2021年10月のF1情報を一覧表示します。

角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」

2021年10月30日
角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」 アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1アメリカGPはこれまでのルーキーシーズンのベストレースだったと考えている。

F1アメリカGPで、角田裕毅は、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンの各チームの8台に次ぐ9位でフィニッシュ。予選を10番手で終えた角田裕毅は、カルロス・サインツとともに不利なソフトタイヤでスタートした2人のドライバーのうちの1人だった。

「フェルスタッペン側にF1タイトルは傾いた」と元F1王者デイモン・ヒル

2021年10月30日
「フェルスタッペン側にF1タイトルは傾いた」と元F1王者デイモン・ヒル
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1アメリカGPでの勝利により、2021年のF1タイトル争いはマックス・フェルスタッペン側に傾いたと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスの牙城となっていたサーキット・オブ・アメリカズでルイス・ハミルトンを倒して今季8勝目を挙げ、ドライバーズランキングでのアドバンテージを12ポイントまで広げた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1グリッドの下半分のドライバーは弱体化」

2021年10月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1グリッドの下半分のドライバーは弱体化」
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、現在のF1グリッドの下半部のドライバーのクオリティは以前ほど優れていないと考えている。

今季、アストンマーティンF1のリザーブドライバーの役割を継続しているニコ・ヒュルケンベルグだが、事実上、F1ドライバーとしてのキャリアには幕を下ろしている。

ルイス・ハミルトン 「理学療法士のアンジェラ・カレンは特別な存在」

2021年10月29日
ルイス・ハミルトン 「理学療法士のアンジェラ・カレンは特別な存在」 メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、理学療法士のアンジェラカレンとの緊密な関係をオープンにし、彼女の揺るぎない普遍性とF1での彼の成功への貢献に対して敬意を表しました。

アンジェラ・カレンは、ルイスハミルトンのロードでの生活の至る所に存在しており、彼女の職務内容には、週末のレースでメルセデスドライバーの肉体的および精神的な準備を確実にするだけではない。

メルセデスF1首脳 「ラスト5戦は1回のDNFがタイトル争いで致命傷になる」

2021年10月29日
メルセデスF1首脳 「ラスト5戦は1回のDNFがタイトル争いで致命傷になる」
メルセデスF1は、2021年のラスト5戦でF1エンジンの信頼性とパフォーマンスのバランスを引き続き検討していくが、レッドブル・ホンダとのタイトル争いにおいて1回のDNFが“致命傷”になる可能性があると認める。

先週末のF1アメリカGPに先立ち、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1エンジンの信頼性問題に懸念を抱いたままであることを明らかにしている。

リアム・ローソン、アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせ

2021年10月29日
リアム・ローソン、アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせ
レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンが、12月のヤングドライバーテストにむけてアルファタウリ・ホンダF1でシート合わせを実施した。

レッドブルのドライバーアカデミーは、F1で元も成功したプログラムのひとつであり、現在の4人のドライバーのうち、3人が内部から昇格している。

F1ボス 「ルイス・ハミルトンが人気No.1に選ばれなかったのは驚き」

2021年10月29日
F1ボス 「ルイス・ハミルトンが人気No.1に選ばれなかったのは驚き」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2021年のF1グローバル調査でルイス・ハミルトンではなくマックス・フェルスタッペンが最近F1で最も人気のあるドライバーに選ばれたことに驚きを表明した。

ニールセンとモータースポーツネットワークの共同で実施されたF1史上最大の調査には187カ国から167,302人のファンが参加。この調査は、F1が将来の戦略的決定を下せるように、ファンが何を望んでいるか、そしてスポーツについて何を大切にしているかを伝える機会を提供した。

マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利

2021年10月29日
マックス・フェルスタッペン、失神寸前で掴んだF1アメリカGPの勝利
F1アメリカGPでの勝利を挙げたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レース中に体調に苦しんでいたことが明かされた。

チームメイトのセルジオ・ペレスは、胃の不調と1周目からのドリンクシステムの故障によって56周のF1アメリカGPのレースで脱水症状に苦しんでいたことがすでに知られている。

WEC:トヨタ 第5戦 バーレーン6時間 公式練習レポート

2021年10月29日
WEC:トヨタ 第5戦 バーレーン6時間 公式練習レポート
FIA世界耐久選手権(WEC) 第5戦となるバーレーン6時間レースの公式練習走行が10月28日(木)に開始され、トヨタのハイパーカー GR010 HYBRIDが、バーレーンでの最初のラップを刻んだ。

トヨタは、バーレーン・インターナショナル・サーキットにおいて、WEC新時代となるハイパーカーでの歴史的な初タイトル獲得に挑む。タイトルは、バーレーンで行われる今週末の6時間レースと、1週間後に控えるバーレーン8時間レースというWEC史上初の2週連戦で決定される。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム