セルジオ・ペレス 「午後は予防措置で走れなかった」

2017年2月28日
フォース・インディア VJM10
セルジオ・ペレスは、バルセロナテストでフォース・インディア VJM10をトラックデビューさせた。午前中に39周を走行したセルジオ・ペレスだったが、テクニカルトラブルによって午後は走行できず、1分23秒709で7番手タイムだった。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「二通りの一日だった。午前中はとても生産的だった。計画していた多くのことをこなせたし、異なるセットアップオプションやタイヤコンパウンドにトライした」

セルジオ・ペレス 「フォース・インディア初勝利も夢ではない」

2017年2月23日
セルジオ・ペレス フォース・インディア 2017
セルジオ・ペレスが、フォース・インディア VJM10の新車発表会で2017年シーズンの抱負を語った。

最後にF1カーに乗ってからほぼ3ヵ月です。クルマに戻る準備は万全ですよね。
本当に興奮しているし、今年のクルマを見るのを楽しみにしている。新しいルールはチーム内のみんな、そして、ドライバーとしての僕にとって大きな変化となる。長い冬とファクトリーでの準備の後、シンプルにトラックに出て、新車を経験したいと思っているよ。

セルジオ・ペレス F1ヘルメット (2017年)

2017年2月23日
セルジオ・ペレス ヘルメット (2017年)
セルジオ・ペレスの2017年のヘルメット。

今年でフォース・インディアでの4シーズン目となるセルジオ・ペレス。基本的なデインは昨年と同じだが、塗装をマットに変更。鮮やかなイエローをベースに、メキシコの国旗カラーであるグリーンとオレンジを挿し色としてデザイン。昨年ブラックを使用していた部分はネイビーへと変更になった。

セルジオ・ペレス、F1メキシコGPの反トランプ運動を支持

2017年2月10日
セルジオ・ペレス 反トランプ運動
セルジオ・ペレスは、メキシコとの国境に壁を建設するという公約が波紋を広げているアメリカのドナルド・トランプ大統領に抗議するメキシコGPの運動を支持することを表明した。

2015年にF1メキシコGPの舞台としてF1カレンダーに復活したアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは、10月29日(日)に開催される今年のイベントを成功させるために、サーキットに#BridgesNotWalls(壁ではなく橋を)とのハッシュタグが大きく掲げる。

セルジオ・ペレス 「ニコ・ヒュルケンベルグのルノー移籍は驚いた」

2017年1月20日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ニコ・ヒュルケンベルグが2017年にフォース・インディアを離れてルノーに移籍するとわかったときは「驚いた」と認める。

セルジオ・ペレスは、昨年夏にスポンサーとフォース・インディアとの商業協定に関する議論が長引き、ルノーへの移籍が噂された。

セルジオ・ペレス 「フォース・インディアを離れる寸前だった」

2016年12月18日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、交渉が難航したことで、今シーズンでフォース・インディア離れる寸前だったと述べた。

セルジオ・ペレスは、スポンサーとフォース・インディアとの交渉が長引き、ルノーへの移籍が噂されていた。

だが、最終的にセルジオ・ペレスは2017年もフォース・インディア残留が決定。

セルジオ・ペレス、ホーカーズとの和解を拒否

2016年11月25日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ドナルド・トランプがアメリカ大統領に当選した後、母国メキシコを嘲笑するツィートを投稿したホーカーズを許すつもりはないようだ。

サングラスメーカーのホーカーズは、不法移民を防ぐためにアメリカとメキシコとの国境に壁を築くと主張しているドナルド・トランプが当選したことを受け、メキシコ人は壁が作られた際に涙目を隠すために同社のサングラスをかけるべきだとのツィートを投稿。

セルジオ・ペレス 「良い結果を出して冬に向かいたい」

2016年11月23日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、2016年 最終戦アブダビGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「シーズン最後のレースだし、良い結果でシーズンを締めくくりたい。エキサイティングな時間だし、みんなはすでに次のシーズンについて話しているけど、仕事に集中し続ける必要がある。すっきりとした気分で休暇に入れるようにうまくシーズンを終えたい。特に今年はかなり大変だったからね。誰も悪い最終レースは望まない。それはかなり不快な感覚だしね!」

セルジオ・ペレスに契約を解除されたホーカーズが償いのチャリティー

2016年11月19日
セルジオ・ペレス
アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが当選したことを嘲笑するツィートをしたことで、セルジオ・ペレスからスポンサー契約を解消されたサングラスメーカーのホーカーズ(Hawkers)が、その償いとしてメキシコで貧困に苦しむ子供たちを支援するチャリティー活動を開始した。

ホーカーズは、不法移民を防ぐためにアメリカとメキシコとの国境に壁を築くと主張しているドナルド・トランプが当選したことを受け、メキシコ人は壁が作られた際に涙目を隠すために同社のサングラスをかけるべきだとのツィートを投稿
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム