カルロス・サインツ:2016 F1ドイツGP プレビュー

2016年8月25日
カルロス・サインツ F1 2016 ベルギー
カルロス・サインツが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「スパ・フランコルシャンは、シルバーストーンと並んでお気に入りのトラックだ。世界で最高のトラックだと言いたいね! ターン1(ラ・ソース)は優れたオーバーテイクポイントだ。ターン2は有名なオー・ルージュだ。全開だけど、FP1の1周目でそれができるかどうかはいつも疑わしい...おそらく世界で最高のコーナーだし、驚くべきコーナーだ!」

カルロス・サインツ、レッドブルの“冷酷”な育成方針に理解

2016年8月19日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、レッドブルの“冷酷”な若手育成プログラムに「不満は言えない」と理解を示している。

レッドブルは、トロ・ロッソを通してF1にジュニアドライバーを連れてきているが、どのドライバーも3年以上所属いたことはなく、レッドブルに昇格、もしくは解雇されている。

カルロス・サインツ 「パワー不足のエンジンが僕を強くしてくれた」

2016年8月18日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、昨年からパワー不足のエンジンを走らせていることが自分をより強いドライバーにしたと感じている。

昨年、トロ・ロッソはパワーと信頼性に欠けるルノーのパワーユニットを搭載。今年はフェラーリ製のパワーユニットに変更したものの、契約は1年落ちのエンジンだった。

カルロス・サインツ 「フェルスタッペンが去ってトロ・ロッソはまとまった」

2016年8月15日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、マックス・フェルスタッペンがレッドブルに昇格して以降、トロ・ロッソがチームとしてはまとまったと考えている。

マックス・フェルスタッペンとダニール・クビアトがシート交換した際、レッドブルのアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、トロ・ロッソの内部が“かなり不穏な状態であった”と語っていた。

カルロス・サインツ 「マクラーレンの進歩によって苦しい後半戦になる」

2016年8月8日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、アップデートされない2015年型のエンジンを使っているトロ・ロッソにとってシーズン後半戦は苦しい戦いになると認識している。

昨年までルノーエンジンを使っていたトロ・ロッソだが、今シーズンからはフェラーリエンジンを使うことになった。しかし、その決定があまりに遅かったため、2015年に使われた1年落ちのパワーユニットを使うことになった。

カルロス・サインツ:2016 F1ハンガリーGP プレビュー

2016年7月21日
カルロス・サインツ F1 2016 ハンガリーGP
カルロス・サインツが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「ハンガリーでレースをするのを楽しみにしている。今年のオーストリアのように、ブダペストのサーキットも再舗装されているので、僕たち全員のリファレンスはリセットされるだろう。高速でターン1に到着するので、ハードなブレーキだ必要だ。約80mで300kphから80kphまでね」

カルロス・サインツ 「生産的なテストだった」 / トロ・ロッソ

2016年7月13日
カルロス・サインツ F1 シルバーストーンテスト
トロ・ロッソは、F1シルバーストーンテスト初日にカルロス・サインツが91周を走行し、6番手タイムとなる1分34秒725を記録した。

カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「生産的なテストだったと思う。僕たちは多くのラップを走行したし、走行プランの大部分を完了することができた。雨が降ると予想していたので、午前中は特にね。ミディアムタイヤでの多くのロングランを終えて、多くのデータを収集することができたし、今日には満足できると思う。とても有益だった」

カルロス・サインツ、ルノー移籍報道に「とても誇らしい」

2016年7月10日
カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、トロ・ロッソにいることに満足していると強調しつつ、ルノーのような“重要”なマニュファクチャラーと噂されることは“とても誇らしい”と語った。

F1オーストリアGPの前週、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2017年もカルロス・サインツがトロ・ロッソに残ることを明らかにした。

カルロス・サインツ 「ホンダのエンジンは2015年型フェラーリに近づいた」

2016年7月10日
ホンダ F1
カルロス・サインツは、ホンダがステップを果たして、トロ・ロッソが使用している1年落ちのフェラーリのF1パワーユニットに非常に近づいていると考えている。

ホンダは、F1イギリスGPにむけて2トークンを費やしてエンジンをアップグレードさせた。

フリー走行2回目、マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが6番手、ジェンソン・バトンが8番手タイムを記録。一方、トロ・ロッソは、カルロス・サインツが11番手、ダニール・クビアトが13番手タイムだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム