ホンダF1の2021年10月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは罪なく50ポイント以上を失った」

2021年10月31日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは罪なく50ポイント以上を失った」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのルイス・ハミルトンに対するチャンピオンシップのリードは、彼が「罪なく」失った「50ポイント以上」がなければ、もっと大きくなっていたと考えている。

先週末のF1アメリカGPでの勝利後、残り5戦でマックス・フェルスタッペンは、メルセデスのライバルであるルイス・ハミルトンを12ポイントリードしている。

レッドブル・ホンダF1特集:世界中にF1の興奮を届けるショーラン

2021年10月31日
レッドブル・ホンダF1特集:世界中にF1の興奮を届けるショーラン
F1アメリカGPに先立ちテキサス州ダラスの公道で行われたライブデモでは、RB7に乗ったセルジオ・ペレスが地元の人々を大いに楽しませた。世界各地にF1マシンの興奮を届けるレッドブルのイベントの裏側に迫る。

世界のどこかでレッドブル・レーシング・ホンダのエンジンに火が入らない週は1年を通じてわずかしかない。

レッドブル・ホンダF1:フェルスタッペンがペレスのピットインを指令

2021年10月31日
レッドブル・ホンダF1:フェルスタッペンがペレスのピットインを指令する歪な力学
F1アメリカGPで、マックス・フェルスタッペンの指令でセルジオ・ペレスをピットインさせることに即断即決で応じた戦略は、レッドブル・ホンダのドライバー間の“わずかに歪な力学”を反映していると元F1ドライバーのジョリアン・パーマーは説明する。

マックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPのオープニングラップでルイス・ハミルトンにリードを奪われたが、早期にピットストップを敢行し、最終的にアンダーカットを成功させてリードを奪い返した。

レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置

2021年10月31日
レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置
レッドブルF1は、リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンに、アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅がF1ドライバーとしての生活に落ち着くことを支援する役割を与えている。

角田裕毅はF1バーレーンGPでポイントを獲得してデビュー戦で強い印象を与えたが、それ以来、合計6回の入賞を果たしているが、特にシーズン中盤まではミスが散在し、アップダウンの激しいシーズンとなった。

ホンダF1 山本雅史MD、レッドブルへの転籍も選択肢?

2021年10月30日
ホンダF1 山本雅史MD、レッドブルへの転籍も選択肢?
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、ホンダがF1から撤退した後、レッドブルへの転籍の可能性も否定はしていない。

ホンダは今シーズン限りでF1から撤退するが、エンジンの知的財産権はレッドブルに移行され、2022年にレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリにはバッチがついていないホンダ製のF1パワーユニットが搭載される。

角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」

2021年10月30日
角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」 アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1アメリカGPはこれまでのルーキーシーズンのベストレースだったと考えている。

F1アメリカGPで、角田裕毅は、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンの各チームの8台に次ぐ9位でフィニッシュ。予選を10番手で終えた角田裕毅は、カルロス・サインツとともに不利なソフトタイヤでスタートした2人のドライバーのうちの1人だった。

「フェルスタッペン側にF1タイトルは傾いた」と元F1王者デイモン・ヒル

2021年10月30日
「フェルスタッペン側にF1タイトルは傾いた」と元F1王者デイモン・ヒル
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1アメリカGPでの勝利により、2021年のF1タイトル争いはマックス・フェルスタッペン側に傾いたと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスの牙城となっていたサーキット・オブ・アメリカズでルイス・ハミルトンを倒して今季8勝目を挙げ、ドライバーズランキングでのアドバンテージを12ポイントまで広げた。

リアム・ローソン、アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせ

2021年10月29日
リアム・ローソン、アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせ
レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンが、12月のヤングドライバーテストにむけてアルファタウリ・ホンダF1でシート合わせを実施した。

レッドブルのドライバーアカデミーは、F1で元も成功したプログラムのひとつであり、現在の4人のドライバーのうち、3人が内部から昇格している。

マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利

2021年10月29日
マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利
F1アメリカGPでの勝利を挙げたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レース中に体調に苦しんでいたことが明かされた。

チームメイトのセルジオ・ペレスは、胃の不調と1周目からのドリンクシステムの故障によって56周のF1アメリカGPのレースで脱水症状に苦しんでいたことがすでに知られている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム