ハースF1代表 「マグヌッセンへのブラック&オレンジフラッグはミステイク」

2022年8月2日
ハースF1代表 「マグヌッセンへのブラック&オレンジフラッグはミステイク」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ハンガリーGPのスチュワードがケビン・マグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを出してピットストップを強制したのはミステイクだったと主張する。

ケビン・マグヌッセンは、オープニングラップの1コーナーの出口でマクラーレンのダニエル・リカルドと接触。エンドプレートがウイングの主要構造からぶら下がり、FIA(国際自動車連盟)はマグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを提示した。

マックス・フェルスタッペン、ハミルトンの商品を燃やしたF1ファンを猛批判

2022年8月2日
マックス・フェルスタッペン、ハミルトンの商品を燃やしたF1ファンを猛批判
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの週末にルイス・ハミルトンの商品を燃やしたファンを猛烈批判した。

先週末、ファンがルイス・ハミルトンの商品を燃やしている行為が収められた動画がソーシャルメディアで拡散した。

昨年、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは激しいライバル関係で激戦を繰り広げた末、フェルスタッペンがハミルトンを破って2021年のドライバーズタイトルを獲得した。

レッドブルF1代表、ヘルムート・マルコに批判されたペレスを擁護

2022年8月2日
レッドブルF1代表、ヘルムート・マルコに批判されたペレスを擁護
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコから非難されたセルジオ・ペレスを擁護した。

セルジオ・ペレスがQ2で敗退したF1ハンガリーGPの予選後、ヘルムート・マルコは、ペレスがすでに「夏休みモード」に入っていると非難した。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの1-2での表彰台は31回目

2022年8月2日
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの1-2での表彰台は31回目 / 2022年 F1ハンガリーGP
2022年のF1ハンガリーGPで、マックス・フェルスタッペンが優勝、ルイス・ハミルトンが2位表彰台を獲得。2人が1-2(順不同)の形で表彰台に立つのは31回目となった。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの決勝で10番手から優勝。レッドブルがトップ6外から優勝したのは2017年のF1アゼルバイジャンGPでのダニエル・リカルド以来となった。

レッドブルF1代表 「ルクレールがハードに交換した瞬間にチャンスが訪れた」

2022年8月1日
レッドブルF1代表 「ルクレールがハードに交換した瞬間にチャンスが訪れた」/ F1ハンガリーGP 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、土壇場での戦略変更がマックス・フェルスタッペンの輝かしいF1ハンガリーGPの勝利に貢献したと語った。

マックス・フェルスタッペンの勝利への望みは、予選Q3でRB18のパワーユニットが問題に見舞われて代表的なタイムを設定できず、10番グリッドからのスタートが決定した時点で大きな打撃を受けたように見えた。

2022年 F1ハンガリーGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年8月1日
2022年 F1ハンガリーGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

F1ハンガリーGPは、10番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が猛烈な巻き返しを見せて今シーズン8勝目をマーク。2位にはルイス・ハミルトン、3位にはジョージ・ラッセルのメルセデス勢が続いた。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのPUは交換しなければ3周で壊れた」

2022年8月1日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのPUは交換しなければ3周で壊れた」 / F1ハンガリーGP 決勝
F1ハンガリーGPのマックス・フェルスタッペンの予選はパワーユニットの問題によって台無しになったが、もし土曜日にそれが起こっていなければ、決勝に出場することさえできなかっただろうとレッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは考えている。

フェルスタッペンは、予選でパワーユニットに問題が発生したため、10番グリッドからレースをスタートした。レッドブル・レーシングは決勝前にパワーユニットを変更し、それが故障するポイントまできていたことを発見した。

アルファタウリF1 「角田裕毅は基本的にマシンに納得できていなかった」

2022年8月1日
アルファタウリF1 「角田裕毅は基本的にマシンに納得できていなかった」 / F1ハンガリーGP 決勝
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝を振り返った。

決勝では、ピットレーンスタートのピエール・ガスリーが12位まで順位を上げてフィニッシュ。一方、16番グリッドからスタートした角田裕毅はマシンに苦戦を強いられ、単独スピンをする場面などもあり、19位でレースを終えた。

ジョージ・ラッセル 3位 「初勝利を達成できなかったのは複雑な心境」

2022年8月1日
ジョージ・ラッセル 3位 「初勝利を達成できなかったのは複雑な心境」 / メルセデス F1ハンガリーGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリで3位表彰台を獲得。だが、土曜日にF1初ポールポジションを獲得したラッセルは、彼とチームはすべてを正しく行ったが、F1初勝利を逃したことは「複雑な感情」だと認める。

ジョージ・ラッセルはソフトタイヤでレースをスタートし、最初のスティントでカルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレールのフェラーリ勢の前に留まった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム