ニコ・ヒュルケンベルグ、アルファロメオF1との交渉を認める

2019年10月4日
ニコ・ヒュルケンベルグ、アルファロメオF1との交渉を認める
ニコ・ヒュルケンベルグは、アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールとコンタクトを取っていることを確信した。

今シーズン限りでルノーのF1シートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームとの交渉が失敗に終わったのは、今年のハースのトラブルが理由の一つだったと認める。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「自分のF1キャリアに悔いが残っている」

2019年10月2日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「自分のF1キャリアに悔いが残っている」
ニコ・ヒュルケンヘルグは、自分のF1キャリアに悔いが残っていると認める。

F1で10年のキャリアを進めてきたニコ・ヒュルケンベルグ(32歳)だが、今シーズン限りでルノーのF1シートを失うことが決まっており、F1で2020年のレースシートを見つけることができていない。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルはヒュルケンベルグを検討するべき」

2019年10月1日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルはヒュルケンベルグを検討するべき」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルは2020年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてニコ・ヒュルケンベルグを検討するよう勧めた。

現在、レッドブルは2020年F1マシン『RB16』の2つ目のシートに乗るドライバーを議論している。マックス・フェルスタッペンは2020年まで契約を結んでいるが、レッドブルは夏休み後に交代したアレクサンダー・アルボンとピエール・ガスリーの2択で評価している。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンは抑えるには速すぎる」

2019年9月29日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンは抑えるには速すぎる」
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、F1ロシアGPの決勝でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを抑えるのは難しいだろうと認める。

4番手で予選を終えたマックス・フェルスタッペンはエンジン交換による5グリッド降格が決定しており、7番手で予選を終えたニコ・ヒュルケンベルグはフェルスタッペンよりも前からレースをスタートすることになる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定

2019年9月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定
ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にむけてフォーミュラEチームと契約を結んだとの噂を否定した。

ルノーのF1シートを失うことが決まっているニコ・ヒュルケンベルグだが、アルファロメオ・レーシングやウィリアムズのシートを獲得する可能性は低いとみられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?

2019年9月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?
ニコ・ヒュルケンベルグは、もはやフォーミュラEへの転向を完全に除外できない状況になっている。

来季のルノーのF1シート喪失が決定したニコ・ヒュルケンベルグは、フォーミュラE転向の可能性について「まったくエキサイティングではない」と語っていた。

しかし、それ以降、濃厚とみられていたハースF1チームへの移籍が消滅。アルファロメオ・レーシングとレッドブルという選択肢も可能性が低くなっている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンのインディカー参戦オファーを拒否

2019年9月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンのインディカー参戦オファーを拒否
ニコ・ヒュルケンベルグは、マクラーレンからのインディカー参戦のオファーに断りを入れた。

マクラーレンは、2020年から『アロー・マクラーレン・レーシングSP』とフル参戦。ドライバーはまだ決定しておらず、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1シート獲得の見込みが薄れているニコ・ヒュルケンベルグにオファーしたが、交渉は失敗に終わったことをシンガポールで明らかにしていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルから連絡を拒否された」

2019年9月21日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルから連絡を拒否された」
ニコ・ヒュルケンベルグは、今シーズンにレッドブルにコンタクトを取っていたが、ある時点で連絡しないよう伝えられたことを明かした。

ルノーのシートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1シート移籍が確実視されていたが、ハースはロマン・グロージャンの続投を決断。F1界に驚きを与えた。

レッドブルF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグの加入は想像しがたい」

2019年9月21日
レッドブルF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグの加入は想像しがたい」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、来季のシートが決定していないニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・ホンダやトロロッソ・ホンダに加入することを“想像しがたい”と述べた。

ルノーがエステバン・オコンと契約したことでシートを失うことになったニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームとの契約が目前だと報じられていた。しかし、ハースはロマン・グロージャンと再契約。ヒュルケンベルグの2020年の選択肢はほとんどなくなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム