ハースF1チーム、2020年のロマン・グロージャン交代説を否定

2019年6月27日
F1 ハースF1チーム ロマン・グロージャン
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、2020年にドライバーを変更するとの憶測を否定した。

ハースF1チームは、ケビン・マグヌッセンには満足しているようだが、ロマン・グロージャンについてニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス、もしくはロバート・クビサと交代になるとの噂が浮上している。

ロマン・グロージャン、得意のレッドブル・リンクでポイント獲得に期待

2019年6月27日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、2019年のF1世界選手権 第9戦 F1オーストリアGPへの意気込みを語った。

ロマン・グロージャンは、レッドブル・リンクで2016年に7位、2017年に6位、2018年に4位と3年連続でトップ10フィニッシュを達成している。

「オーストリアGPをいつも楽しんでいる。ずっと良いフィーリングを持っている」とロマン・グロージャンはコメント。

ロマン・グロージャン、F1フランスGPでスペシャルヘルメットを着用

2019年6月21日
F1 ロマン・グロージャン
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、母国レースとなるF1フランスGPにスペシャルヘルメットを用意した。

最近のルール変更により、F1ドライバーは小さな変更を除いて、シーズンあたり1回に限りヘルメットデザインの変更が許されており、通常、母国グランプリやモナコGPなどをその機会として利用している。

【動画】 ロマン・グロージャンがポール・リカール・サーキットを解説

2019年6月20日
F1 ロマン・グロージャン
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、F1フランスGPの舞台となるポール・リカール・サーキットを解説する動画をF1公式サイトが公開した。

近年、ポール・リカールは、F1ではテストトラックとしては使用されてきた。非常によく考えて設計された素晴らしいサーキットレイアウトであり、とはいえ、パワーユニットのパワーが必要なサーキットであることは間違いない。

ロマン・グロージャン 「F1フランスGPは空力性能が浮き彫りになる」

2019年6月19日
F1 ロマン・グロージャン フランスGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込みを語った。

フランス国籍のロマン・グロージャンにとって今回のレースは母国グランプリとなる。「昨年はとても良い経験だった。ル・カステレでの時間とファンからのサポートを本当に楽しむことができた。今年も楽しみにしている」とロマン・グロージャンは語る。

ロマン・グロージャン 「F1は給油を復活させるべき」

2019年6月17日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1を改善してレースをもっと厳しいものにする方法のひとつとしてレース中の給油を復活させることを挙げた。

メルセデスのルイス・ハミルトンは、以前のF1は“男のスポーツ”だったが、今ではそうではなくなってしまったとし、「今はレースをやっても、その後にもう2~3レースすることができると思ってしまう。F1はそういうものであってはならない」と不満を述べている。

ロマン・グロージャン 「今のF1レースはカートでレースをするよりも楽」

2019年6月14日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、今のF1レースはカートレースよりも身体的負担が小さいと語る。

メルセデスのルイス・ハミルトンは、以前のF1は“男のスポーツ”だったが、今ではそうではなくなってしまったとF1カナダGPの週末に語っていた。

「今はレースをやっても、その後にもう2~3レースすることができると思ってしまう。F1はそういうものであってはならない」とルイス・ハミルトンは語った。

ロマン・グロージャン、自宅に侵入した強盗から家族を守る

2019年6月12日
F1 ロマン・グロージャン
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1カナダGPから帰国後、自宅に侵入した強盗から家族を守った。

ロマン・グロージャンの妻で元F1レポーターのマリオンは、夜に自宅に進入した二人の強盗を追い払ったグロージャンを“英雄”だと称えた。

ロマン・グロージャン 「ガスリーのせいではなくレッドブルの責任」

2019年5月26日
F1 ロマン・グロージャン ピエール・ガスリー
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1モナコGPの予選Q2でピエール・ガスリーにアタックを妨害されたが、ガスリーの過失ではなく、悪いのはレッドブルだと感じていると語る。

ロマン・グロージャンは、アタック中にセクター1で低速で走行していたピエール・ガスリーにつっかえてしまったことでタイムを更新できず、13番手で予選を終えることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム