ロマン・グロージャン、ライコネン残留に「ハースでの目標に集中できる」

2016年7月9日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、フェラーリが2017年もキミ・ライコネンを保持したことは“問題ない”とし、それによって2017年にハースともっと多くのことを達成していくことに集中できると述べた。

ロマン・グロージャンは、フェラーリがキミ・ライコネンを交替させることに決定した場合の有力候補のひとりと目されていており、昨年ハースに移籍した際には、将来的なフェラーリ移籍への第一歩だとみなされていた。

ロマン・グロージャン:2016 F1イギリスGP プレビュー

2016年7月7日
ロマン・グロージャン 2016 F1 イギリスGP
ロマン・グロージャンが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

ロマン・グロージャン(ハース)
「本当にクールなトラックだ。マゴッツ、ベケッツ、チャペルを通るコーナーの速い部分は特にね。クルマにグリップがあるときは本当にGフォースを感じられる。前半のコーナーの流れは本当にうまく抜けたい。それができなければ、多くのタイムを失っています。クルマがとても安定いていて、バランスが良いときは、全開で行けるし、限界まで本気でプッシュできる。F1が最高である場所だね」

ロマン・グロージャン:2016 F1ヨーロッパGP プレビュー

2016年6月15日
ロマン・グロージャン F1 2016 ヨーロッパGP
ロマン・グロージャンが、アゼルバイジャンの首都バクーで初開催されるF1ヨーロッパGPへの意気込みを語った。

どのようにしてこれまでに行ったことのない会場に準備していますか?
シミュレーターでセッションを行ったし、それがやれる全てのことだ。

ロマン・グロージャン 「フェラーリでキミ・ライコネンの後任を務めたい」

2016年6月10日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、フェラーリでキミ・ライコネンの後任を務めるチャンスは小さくはないと認める。

フェラーリのシート獲得のチャンスについて質問されたロマン・グロージャンは「自分の思い通りに行けば、チャンスは100%あるだろう」と La Gazzetta dello Sport に笑顔で語った。

セバスチャン・ベッテルは、2017年もキミ・ライコネンが残留することを望んでいると果たしているが、ロマン・グロージャンは今年ロータスからフェラーリの“Bチーム”であるハースへ移籍してうまく仕事を進めている。

ロマン・グロージャン:F1カナダGP プレビュー

2016年6月6日
ロマン・グロージャン F1 2016 カナダ
ロマン・グロージャンが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

モナコでは、結果に反して、クルマをより快適に感じていると言っていましたね。スペインで感じたものとクルマにどのような違いを感じていたのですか?
クルマは僕たちがやっていたことや僕のドライビングスタイルにとても良く反応していた。それは良いことだし、良い方向性だ。より一般的なセッティングに戻して、そこから作業を行った。

ロマン・グロージャン、F1モナコGPでジュール・ビアンキ追悼ヘルメット

2016年5月25日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、今週末のF1モナコGPで2014年のジュール・ビアンキの9位フィニッシュを祝う特別なヘルメットでレースをする。

将来を有望視されていたジュール・ビアンキだが、2014年のF1日本GPでのクラッシュで頭部を損傷。意識を取り戻すことなく、2015年7月17日にこの世を去った。

ロマン・グロージャン:2016 F1モナコGP プレビュー

2016年5月21日
ロマン・グロージャン F1 2016
ロマン・グロージャンが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ロマン・グロージャン (ハース)
「モナコは僕にとってホームレースのようなものなので特別だ。フランスに側だし、いつも多くの人々、ファンがきてくれる。もちろん、あらゆる魅力によって特別だ。それがモナコだ。誰もがモナコを知っているし、誰もがモナコにいたいと思う」

ハース、ロマン・グロージャンのNASCAR参戦を検討

2016年5月13日
ロマン・グロージャン
ハースは、ロマン・グロージャンをNASCARに登場させようと考えており、早ければ今年にも実現する可能性がある。

ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、NASCARチームのスチュワート・ハースの共同オーナーでもあり、ロマン・グロージャンはチームとの契約時にストックカーシリーズへの参戦について前向きに語っていた。

ロマン・グロージャン、モナコからの“捨てバイザー投げ捨て禁止”に驚き

2016年5月13日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、FIAがモナコから捨てバイザーのトラックへの投げ捨てを禁止するとの報道に驚いている。

「おかしいよ」とロマン・グロージャンは Spped Week にコメント。「僕はオースラリアから適用されていると思っていた」

ロマン・グロージャンは“ロシアでそうしなくてもいいと聞くまで”捨てバイザーをコックピット内に保管していたと説明した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム