メルセデスF1代表 「勝利のチャンスがあることは否定できない」

2022年7月31日
メルセデスF1代表 「勝利のチャンスがあることは否定できない」 / F1ハンガリーGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリでの今季初勝利の可能性を否定しない。

F1ハンガリーGPの予選では、ジョージ・ラッセルがフェラーリの2台を抑えて衝撃的な自身初ポールポジションを獲得。メルセデスF1チームにとっても今季初ポールポジションとなった。

レッドブルF1首脳 「通常の天候でフェラーリに勝つのは難しい」

2022年7月31日
レッドブルF1首脳 「通常の天候でフェラーリに勝つのは難しい」 / F1ハンガリーGP
レッドブル・レーシングは、今週末のF1ハンガリーGPでチャンピオンシップのライバルであるフェラーリに遅れをとっていることを受け入れている。

予め、タイトでツイスティなハンガロリンク・サーキットが、2022年のフェェラーリの空力の強みに適していることは分かっていた。しかし、金曜日にギャップの範囲が明らかになったとき、ヘルムート・マルコ博士は、F1ハンガリーGPが「赤い力のデモンストレーション」になるだろうと予測した.

2022年 F1ハンガリーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月31日
2022年 F1ハンガリーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第13戦の舞台となるハンガロリンクにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジの中間の硬さのコンパンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1ハンガリーGP 決勝:スターティンググリッド

2022年7月31日
2022年 F1ハンガリーGP 決勝:スターティンググリッド
F1は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリ決勝のスターティンググリッドを発表した。

暫定スタートグリッドが発表された時点ではどのドライバーにもペナルティは発行されておらず、予選順位のとおりにグリッドに並ぶ。ポールポジションにはジョージ・ラッセル(メルセデス)、2番グリッドにはカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が並び、フロントローからスタートする。

ピエール・ガスリー、F1パワーユニット一式を交換してピットレーンスタート

2022年7月31日
ピエール・ガスリー、F1パワーユニット一式を交換してピットレーンスタート / F1ハンガリーGP
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1パワーユニット一式を新品に交換。事前承認なしの交換だっためピットレーンスタートとなる。

ピエール・ガスリーは、F1ハンガリーGPの予選でQ1敗退を喫して19番グリッドからスタートする予定だった。そこでスクーデリア・アルファタウリは、F1パワーユニット一式を交換することを決定。年間使用基数を超えたことでグリッド降格ペナルティが決定した。

【動画】 セバスチャン・ベッテル、自らF1マシンの修理を手伝う

2022年7月31日
【動画】 セバスチャン・ベッテル、自らF1マシンの修理を手伝う / F1ハンガリーGP
セバスチャン・ベッテルは、F1ハンガリーGPのフリー走行3回目にクラッシュを喫した自分のマシンを修理してくれているメカニックたちを自らの手で手伝った。

ウェットコンディションとなったフリー走行3回目の終盤、セバスチャン・ベッテルはウエットパッチに乗ったことでマシンのコントロールを失ってウォールにクラッシュ。自分のミスであることから、自分への怒りを露わにしていた。

2022年 F1ハンガリーGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年7月31日
2022年 F1ハンガリーGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのジョージ・ラッセル。2番手のフェラーリを0.044秒の僅差で上回るスーパーラップで嬉しいF1初ポールポジションを獲得。史上105人目のポールシッターとなった。また、メルセデスF1チームにとっても今季初ポールポジションとなった。

レッドブルF1首脳、ペレスのパフォーマンスに不満「もう夏休みモード」

2022年7月31日
レッドブルF1首脳、ペレスのパフォーマンスに不満「もう夏休みモード」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスのF1ハンガリーGPの週末のパフォーマンスを「夏休みモード」に入っていると批判した。

セルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの予選でQ2を突破できなかった。1回目のアタックで記録した1分18秒516がターン5のトラックリミット超過で抹消され、15番手に落ちる。このペナルティは厳すぎたように思え、見直しのあとスチュワードはこのラップタイムを承認したが、それでも9番手止まりだった。

ピエール・ガスリー、トラックリミット違反でQ1敗退 「ポテンシャルは十分」

2022年7月31日
ピエール・ガスリー、トラックリミット違反でQ1敗退 「ポテンシャルは十分」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選を9番手で終えた。

初日にラップタイム面で苦戦を強いられていたピエール・ガスリーだが、ドライとなった予選でもまずまずのペースを発揮する。一旦はQ2進出のタイムを記録していたガスリーだが、その後、トラックリミット違反で抹消となり、19番手でQ1敗退となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム