アイルトン・セナ 生誕50周年

2010年3月21日
アイルトン・セナ
アイルトン・セナは、2010年3月21日で生誕50周年を迎えた。

1984年にトールマンからF1デビューしたアイルトン・セナは、1994年のサンマリノGPでの悲劇的な事故で34歳という若さで亡くなるまでF1に数々の歴史を刻んだ。

アイルトン・セナは1988年、1990年、1991年にマクラーレンで3度ワールドチャンピオンシップを獲得。その全てがホンダエンジンでの優勝であり、ホンダの創始者である本田宗一郎との間の深い絆は多くの逸話を残した。

ルイス・ハミルトン、アイルトン・セナの墓を訪問

2009年10月17日
ルイス・ハミルトン、アイルトン・セナの墓を訪問
ルイス・ハミルトンは今週、彼のアイドルであるアイルトン・セナの墓を訪れた。

ルイス・ハミルトンは、2007年と2008年にサンパウロを訪れたときにもインテルラゴス近郊にあるセナの墓を訪問したがっていたが、2年ともハミルトンはタイトルを争っており実現していなかった。

「ここ2年間訪れたかったんだ」と語るハミルトン。

ルイス・ハミルトン、セナのMP4/4をドライブできず

2009年7月5日
マクラーレンMP4/4 アイルトン・セナ
ルイス・ハミルトンは、グッドウッドフェスティバル・オブ・スピードで、アイルトン・セナがドライブしたMP4/4で走行することができなかった。

MP4/4は、マクラーレン・ホンダが1988年に16戦中15勝をあげたマシン。アイルトン・セナに憧れるルイス・ハミルトンは、グッドウッドフェスティバル・オブ・スピードでそのMP4/4をドライブする予定だった。

しかし、MP4/4は土曜日にブルーノ・セナがドライブした際にギアボックスが壊れるトラブルに見舞われ、ハミルトンの予定はキャンセルとなってしまった。

マックス・モズレー 「アイルトン・セナが亡くなってもF1は続いてきた」

2009年5月18日
FIA マックス・モズレー F1撤退騒動
FIAのマックス・モズレー会長は、フェラーリが撤退してもF1は存続するとの主張を曲げてはいない。

先日、「F1はフェラーリなしでも存続する」と発言したマックス・モズレーだが、フェラーリが2010年F1レギュレーションの差し止めをフランス裁判所に提訴したことで、今後はアイルトン・セナを例に出し、フェラーリがいなくなってもF1は存続するとの考えを説明した。

「フェラーリがF1にとって不可欠な存在であるとの考えはナンセンスだ」
«Prev || ... 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム