アラン・プロスト 「F1での成功の50%はアイルトン・セナのおかげ」

2014年2月6日
アラン・プロスト アイルトン・セナ
アラン・プロストは、F1における成功の50%はアイルトン・セナのおかげだと語り、かつてのライバルに感謝した。

アラン・プロストとアイルトン・セナは、1988年から1989年にマクラーレンでチームメートだっただが、タイトルを争う両者はチーム内で激しく対立。1989年のF1日本GPでのシケインで接触など、名勝負を繰り広げた。

タグ・ホイヤー、アイルトン・セナ没後20年記念サングラスを発売

2014年2月6日
アイルトン・セナ サングラス
タグ・ホイヤーは、今年没後20年を迎えるアイルトン・セナの命日である5月1日に限定サングラスを発売する。

タグ・ホイヤーは、1994年5月1日のサンマリノGPの事故で悲劇的な死を遂げたアイルトン・セナの没後20年を記念して“Avant-Garde Eyewear: the Ayrton Senna limited edition”を発売する。

グランツーリスモ6、アイルトン・セナ財団とのパートナーシップを発表

2013年10月26日
グランツーリスモ6 アイルトン・セナ
グランツーリスモは、非営利団体「アイルトン・セナ財団」との長期的なパートナーシップを締結したことをブラジル・サンパウロにて開幕したブラジルゲームショウで発表した。

2013年12月5日に発売予定のPlayStation3用ゲームソフト『グランツーリスモ6』では、そのオンライン・アップデートを通じて、ブラジルが生んだ世界的なレーシングドライバー、アイルトン・セナのコンテンツを提供し、プレーヤーはアイルトン・セナのレースキャリアのルーツを巡る旅をゲームプレイによって体験できる。

ドゥカティ、アイルトン・セナ仕様の“1199パニガーレS・セナ”を発表

2013年10月10日
1199パニガーレS セナ
ドゥカティは、アイルトン・セナ仕様のモデル“1199パニガーレS セナ”をブラジルモーターサイクルショーで発表した。

“1199パニガーレS セナ(1199 Panigale S Senna)”は、アイルトン・セナに敬意を示して開発されたモデル。アイルトン・セナのF1参戦回数にちなんで161台が限定生産される。

アイルトン・セナの事故に今も苦しむエイドリアン・ニューウェイ

2013年10月3日
アイルトン・セナ
エイドリアン・ニューウェイは、1994年のF1サンマリノGPでアイルトン・セナの命を奪った事故の記憶に悩み苦しめられるいるという。

1994年5月1日、アイルトン・セナはイモラのタンブレラコーナーでマシンをクラッシュさせ命を落とした。当時ウィリアムズのチーフデザイナーを務めたのがエイドリアン・ニューウェイだった。

ホンダ、アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップをCGで再現

2013年9月28日
ホンダ
ホンダは、アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップをCGで再現した体験型Webコンテンツ「3D-View」を公開した。

ホンダは、クルマと人の豊かな関係を考える「dots(ドッツ)」※1プロジェクトの一環として、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダ MP4/5」でアイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータをもとに、そのエンジン音や走行軌跡を3DのCG映像でさまざまな視点から体験することができるWebコンテンツ「3D-View」をインターナビのWebサイト「dots lab by internavi」内で公開した。

アラン・プロスト 「アイルトン・セナとは実際にはうまくいっていた」

2013年9月27日
アラン・プロスト アイルトン・セナ
アラン・プロストが、2014年のフェラーリのスター同士のドライバーラインナップについて持論を語った。

フェラーリが、ラテン気質の“ナンバー1”ドライバーであるフェルナンド・アロンソのチームメイトにキミ・ライコネンを呼び戻したことに多くの議論がなされている。

同様のスター同士のラインナップでは、1980年代のマクラーレンのアイルトン・セナとアラン・プロストが有名。当時、二人は激しく対立していたことで知られている。

アイルトン・セナの愛車 ホンダ NSXがオークションに出品

2013年8月12日
アイルトン・セナ
アイルトン・セナが生前所有していたホンダ NSX が、オークションサイト“ebay”に出品されている。

アイルトン・セナは、NSXの開発に関わっており、自身も3台のNSXを所有されていたとされている。今回オークションに出品された商品はそのうちの1台で1993年式。シャシーナンバーは「999」。走行距離は約5万km。内外装から駆動系までオリジナルの状態が保たれている。

ホンダ、アイルトン・セナのドライビングを音と光で再現

2013年7月25日
ホンダ、アイルトン・セナのドライビングを音と光で再現
ホンダは、クルマと人の豊かな関係を考える「dots(ドッツ)」プロジェクトの一環として、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダ MP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを元に、アイルトン・セナのドライビングを音と光で楽しめるムービーを公開した。

このムービーの作成にあたっては、1989年のF1日本グランプリ予選で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットの当時世界最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析し、世界最速ラップ1周分のエンジン音を再現。
«Prev || ... 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム