2017年F1マシンは9秒速くなる?

2016年10月28日
2017年F1マシン 9秒
2017年のF1マシンは、現在よりもラップタイムが9秒短縮すると予想しているF1チームがいると Auto Motor und Sport が報じている。

F1は2017年に大幅なレギュレーション変更が行われ、F1チームは今シーズンを戦う一方で、2017年F1マシンの開発を進めている。

報道によると、FIAは、サイズが大きくなるピレリの2017年F1タイヤの開発を援助するために、F1チームにこれまでのシミュレーションデータを共有するよう依頼したという。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1アメリカGP終了時点)

2016年10月27日
F1 アメリカGP パワーユニット 使用数
F1 第18戦 アメリカGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1マレーシアGPでのルイス・ハミルトン(メルセデス)のエンジンブローを受け、メルセデスカスタマーはF1日本GPで新たなパワーユニットの導入を見送っていたが、F1アメリカGPではニコ・ロズベルグを含め、メルセデス勢の多くが新しいパワーユニットの封を切った。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1日本GP終了時点)

2016年10月12日
F1ドライバー パワーユニット使用状況 (F1日本GP終了時点)
F1 第17戦 日本GP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1レギュレーションでは、各ドライバーあたり5基のペナルティを使用することができる。そして、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのどれかひとつが6基目に達した時点で10グリッド降格ペナルティが課せられ、2つ目以降のコンポーネントは5グリッド降格となる。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1マレーシアGP終了時点)

2016年10月6日
F1 エンジン 使用数
F1 第16戦 シンガポールGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1レギュレーションでは、各ドライバーあたり5基のペナルティを使用することができる。そして、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのどれかひとつが6基目に達した時点で10グリッド降格ペナルティが課せられ、2つ目以降のコンポーネントは5グリッド降格となる。

【動画】 F1マシン用ボルトができるまで

2016年10月4日
動画 F1マシン
レッドブルは、F1マシンの小さなボルトにまつわる動画『The Life of a Bolt』を公開した。

レッドブルは、1年間で10万個以上のパーツのデザイン/生産/品質管理を行っているが、ほんの少しの差が成功と失敗を分けるこのきわめてシビアなスポーツでは、そのすべてのパーツにおけるメカニカル・パーフェクションが必須だ。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1シンガポールGP終了時点)

2016年9月30日
F1 エンジン 使用数
F1 第15戦 シンガポールGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1レギュレーションでは、各ドライバーあたり5基のペナルティを使用することができる。そして、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのどれかひとつが6基目に達した時点で10グリッド降格ペナルティが課せられ、2つ目以降のコンポーネントは5グリッド降格となる。

F1:2017年のプレシーズンテストはバルセロナで実施

2016年9月23日
F1 2017 プレシーズンテスト
F1チームは、2017年F1シーズン前の2回のプレシーズンテストを、バルセロナで行うことに合意した。

2017年は、F1レギュレーションが大幅に変更になり、F1マシンのレギュレーションも大きく変わる。タイヤのサイズ幅も広がるため、ピレリなどはテストのコンディションにシーズン中にできるだけ近くするため、ヨーロッパ外の温暖な地域で行うことを求めていた。

メルセデス、FRICシステムにアクティブサスペンション疑惑

2016年9月14日
メルセデス FRIC アクティブサスペンション
FIAとライバルチームは、現在のF1レギュレーションの抜け穴を塞ぐことを望んでおり、それは今シーズンのメルセデスの優勢の一部を説明することになるかもしれないと Auto Motor und Sport が報じている。

同誌によると、メルセデスは、F1で最高のエンジンだけでなく、賢い調整のおかげで最高のシャシーも有していると報道。

2017年F1マシン、レッドブルがスタイリング面で中心的役割

2016年9月12日
2017年F1マシン
2017年F1マシンのデザインにおいて、レッドブルが中心的な役割を果たしたことをウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるパット・シモンズが明かした。

2017年はレギュレーションが大幅に変更になり、F1マシンはフロントとリアのウイングがワイドになり、タイヤも太くなる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム