ホンダ、アイルトン・セナのドライビングを音と光で再現

2013年7月25日
ホンダ、アイルトン・セナのドライビングを音と光で再現
ホンダは、クルマと人の豊かな関係を考える「dots(ドッツ)」プロジェクトの一環として、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダ MP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを元に、アイルトン・セナのドライビングを音と光で楽しめるムービーを公開した。

このムービーの作成にあたっては、1989年のF1日本グランプリ予選で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットの当時世界最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析し、世界最速ラップ1周分のエンジン音を再現。

アイルトン・セナのレースグローブ、約300万円で落札

2013年2月26日
アイルトン・セナ
アイルトン・セナが1991年に3度目のF1ワールドチャンピオンを獲得したレースグローブが、チャリティオークションで約308万円(2万2000ポンド)で落札された。

元マクラーレンのチームコーディネーターのジョー・ラミレスによって寄付されたアイルトン・セナのレースグローブは、ロータスのオーナーを務めるジェラルド・ロペスが落札した。

ネルソン・ピケJr. アイルトン・セナ批判を弁解

2012年8月23日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、アイルトン・セナが今のF1では成功しなかったと評したとの報道を否定。アイルトン・セナの技術的な才能についての見解を述べた。

ネルソン・ピケJr.のスポークスマンを務めるルイス・フェラーリは、ピケJr.が同国のアイルトン・セナが今日のマシンではレースに勝てないなどと言うことは“絶対にありえない”とコメント。

ネルソン・ピケJr. 「アイルトン・セナは今のF1では勝てない」

2012年8月22日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、同国の偉大なドライバーであるアイルトン・セナを「今のF1では勝てない」と評した。

最近、ネルソン・ピケJr.は、ロマン・グロージャンを「彼はとても幸運だ。チームメイト(キミ・ライコネン)が少し弱く、とても良いマシンがあるときに来たんだからね」と評し、ロータスの2人のドライバーをこき落としていた。

アラン・プロスト、セナの映画での悪役イメージに憤慨

2012年2月28日
アイルトン・セナとアラン・プロスト
アラン・プロストは、かつてのライバルでるアイルトン・セナを描き高い評価を受けている映画「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」を見たいとは思わないと述べた。

英国アカデミー賞で2部門を受賞した「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」はアイルトン・セナとアラン・プロストのライバル関係に焦点が当てられており、そのなかでアラン・プロストは政治的な手段を使う悪役として表現されている。

「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」 英国アカデミー賞で2部門受賞

2012年2月13日
アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ
アイルトン・セナのドキュメンタリー映画「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」が、ロンドンで開かれたBAFTA(英国アカデミー)賞で、「ドキュメンタリー賞」と「編集賞」を受賞した。

プロデューサーを務めるエリック・フェルナーは「この映画は我々全員の愛情が込められており、我々も映画からその愛情を受け取りました」とコメント。

ブルーノ・セナ 「家族もウィリアムズ加入を喜んでくれている」

2012年1月18日
アイルトン・セナのロゴをマシンに掲載するウィリアムズ
ブルーノ・セナのウィリアムズ加入が発表された。ウィリアムズは、1994年に叔父のアイルトン・セナが亡くなった際に所属していたチーム。だが、彼の家族はウィリアムズ加入に完全に賛成してくれているとブルーノ・セナは述べた。

今から18年前、3度のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナは、1994年にイモラで開催されたサンマリノGPの事故で命を落とした。

ブルーノ・セナ “Senna Tri Campaign”ヘルメット

2011年10月15日
ブルーノ・セナ Senna Tri Campaign
ブルーノ・セナは、F1韓国GPで“Senna Tri Campaign”をプロモートした特別デザインのヘルメットを装着している。

ブルーノ・セナは、先週のF1日本GPで同キャンペーンを発表。“Senna Tri Campaign”は、アイルトン・セナが3度目のワールドチャンピン獲得してから20周年を記念すると同時に、ブラジルの恵まれない人々に食糧、衣類、教育を促進しようというアイルトン・セナ財団の活動を表したキャンペーン。

エイドリアン・ニューウェイ 「アイルトン・セナの死は私を変えた」

2011年5月18日
エイドリアン・ニューウェイ
エイドリアン・ニューウェイは、アイルトン・セナの死は“恐ろしい”出来事だったと述べ、セナの死が彼を変えたと認めた。

アイルトン・セナが亡くなった1994年にウィリアムズでチーフデザイナーを務めていたエイドリアン・ニューウェイは「わずかに残っていた髪の毛が全部抜けてしまったよ。身体的にも私を変えた。恐ろしい出来事だった」と Guardian にコメント。
«Prev || ... 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム