ロマン・グロージャン 「メルセデスF1は全て包み隠さず教えてくれた」
ロマン・グロージャンは、メルセデスF1でシート合わせをしたときに彼らがどれほどオープンであるかに“驚いた”と語る。

メルセデスF1は、2020年のF1バーレーンGPで九死に一生のクラッシュから生還してシーズンを早期に終えることになったロマン・グロージャンに“フェアウェル”ドライブの機会を提供。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、グロージャンにこの機会を与えることを“誇りに思っている”と語っている。

ロマン・グロージャンは6月29日にポール・リカールでW10を走らせる。当初はF1フランスGPで観客の前でデモ走行を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で流れてしまった。

最近、ロマン・グロージャンは、ブラックリーのメルセデスF1のファクトリーを訪れてシート合わせを実施。比較的競争力のないハースF1でキャリアの最後の数年を過ごしたグロージャンは、チームの運営に感銘を受けたと語る。

「2019年のF1フランスGPで優勝したマシンで一日中仕事ができる。これは優れたF1カーがどうあるべきかを知る絶好の機会だ」とロマン・グロージャンは CanalPlus に語った。

「ブラックリーでは、すべてが最高レベルだ。チームの雰囲気と文化の中にそれを感じることができる。細部へのこだわりと精度に感動した」

「彼らのシミュレーターをテストする機会を得て、彼らがどれほど進んでいるかに気づかされた」

「チームは僕のためにすべてのドアをオープンにして、ステアリングホイールのすべてのスイッチがどのように機能するかを説明してくれた。このアプローチには満足だったし、驚きさえした」

「実際、彼らの開放性に驚いている。彼らは僕にすべてを話してくれた。彼らは『我々はすべてを試す。すべてがレース週末と同じように行われる』と言った」

F1モナコGPで CanalPlus でF1解説デビューを果たしましたロマン・グロージャンは、メルセデスがあのような週末を過ごしたことはそれほど見たことがないとし、モナコでの奮闘は1回限りのものになるだろうと語った。

「誰もが知っているように、モナコには2つのシナリオがある」とロマン・グロージャンは語った。

「何かが絶えず起こっているか、すべてが非常に長い間のろのろと進むかのどちらかだ」

「シャルル・ルクレールがレースをスタートできなかったのは悲しいことだ。それには心を痛めたけど、フェルスタッペンのマスタークラスを見た」

「メルセデスにとっては非常に失敗したレースだった。だが、彼らにそのようなことは滅多に起こらない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / メルセデス