メルセデスF1、ロマン・グロージャンのF1テストを渡航制限のため延期
メルセデスF1は、米国とフランス間の投稿制限のため、6月29日にポール・リカールで予定していたロマン・グロージャンのF1テストを延期することを決定した。

2020年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから生還したロマン・グロージャンがシーズン最後の2戦を欠場。不本意な形でF1キャリアを終えることになった。

そこで、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ロマン・グロージャンのためにメルセデス W10で2回の“フェアウェル”走行の機会を申し出た。

ロマン・グロージャンは、当初6月25日~27日に予定されていたF1フランスGPで2019年のメルセデスのF1マシンでデモ走行を披露する予定だったが、カナダGP/トルコGPの中止に伴ってフランスGPが1週間前倒しになったことで、ロードアメリカでのインディカーと日程がバッティングすることになり、キャンセルとなった。

それでも、ロマン・グロージャンは6月29日にポール・リカールでメルセデスF1とプライベートテストの形で走行を行う計画だった。

だが、現在、フランスでは新型コロナウイルス対策のための渡航制限が延期されており、米国でインディカーに参戦するロマン・グロージャンは、フランスに入国した後、検疫が義務付けられる。

メルセデスF1チームは6月16日(水)、ロマン・グロージャンのフェアウェル走行が「渡航制限と検疫要件のために延期された」と発表した。グロージャンのF1キャリアにふさわしい終わりを与えるために、今年後半に新しいテスト日程で実施すると付け加えた。

「我々はロマンにメルセデスF1カーでのチャンスを与えることを約束し、今年の夏後半にテストのスケジュールを変更するよう取り組んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ロマン・グロージャン