ロマン・グロージャン、子供達がデザインしたヘルメットでインディカーへ

2021年2月8日
元ハースF1のロマン・グロージャン、子供達がデザインしたヘルメットでインディカーへ
元ハースF1のロマン・グロージャンは、インディカーの初テストに子供たちが最後のF1レースのためにデザインしてくれたヘルメットを着用する予定だ。

ロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPでマシンが大炎上するクラッシュで手にやけどを負ってレースを欠場することになった後、F1アブダビGPの週末にユニークなヘルメットを披露していた。

ホンダ、元F1ドライバーのロマン・グロージャンの“ファミリー”加入を歓迎

2021年2月5日
ホンダ、元F1ドライバーのロマン・グロージャンの“ファミリー”加入を歓迎
ホンダは、2021年にデイル・コイン・レーシングでホンダのエンジンでインディカーに参戦することになった元F1ドライバーのロマン・グロージャンの“ファミリー”加入を歓迎した。

昨年末でハースF1のシートを失ったロマン・グロージャンは、アメリカに戦いの場を移し、デイル・コイン・レーシングからインディカーに参戦することが決定。オーバルを除く、ロードコースおよびストリート・サーキットでのレースに参戦する。

ロマン・グロージャン、F1に代役として参戦する機会には前向き

2021年2月4日
ロマン・グロージャン、F1に代役として参戦する機会には前向き
元ハースF1のロマン・グロージャンは、F1でのフルタイムのキャリアは“完結”したと見なしているが、必要とされればF1ドライバーの代役を務めることにはオープンな姿勢を見せている。

昨年末でハースF1のシートを喪失したロマン・グロージャンは、2021年にデイル・コイン・レーシングとしてインディカーに参戦することが決定。アメリカのシリーズが“勝利の道”に戻る最高のチャンスを提供してくれると感じていると語った。

ロマン・グロージャン、デイル・コインからインディカー参戦が決定

2021年2月4日
元ハースF1のロマン・グロージャン、デイル・コインからインディカー参戦が決定
元ハースF1のロマン・グロージャンが、デイル・コイン・レーシングと契約を結び、2021年のインディカー・シリーズに参戦することが発表された。

34歳のロマン・グロージャンは、多くのチームと交渉していたが、予想されていたデイル・コイン・レーシングと契約を結び、ロードコースおよびストリート・サーキットでのインディカーに参戦する。

グロージャン「ハミルトンでもハースF1のマシンではポイントすら争えない」

2021年2月3日
ロマン・グロージャン「ハミルトンでもハースF1のマシンではポイントすら争えない」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、ルイス・ハミルトンが昨年のハースF1のマシンを運転していれば、“ポイントを争うことができなかった”と主張する。

7回のF1ワールドチャンピオンを獲得しているルイス・ハミルトンだが、その成功の理由は彼の実力ではなく、圧倒的な強さを誇るメルセデスF1のマシンによるものだという意見の対象となることが多い。

ロマン・グロージャン、デイル・コインからインディカーに参戦?

2021年1月18日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、デイル・コインからインディカーに参戦?
元F1ドライバーのロマン・グロージャンが、2021年にデイル・コイン・レーシングからインディカーに参戦する契約に近づいていると報じられている。

ロマン・グロージャンのF1キャリアは、昨シーズン終盤のF1サヒールGPのオープニングラップでの恐ろしいクラッシュで幕を閉じた。昨シーズン限りでハースF1からの離脱が決定していたグロージャンだが、炎上するマシンから脱出する際に手に火傷を負ったことで2戦を残してチームを去ることになった。

元ハースF1のロマン・グロージャン、左手の火傷痕を公開

2021年1月9日
元ハースF1のロマン・グロージャン、左手の火傷痕を公開
元ハースF1のドライバーであるロマン・グロージャンが、11月末のF1バーレーンGPのオープニングラップでの事故で負った左手の火傷痕を公開を公開した。

F1バーレーンGPで大クラッシュしたロマン・グロージャンのマシンは大炎上し、グロージャンは脱出するまで28秒間、火の海のなかにいた。なんとか脱出したグロージャンは奇跡的に手の火傷だけで済んだ。

F1:ロマン・グロージャン 「事故で気絶しなかった理由を理解したい」

2021年1月5日
F1:ロマン・グロージャン 「事故で気絶しなかった理由を理解したい」
ロマン・グロージャンは、モータースポーツの安全性をさらに高めるために、F1バーレーンGPでの事故について自分がどのように意識を保つことができたのかなど、もっと理解したいと思っていると語った。

ロマン・グロージャンは、時速221kmでArmcoバリアに激突。53Gがかかり、ハース VF-20は真っ二つとなり、マシンの残骸は炎上した。

メルセデスF1代表 「グロージャンに最後のF1マシン走行の機会を与えたい」

2020年12月8日
メルセデスF1代表 「グロージャンに最後のF1マシン走行の機会を与えたい」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1キャリアを終わらせることを決意したロマン・グロージャンにF1マシンでの最後の走行機会を与えたいと気持ちがあると語った。

F1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから奇跡的な生還を果たしたロマン・グロージャンは、両手に火傷を負い、足首を捻挫して3日間バーレーンの病院に入院。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム