アレクサンダー・アルボン 「さらにいいタイムが出せると感じている」

2019年4月27日
F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1アゼルバイジャンGP初日のフリー走行を8番手タイムで終えた。

「今日のプラクティスセッションはP2のみになってしったけど、(P1を中断したことは)安全面を考慮すると正しい判断だったと思う」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

ダニール・クビアト 「クラッシュ前のマシンのフィーリングはよかった」

2019年4月27日
F1 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アゼルバイジャンGP初日のフリー走行を6番手タイムで終えた。

ダニール・クビアトはステアリングホイールのトラブルで走行時間を失うが、中盤に復帰すると早々に6番手タイムを記録。だが、そのすぐあとに第7コーナーでオーバーステアによりウォールに接触。マシンは損傷してセッションを終えることになった。

マックス・フェルスタッペン 「十分な仕上がり。バランスの手応えもいい」

2019年4月27日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGP初日のフリー走行を4番手タイムで終えた。

「午前中のセッション時間が短くなってしまったことは他チームも同じだし、金曜のセッションではP2が一番重要なので、大きな影響はなかった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

ピエール・ガスリー 「手応えを感じた前向きな一日」

2019年4月27日
F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アゼルバイジャンGP初日のフリー走行を9番手タイムで終えた。

「ショートランはあまり手応えのいいものではなかったけど、ポテンシャルはあるので、しっかりとまとめていけば改善できると思う」とピエール・ガスリーはコメント。

ホンダF1 「予定通りスペック2のPUを4台のマシンに投入」

2019年4月27日
F1 ホンダF1
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1アゼルバイジャンGP初日に作業を振り返った。

ホンダは、F1アゼルバイジャンGPに向けてレッドブルとトロロッソの4台全車にアップグレード版“スペック2”のエンジンを投入。初日はマシンからベストなパフォーマンス出すセッティングを見つけるためのプログラムを実施した。

F1アゼルバイジャンGP FP2 結果:シャルル・ルクレールがトップタイム

2019年4月27日
F1 アゼルバイジャンGP
2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目が4月26日(金)にバクー市街地コースで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムを記録。2番手にもセバスチャン・ベッテルが続き、フェラーリが1-2体制で初日のセッションを終えた。

“スペック2”エンジンを投入したホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが9番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが6番手、アレクサンダー・アルボンが8番手で初日のセッションを終えた。

【動画】 ジョージ・ラッセル、マンホールの蓋でマシンが破損

2019年4月27日
F1 ジョージ・ラッセル
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目に外れたマンホールの蓋によってマシンを破損させるというトラブルに見舞われた。

セッション開始から10分が経過した頃、ジョージ・ラッセルのマシンがストレートを走行中に突然マシンが破損。マンホールの蓋が外れたことで、マシンの底面が砕け散った。

【速報】 2019 F1アゼルバイジャンGP フリー走行2回目 結果・タイム

2019年4月26日
F1 アゼルバイジャンGP
2019 アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目が4月26日(金)にバクー市街地コースで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムを記録。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが9番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが6番手、アレクサンダー・アルボンが9番手で初日のセッションを終えた。

ジョージ・ラッセル、シャシー交換でフリー走行2回目を欠場

2019年4月26日
F1 ジョージ・ラッセル アゼルバイジャンGP
ウィリアムズは、F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目にマンホールの蓋でダメージを受けたジョージ・ラッセルのマシンがシャシー交換が必要となったことを発表。レギュレーションによってラッセルはフリー走行3回目まで走れないことになった。

ジョージ・ラッセルは、フリー走行1回目の開始10分が経過したところで、マンホールの上を走行した際に蓋が外れてマシンの底面を破損。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム