「レッドブルF1はヒュルケンベルグと契約するべき」とエクレストン

2020年10月29日
「レッドブルF1はヒュルケンベルグと契約するべき」とエクレストン
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、レッドブル・ホンダは2021年にアレクサンダー・アルボンに変えてニコ・ヒュルケンベルグと契約するべきだと主張する。

今シーズン、アレクサンダー・アルボンは期待されたパフォーマンスを発揮できず、チームのタイトル争いに貢献できなかった。その結果、来季のレッドブル・ホンダのシート喪失が噂されており、後任候補にはニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスの名前が挙げられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1からの電話を待っている」

2020年10月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1からの電話を待っている」
2021年のレッドブル・ホンダF1のドライバー候補に挙げられているニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコからの「電話を待っている」と語る。

レッドブルF1の首脳陣は、アレクサンダー・アルボンが2021年のレッドブル・ホンダのレースシートを維持するために“数レース”の猶予を与えていたが、F1ポルトガルGPではスタートで出遅れて12位フィニッシュと最悪の週末を過ごした。

フェルスタッペン 「ヒュルケンベルグは良いチームメイトになると思う」

2020年10月23日
フェルスタッペン 「ヒュルケンベルグは良いチームメイトになると思う」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のチームのドライバー候補に挙げられているニコ・ヒュルケンベルグは“良いチームメイトになるだろう”と語る。

現在のチームメイトであるアレクサンダー・アルボンは、今年期待されたパフォーマンスを発揮することができていないが、これまでレッドブルF1上層部は一貫してアルボンをサポートするという姿勢を繰り返してきた。

ニコ・ヒュルケンベルグ、レーシング・ポイントのリザーブとして待機

2020年10月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ、レーシング・ポイントのリザーブとして待機 / F1ポルトガルGP
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1ポルトガルGPでランス・ストロールが新型コロナウイルス検査に引っかかった場合に備えて、アルガルベ・サーキット入りしてレーシング・ポイントのために待機している。

F1アイフェルGPでは、土曜日の朝にランス・ストロールが体調不良を訴えて欠場を決定。当時、ケルンにいたニコ・ヒュルケンベルグは急遽ニュルブルクリンクへと向かい、予選から代役としてレーシング・ポイントF1のドライバーを務めた。

「ニコ・ヒュルケンベルグはレッドブルF1のすべての要件を満たしている」

2020年10月21日
「ニコ・ヒュルケンベルグはレッドブルF1のすべての要件を満たしている」とニック・ハイドフェルド
レッドブル・レーシングがアレクサンダー・アルボンとの契約を延長しない場合、誰が後任を務めるのだろうか? ピエール・ガスリーはなぜか選択肢から外されており、レッドブルは自身のプログラム外のドライバーに目を向けなければならない。

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、ニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・レーシングのセカンドシートにぴったりだと語る。

ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブル・ホンダF1は“最良の選択肢”

2020年10月20日
ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブル・ホンダF1は“最良の選択肢”
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年の“最良の選択肢”だと語るが、シートを獲得できる可能性は低いと認めている。

昨年末でルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグだが、今年はシルバーストンの2連戦とニュルブルクリンクで開催されたF1アイフェルGPで、それぞれセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役を急遽務め、7位と8位でフィニッシュする活躍をみせた。

ハースF1 「ニコ・ヒュルケンベルグとは交渉していない」

2020年10月19日
ハースF1 「ニコ・ヒュルケンベルグとは交渉していない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年のシートについてニコ・ヒュルケンベルグと積極的に交渉はしていないと語る。

先週、ハースF1が2021年にロシアから大金を持ち込むニキータ・マゼピンとフェラーリのジュニアドライバーの一人を起用してドライバーラインナップを一新させるとの噂が加速した。

ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンのチームメイトを務める自信はある」

2020年10月17日
ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンのチームメイトを務める自信はある」 / レッドブル・ホンダF1移籍に期待
ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブル・ホンダF1でマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めるという任務を遂行できる自信はあると語る。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルから愛されている絶対的なナンバー1ドライバーだ。チームはフェルスタッペンを中心に構築されているが、レッドブルの使命であるF1ワールドチャンピオン獲得という目標を実現させるには強力なセカンドドライバーが必要となる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブル・ホンダF1からの代役打診を語る

2020年10月16日
ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブル・ホンダF1からの代役打診を語る
ニコ・ヒュルケンベルグは、運命の歯車が少し違っていたら、レッドブル・ホンダのF1マシンでF1アイフェルGPを戦っていたかもしれない。ヒュルケンベルグは、もしそのチャンスがあったら両手で掴んでいただろうと認める。

F1アイフェルGPの週末に先立ってレッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、新型コロナウイルスの検査結果が不明瞭だった。そのため、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、代役の可能性を伝えるためにニコ・ヒュルケンベルグの電話を鳴らした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム