ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ移籍を除外「僕はふわさしくない」

2019年11月2日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ移籍を除外「僕はふわさしくない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ウィリアムズ移籍を自らの口で除外した。

今シーズン末でルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にF1シートを獲得できなければ、それがF1引退に繋がることを示唆している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、アルファロメオ・レーシングと交渉をしていることは認めているが、2010年にF1キャリアをスタートさせた現在のバックマーカーであるウィリアムズへの移籍は否定している。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「アルファロメオF1からの回答を待っている」

2019年11月1日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「アルファロメオF1からの回答を待っている」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のF1シート獲得のためにアルファロメオ・レーシングからの回答を“待っている”ことを明らかにした。

今シーズン限りでルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のためのF1シートを見つけることができなければ、もうF1に戻ってくることはできないだろうと語っている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2021年にF1に戻ってくることはできないだろう」

2019年10月31日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2021年にF1に戻ってくることはできないだろう」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のためのF1シートを見るけることができなければ、F1に戻ってくることはできないだろうと考えている。

今年、ルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグだが、2020年のF1シートを確保できずにいる。現時点で2020年のドライバーラインナップを確定していないのは、レッドブル、トロロッソ、アルファロメオ、ウィリアムズの4チームだけだが、各チームともにすでに来季のドライバーは決心しているように思われる。

ニコ・ヒュルケンベルグのレッドブル移籍の噂を絶やしたくないF1評論家

2019年10月30日
ニコ・ヒュルケンベルグのレッドブル移籍の噂を絶やしたくないF1評論家
レッドブルは、2020年のニコ・ヒュルケンベルグの加入を何度も否定しているが、噂好きのF1ジャーナリストはどうしてもそのネタを絶やしたくはないようだ。

ルノーは、2020年にエステバン・オコンの加入を決定しており、ニコ・ヒュルケンベルグは2020年のF1シートを確保できずにいる。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「メキシコはレースの歴史を感じられる好きな場所」

2019年10月24日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「メキシコはレースの歴史を感じられる好きな場所」
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、F1メキシコGPが開催されるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスはレースの歴史を感じられる好きな場所だと語る。

「メキシコの雰囲気は本当にクールだ。多くの歴史があるかなり古いサーキットだし、そこにいくとその雰囲気を実感できる。僕はインテルラゴスやシルバーストーンのようにレーシングの繋がりを感じられる場所が好きなんだ。メキシコはそれに似ている」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

ニコ・ヒュルケンベルグ、アルファロメオF1移籍の可能性も絶たれる?

2019年10月15日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ、アルファロメオF1移籍の可能性も絶たれる?
アルファロメオ・レーシングは、2020年もアントニオ・ジョビナッツィの残留を示唆。ニコ・ヒュルケンベルグがF1シートを獲得できない可能性は高まった。

今季限りでルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、一時はロマン・グロージャンの後任としてハースに移籍する可能性が高いと言われいたが、ハースは2020年もロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのラインナップを継続することを発表。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「チームのためにダブル入賞を達成できて嬉しい」

2019年10月14日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「チームのためにダブル入賞を達成できて嬉しい」 / F1日本GP 決勝
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、F1日本GPの決勝レースを10位でフィニッシュ。チームのダブル入賞を喜んだ。

「今日はダニエルと僕が二人ともポイントを獲得することができ、チームのためにとても嬉しく思っている。僕たちはずっと戦っていたし、本気でプッシュして、すべてをまとめることができたと思う。午前中の予選があまり良くなかったので素晴らしい挽回ができたと思う」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

ルノーF1代表 「ハースはヒュルケンベルグの目標に合致しなかった」

2019年10月10日
ルノーF1代表 「ハースはヒュルケンベルグの目標に合致しなかった」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームへの移籍を決断しなかったのは、より多くのポテンシャルのあるチームで走ることを望んだからだと語る。

ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグとの契約を更新せず、2020年からダニエル・リカルドのチームメイトとして昨年までフォース・インディアでF1を戦っていたエステバン・オコンをレースドライバーに起用する。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「日本では大量ポイントを目指さなければならない」

2019年10月10日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「日本では大量ポイントを目指さなければならない」 / ルノー F1日本GP プレビュー
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグが、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPへの意気込みを語った。

「日本はユニークなグランプリだし、シーズンで楽しみにしていたレースのひとつだ。すべてが特別だ。最高のトラックのひとつだし、ファンはとても情熱的だ。シーズンで最も熱狂的だし、とにかくスペシャルな週末だ。雨でも晴れていても、昼でも夜でもファンはサポートしてくれるし、本当に素晴らしい経験だ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム