F1バーレーンGP フリー走行3回目:マックス・フェルスタッペンがトップ

2017年4月15日
F1 バーレーンGP
F1バーレーンGP フリー走行3回目が15日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

現地時間15時から行われた60分のセッション。トップタイムはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の1分32秒194。2番手には0.110秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップ

2017年4月15日
F1 バーレーンGP 速報
F1バーレーンGP フリー走行2日目が14日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

決勝レースと同じ現地時間18時から行われたフリー走行2回目。徐々にサーキットは闇に包まれ、気温もゆるかやに下がり、投下照明の元でのセッション。各マシンが決勝を見据えてマシンセットアップを仕上げていった。

F1バーレーンGP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップ

2017年4月14日
F1 バーレーンGP 速報
2017年 フォーミュラ1 第3戦 バーレーンGPのフリー走行1回目が14日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

前戦中国GPとの連戦で行われるバーレーンGP。だが、上海とは正反対の温暖な気候となっている。砂漠のなかにあるバーレーン・インターナショナル・サーキットは、週末の序盤には砂が多く、また、フリー走行1回目は夜に行われるレースとは異なる時間帯に行わえるため、各チームの周回数は控えめだった。

F1中国GP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

2017年4月9日
F1 中国GP 結果 速報
F1中国GPの決勝レースが9日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

雨があがったウェット路面でのスタートとなったF1中国GP。スタートではカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)以外の全ドライバーがインターミディエイトタイヤでスタートしたが、すぐにセーフティカーが入ったこともあり、多くのドライバーがドライタイヤに交換するためにピットに駆け込む展開となった。

F1中国GP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2017年4月8日
F1 中国GP 予選 結果 速報
F1中国GPの予選が8日(土)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

Q1では、終了間際のアントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー)のクラッシュのあおりを受け、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が脱落するという波乱の幕開けとなった。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。

F1中国GP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2017年4月8日
F1 中国GP 結果 フェラーリ
F1中国GP フリー走行3回目が8日(土)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

昨日のフリー走行は悪天候によるメディカルヘリコプターの問題でまったく走行ができなかったが、土曜日の上海インターナショナル・サーキットは晴れ。各チームが失った時間を取り戻すべく、60分間のセッションで精力的に走行を重ねた。

F1中国GP フリー走行2回目:メディカルヘリ問題で走行することなく終了

2017年4月7日
F1 中国GP 速報
F1中国GPのフリー走行2回目は、午前中と同じメディカルヘリコプターの問題でクルマがコースに出ることなく終了した。

上海インターナショナル・サーキットは小雨が降る程度で、決してF1マシンが走行できないコンディションではなかった。しかし、霧によってメディカルヘリコプターが38km先の病院付近に着陸することができず、セッションが開始されることはなかった。

F1中国GP フリー走行1回目:霧により2度の赤旗中断…最多走行は8周

2017年4月7日
F1 中国GP 結果 速報
2017年 F1 第2戦 中国GPのフリー走行1回目が7日(金)、上海インターナショナル・サーキットで開始された。

朝からの雨によりセッションはウェットコンディションでスタート。雨は上がっていたものの、開始からまもなくして、霧のためメディカルヘリコプターが上海市内の病院までたどり着けないとの判断で赤旗中断。現地時間10時47分になってようやくセッションは再開された。

F1オーストラリアGP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝!

2017年3月26日
F1 オーストラリア 結果 速報
F1オーストラリアGP 決勝レースが26日(日)、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われた。

2017年のフォーミュラ1シーズンが快晴のメルボルンでいよいよ開幕。レースはスタートがやり直しとなり、57周で争われた。

序盤はポールポジションからスタートを決めたルイス・ハミルトン(メルセデス)がリードする展開。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム