ダニエル・リカルド、PU一式交換で最後尾に降格 / F1ハンガリーGP

2019年8月4日
F1
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1ハンガリーGPに決勝にむけてパワーユニット一式を交換。最後尾グリッドからスタートすることになった。

ダニエル・リカルドは、予選Q1最後のプッシュラップでセルジオ・ペレスと絡む一件もあり、予選を18番手で終えていた。そのため、ルノーは低いグリッドポジションを残りのシーズンのための追加のパーツをプールする機会に充てることを決定した。

F1 ハンガリーGP 予選 | トップ10ドライバーコメント

2019年8月4日
F1
2019年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGPの予選が8月3日(土)にブダペストのハンガロリンクで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。コースレコードを更新する1分14秒572をマークし、バルテリ・ボッタス(メルセデス)を0.018秒上回り、F1で自身初となるポールポジションを獲得した。

アントニオ・ジョビナッツィ、ストロールへの走行妨害で3グリッド降格

2019年8月4日
F1
アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは、F1ハンガリーGPの予選Q1でランス・ストロール(レーシングポイント)の走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを科せられた。

Q1終盤、ランス・ストロールがターン5に差し掛かった際にアントニオ・ジョビナッツィは低速走行しており、それによってストロールの走行は妨げられ、Q1敗退を喫していた。

【動画】 フェルスタッペン vs ボッタス オンボード映像比較

2019年8月4日
F1
F1ハンガリーGPの予選では、マックス・フェルスタッペンとバルテリ・ボッタスが大接戦の末、わずか0.018秒の僅差でフェルスタッペンがF1初ポールポジションを獲得した。

F1公式サイトは二人のオンボード映像を公開。ギャップを見てみると、マックス・フェルスタッペンは最後の2つのコーナーまでバルテリ・ボッタスに負けていたことがわかる。

マックス・フェルスタッペン 「初ポールポジションは時間の問題だった」

2019年8月4日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1初ポールポジション獲得は“時間の問題”だということをわかっていたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの予選でメルセデスのバルテリ・ボッタスを0.018秒上回り、93戦目にして初ポールポジションを獲得。F1の100人目のポールシッターとしてその名が刻まれた。

F1ハンガリーGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年8月4日
F1
ピレリは、2019年 F1ハンガリーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはハンガリーGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)というコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

セルジオ・ペレス、予選でのリカルドの行為に怒り 「無礼な行為」

2019年8月4日
F1 セルジオ・ペレス ダニエル・リカルド
セルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの予選Q1の終了間際のダニエル・リカルドの追い抜きは“非常に無礼”な行為だったと怒りをあらわにした。

ダニエル・リカルドは、最終コーナーでセルジオ・ペレスとロマン・グロージャン(ハース)の後ろに追いつき、両方のドライバーを追い抜こうとした。ロマン・グロージャンをアウトサイドから抜いたが、セルジオ・ペレスはインサイドのラインを保持していたため、後退を余儀なくされた。

セバスチャン・ベッテル 「レッドブル・ホンダが進歩したとは思わない」

2019年8月4日
F1 セバスチャン・ベッテル ホンダF1
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1ハンガリーGPでマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得したにも関わらず、レッドブル・ホンダが進歩を遂げたわけではないとし、その一因としてエンジンが重要なサーキットではないことを挙げた。

ハンガロリンクの短くツイスティな特性はしばしばレッドブルに有利に働いてきたが、レッドブルとしては2011年にセバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得して以来、そこから遠ざかっていた。

シャルル・ルクレール、Q1でのクラッシュを猛省 「自分が許せない」

2019年8月4日
F1 シャルル・ルクレール ハンガリーGP
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ハンガリーGPの予選Q1でのクラッシュを猛省。フェラーリに謝罪し、“完全に不必要”なことだったと自分を責めた。

先週のF1ドイツGPでクラッシュリタイアを喫したシャルル・ルクレールだが、F1ハンガリーGPの予選Q1では最終コーナーでスピン。後ろ向きにウオールにクラッシュして、リアウイングを破損させた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム