レッドブルF1幹部 「ガスリーよりペレスのアプローチの方が正しい」

2021年5月20日
レッドブルF1幹部 「ガスリーよりペレスのアプローチの方が正しい」
ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに復帰するという希望は、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコによって打ち砕かされた。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1のドライバープログラムの責任者であり、マックス・フェルスタッペンの最近のチームメイトの任命に最も直接的な責任を持っている。

セルジオ・ペレス 「RB16Bへの自信は深まっている。勝利を争いたい」

2021年5月19日
セルジオ・ペレス 「RB16Bへの自信は深まっている。勝利を争いたい」 / レッドブル・ホンダ F1モナコGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスが、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPへの意気込みを語った。

前戦F1スペインGPでは、予選で8番手とパフォーマンスを発揮できず、5位入賞がやっとだったセルジオ・ペレス。だが、4戦を経験したことでRB16Bに手応えを掴んできていると語る。

レッドブル・ホンダF1内でセルジオ・ペレスに高まるプレッシャー

2021年5月18日
レッドブル・ホンダF1内でセルジオ・ペレスに高まるプレッシャー。フェルスタッペン 「結局一人で戦っている」
レッドブル・ホンダF1でのセルジオ・ペレスへのプレッシャーはゆっくりと高まっている。

経験豊富なメキシコ人は、ピエールガスリー、アレクサンダー・アルボンがペースに匹敵できなかったマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして2021年のレッドブル・ホンダF1のドライバーに抜擢された。

今シーズンはまだ4レースが終了したところだが、セルジオ・ペレスもマックス・フェルスタッペンの脇役を演じるのに十分に近づいていないことは明らかだ。

セルジオ・ペレス 「まだマシンに適応するスタイルを学んでいる」

2021年5月16日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「まだマシンに適応するスタイルを学んでいる」
セルジオ・ペレスは、まだ自分のドライビングスタイルをレッドブル・ホンダ RB16Bに適応させる必要があると認める。

F1スペインGPでセルジオ・ペレスは予選8番手から追い上げたが、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ5位でレースをフィニッシュ。まだレッドブル・ホンダに移籍してから表彰台を獲得できていない。チームメイトのマックス・フェルスタッペンは過去4戦をすべて2位以上で終えている。

セルジオ・ペレス 「2022年のレッドブルF1残留を考えるのは時期尚早」

2021年5月13日
セルジオ・ペレス 「2022年のレッドブルF1残留を考えるのは時期尚早」
セルジオ・ペレスは、2022年もレッドブルF1が自分を起用し続けてくれるかどうかを考えるのは“時期尚早”だと語る。

近年、レッドブル・レーシングは、競争力のあるマックス・フェルスタッペンのチームメイトを起用することができておらず、ピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンの2人がチームを去っている。

セルジオ・ペレス 「トラックタイムの短縮で適応に時間がかかっている」

2021年5月13日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「トラックタイムの短縮で適応に時間がかかっている」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、今年のトラックタイムの短縮によって、F1のレース週末に“新しい環境に慣れるのに少し時間がかかりすぎている”と感じている。

レーシング・ポイントのシートを喪失したセルジオ・ペレスは、今シーズン、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・ホンダF1と契約を結んだ。

レッドブルF1代表 「ペレスが上位争いに加わる状況を切望している」

2021年5月11日
レッドブルF1代表 「ペレスが上位争いに加わる状況を切望している」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスにプレッシャーをかけ、マックス・フェルスタッペンのルイス・ハミルトンとのタイトル争いを支援するためにも、セルジオ・ペレスが調子を上げて、上位争いに加わる必要があると語る。

セルジオ・ペレスは、F1スペインGPの予選で肩に痛みを感じたことで8番手に沈み、決勝ではオーバーテイクを見せたものの5位でフィニッシュ。優勝したルイス・ハミルトンからは1分以上遅れてのフィニッシュとなった。

セルジオ・ペレス 「タイヤが残ってなくて難しい状況だった」

2021年5月10日
セルジオ・ペレス 「タイヤが残ってなくて難しい状況だった」 / レッドブル・ホンダ F1スペインGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの決勝で2位表彰台を獲得した。

8番グリッドのセルジオ・ペレスは好スタートを決めてオープニングラップで6番手まで順位を上げる。24周目ピットストップを行うと、ダニエル・リカルド(マクラーレン)の後ろの6番手に留まるという展開が続く。

セルジオ・ペレス 「ひじの痛みがあり100%の状態ではなかった」

2021年5月9日
セルジオ・ペレス 「ひじの痛みがあり100%の状態ではなかった」 / レッドブル・ホンダ F1スペインGP 予選
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの予選を8番手で絵オタ。

セルジオ・ペレスは、Q3最初のアタックのターン13でスピンを喫し、タイムを記録できず。最終アタックにすべてをかけたが、非常に僅差の中で、2列目まで約0.2秒差の8番手で予選を終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム