デイモン・ヒル 「レッドブルF1は所詮フェルスタッペンのチーム」

2021年6月15日
デイモン・ヒル 「レッドブルF1は所詮フェルスタッペンのチーム」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、レッドブル・レーシングはマックス・フェルスタッペンのチームであることに変わりはないが、セルジオ・ペレスというその状況に対処できるドライバーをようやく見つけることができたと考えている。

マックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めることは簡単ではなく、過去2シーズンでピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンの両方が彼らの居場所を確立させることができなかった。

セルジオ・ペレス、フェルスタッペンを称賛「彼は休みをとらない」

2021年6月14日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス、フェルスタッペンを称賛「彼は休みをとらない」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンの労働倫理の強さを称賛。進歩を求めるフェルスタッペンは休みをとることはない語った。

マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPのレースをリードしている残り5周でタイヤ故障によってクラッシュ。チームメイトからトップの座を引き継いだセルジオ・ペレスは、それを守り切って移籍後初勝利を挙げた。

セルジオ・ペレス 「昨年のシート喪失に対する反応は過剰だった」

2021年6月14日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「昨年のシート喪失に対する反応は過剰だった」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、昨年末に現アストンマーティンがセバスチャン・ベッテルを迎え入れるために自分を放出したことに対する反応は過剰だったと考えている。

フェラーリF1から戦力外通告を叩きつけられた4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、当時レーシング・ポイントとして知られ、2021年から新たにアストンマーティンF1にフランド変更するチームと契約し、新しい章を担うことになった。

セルジオ・ペレスの父親、マクラーレンF1を批判「レッドブルとは正反対」

2021年6月13日
セルジオ・ペレスの父親、マクラーレンF1を批判「レッドブルとは正反対」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1との6回目のレースとなったF1アゼルバイジャンGPでで移籍後初勝利を買う得。彼の父親は、息子の業績を非常に誇りに思っているが、この機会を利用して、2013年に厳しいシーズンを過ごしたマクラーレンに反撃した。

セルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンのパンク、メルセデスF1のルイス・ハミルトンのリスタート後のミスもあったが、6番グリッドから素晴らしいパフォーマンスを発揮して自身2勝目を挙げた。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は2台のマシンで戦えることを知っている」

2021年6月11日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は2台のマシンで戦えることを知っている」
F1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1との6回目のレースで待望の移籍後初勝利を挙げたセルジオ・ペレスが、レース週末を誇らしげに振り返った。

マックス・フェルスタッペンのタイヤパンクで幸運にもリードを奪った後、セルジオ・ペレスはF1アゼルバイジャンGPを制した。メキシコ人はすべての批評家を沈黙させ、レッドブル・ホンダF1での6レース目で、チームとの最初の勝利を勝ち取った。

レッドブルF1首脳、セルジオ・ペレスの2022年の続投を示唆

2021年6月11日
レッドブルF1首脳、セルジオ・ペレスの2022年の続投を示唆
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーとしてドライバープログラムを統括するヘルムート・マルコは、2022年以降のセルジオ・ペレスの続投を示唆した。

今年、レッドブル・ホンダF1に移籍したセルジオ・ペレスは、序盤は全く異なるタイプのマシンへの適応に苦戦し、「慣れるには5戦は必要かもしれない」と語っていた。

セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンへの自信はさらに高まっている」

2021年6月10日
セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンへの自信はさらに高まっている」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1の新しい環境にようやく慣れたようだ。F1アゼルバイジャンGPでの優勝とランキング3位への上昇は、ペレスにとって自信を高めるだけであり、今後はさらに多くのことができると自信をみせる。

現在、セルジオ・ペレスはレッドブル・レーシングの5人目のグランプリウェナーとなった。彼よりも前にレースに勝っているのはセバスチャン・ベッテル、マーク・ウェバー、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンだけだ。

レッドブルF1首脳 「ペレスがリスタートでホイールスピンしたのは幸運」

2021年6月10日
レッドブルF1首脳 「ペレスがリスタートでホイールスピンしたのは幸運」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アゼルバイジャンGPのリスタートでセルジオ・ペレスがホイールスピーンに悩まされていなければ、スピードを落とせなかったルイス・ハミルトンに接触されてレースを終えていた可能性があると考えている。

スタンディングリスタートでは、セルジオ・ペレスがポールポジション、ルイス・ハミルトンが2番グリッドに並んだ。だが、蹴り出しがよかったのはハミルトンでストレートで先行した。

セルジオ・ペレス 「アルボンのハードワークと献身に感謝している」

2021年6月10日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「アルボンのハードワークと献身に感謝している」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、先週末のF1アゼルバイジャンGPで優勝した後、前任のアレクサンダー・アルボンを称賛した。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、序盤戦でレースでは持ち前の巧妙さを発揮していたが、RB16Bへの対応に苦しみ予選で結果を残せておらず、結果的に表彰台に上がることができていなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム