レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのリードを守る術はなかった」

2019年8月5日
F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ハンガリーGPでメルセデスとルイス・ハミルトンの2ストップ戦略からマックス・フェルスタッペンのリードを守る術はなかったと語る。

マックス・フェルスタッペンを抜きあぐねていたルイス・ハミルトンに対して、メルセデスは新品のミディアムタイヤでの2ストップ戦略に切り替えることを選択。残り5周でタイヤが尽きたフェルスタッペンからリードを奪うことに成功した。

バルテリ・ボッタス、ルクレールを批判「完全に不必要な動き」

2019年8月5日
F1 バルテリ・ボッタス
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1ハンガリーGPの1周目でのフロントウイングにダメージをことに繋がったシャルル・ルクレールの動きは“完全に不必要”なものだったと批判した。

バルテリ・ボッタスは、シャルル・ルクレールのマシンと接触してフロントウイングのエンドプレートにダメージを負い、続行しようと試みたものの、数周後にピットインして交換。最後尾まで順位を落とした。

キミ・ライコネン 「マクラーレンよりも速いペースがあった」

2019年8月5日
F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、F1ハンガリーGPでアルファロメオ・レーシングはマクラーレンよりも速かったが、ハンガロリンクではオーバーテイクは不可能だったと考えている。

F1ハンガリーGPではマクラーレンのカルロス・サインツが5位でフィニッシュ。キミ・ライコネンは過去5戦で4度の入賞となる7位でフィニッシュした。

ルイス・ハミルトン 「レース前は2ストップ戦略は除外していた」

2019年8月5日
F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGPでマックス・フェルスタッペンから逆転で勝利を掴んだ2ストップ戦略の“ギャンブル”に出ることをチームはレース前に除外していたと明かした。

メルセデスは、25周目にマックス・フェルスタッペンがピットインした際に反応せずにステイアウトすることを選択。6周後にハードタイヤに交換。その後、一時はフェルスタッペンを追い詰めるも攻略には至らず、再びミディアムタイヤに交換して2ストップ戦略に切り替える賭けにでた。

ホンダ | 2019年 第12戦 F1ハンガリーGP 決勝レポート

2019年8月5日
F1
F1ハンガリーGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが惜しくも優勝を逃したものの、2位表彰台を獲得。ホンダのパワーユニット(PU)搭載のマシン3台がトップ10入りをする結果となった。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンはレース序盤、ルイス・ハミルトンに後ろから迫られながらも懸命にディフェンスを続け、25周目にピットイン。

トロロッソ・ホンダ 「今日達成できた最大限の結果」 / ハンガリーGP

2019年8月5日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、F1ハンガリーGPの決勝レースを振り返った。

アレクサンダー・アルボンが12番手、ダニール・クビアトが13番手からスタートしたトロロッソ・ホンダは、チームメイト同士で素晴らしいバトルしながらレースを展開。タイヤ戦略が明暗を分け、アルボンが10位、クビアトが15位でレースを終えた。

レッドブル・ホンダ 「今日はメルセデスとルイスを祝福したい」

2019年8月5日
F1 レッドブル・ホンダ ハンガリーGP
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、F1ハンガリーGPの決勝レースを振り返った。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンはレースの大部分もリードしたが、2ストップ戦略のルイス・ハミルトンに対して、1ストップのフェルスタッペンはタイヤが持たず、残り5周でリードを奪われて2位でフィニッシュ。それでも、最後に新品タイヤでファステストラップを記録した。

F1ポイントランキング | フェルスタッペンがボッタスに7ポイント差

2019年8月5日
F1
F1ハンガリーGPが終了し、F1は前半戦を終了。ドライバーズ選手権3位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、2位のバルテリ・ボッタスとの差を7ポイントまで縮めた。

今季8勝目を挙げたルイス・ハミルトンは合計250ポイントとしてリードをさらに拡大。バルテリ・ボッタスとの差は62ポイント、マックス・フェルスタッペンとの差は69ポイントとなった。

2019年 F1 ハンガリーGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年8月5日
2019年 F1 ハンガリーGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとの劇的な接戦の末、残り4周時点でトップに立ち、ハンガリーグランプリを制した。ハミルトンは、終盤に2回目のピットストップを行い、フレッシュなP Zeroイエロー・ミディアムタイヤのアドバンテージを活かした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム