ・ペレスは、F1トスカーナGP前に今シーズン限りでレーシング・ポイントF1は離れることを発表。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに自信のシートを明け渡す。

カルロス・サインツ 「メルセデスがいなければF1はもっとエキサイティング」

2020年9月15日
カルロス・サインツ 「メルセデスがいなければF1はもっとエキサイティング」
マクラーレンF1のカルロス・サインツは、メルセデスがいなければF1がもっとエキサイティングになることを彼ら自信も分かっているはずだと語る。

メルセデスは、2014年にF1がターボハイブリッド時代に突入して以来F1を支配してきた。そして、2020年はメルセデスの強さは間違いなく最強レベルに達している。

カルロス・サインツ 「非常に危険な状況だった。嫌なことを思い出した」

2020年9月14日
カルロス・サインツ 「非常に危険な状況だった。嫌なことを思い出した」 / マクラーレン F1トスカーナGP 決勝
マクラーレンF1のカルロス・サインツが、F1トスカーナGPで発生した多重クラッシュについて語った。

リスタート時に15番手までポジションを落としていたカルロス・サインツは、目の前で事故を起こしていたアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、ケビン・マグヌッセン(ハース)を避けることができなかった。

F1トスカーナGP 9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断

2020年9月13日
9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断/ F1トスカーナGP
F1トスカーナGPは、9周目に4台が絡むクラッシュが発生して赤旗中断となった。

オープニングラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がリタイアする接触事故によってセーフティカーが導入される。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム