ルイス・ハミルトン、フェラーリF1移籍の噂を一蹴 「考えてもいない」

2020年4月21日
ルイス・ハミルトン、フェラーリF1移籍の噂を一蹴 「考えてもいない」
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトン、フェラーリへの移籍を望んでいるという噂の火消しに動いた。

ルイス・ハミルトンは、2013年にマクラーレンからメルセデスに移籍。2014年以降は、毎年、チャンピオンシップを優勝もしくは2位で終えている。メルセデスはハイブリッド時代を支配しており、ルイス・ハミルトンは63勝を挙げ、5回のF1ワールドチャンピオンをメルセデスと獲得している。

【F1動画】 フランク・ウィリアムズ、ハミルトンの運転で同乗走行

2020年4月18日
【F1動画】 フランク・ウィリアムズ、ハミルトンの運転で同乗走行
ウィリアムズF1チームの創設者であるフランク・ウィリアムズが4月16日(木)に78歳の誕生日を迎えた。

1969年にプライベートチームを率いてF1に参戦したフランク・ウィリアムズは、1977年にウィリアムズF1チームを設立。事故による肉体的ハンデがありながらも一線で指揮を執り、同チームを名門に育て上げた“車椅子の闘将”と呼ばれている。

F1王者ルイス・ハミルトン、無冠の帝王スターリング・モスを偲ぶ

2020年4月13日
F1王者ルイス・ハミルトン、無冠の帝王スターリング・モスを偲ぶ
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンが90歳で亡くなったスターリング・モスを偲んだ。

メルセデスとの関係を通じて、ルイス・ハミルトンとスターリング・モスは、2013年にシルバーストン、2015年にモンツァでハミルトンがモスのF1マシン運転するなど、さまざまなイベントで対面した。

F1:バリチェロ 「ハミルトンの方がアロンソより優れたドライバー」

2020年4月11日
F1:バリチェロ 「ハミルトンの方がアロンソより優れたドライバー」
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、ルイス・ハミルトンの方がフェルナンド・アロノソよりも優れたドライバーだと考えている。

ルイス・ハミルトンは6回のF1ワールドチャンピオンであるにも関わらず、過去のチャンピオンほど高い評価を得られていない。一方、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソはF1史上最も優れたドライバーのひとりとして評価されている。

F1見聞録:ロン・デニスがハミルトンに植え付けた“犠牲の必要性”

2020年4月10日
F1見聞録:ロン・デニスがハミルトンに植え付けた“犠牲の必要性”
元マクラーレンのボスであるロン・デニスは、ルイス・ハミルトンの責任感と“犠牲の必要性”は自分がキャリア初期の段階で提供したガイガンスに由来するものだと語る。

ルイス・ハミルトンは、カート時代の10歳のときにAutosport Awardsで初めてロン・デニスと初めて会った。自らロン・デニスに近づき、「僕はルイス・ハミルトンと言います。いつか、あなたのためにレースをしたいと思っています」と告げとのは有名なエピソ-ドだ。

F1:ルイス・ハミルトンの給与はモンスターエナジーが負担増額

2020年4月7日
F1:ルイス・ハミルトンの給与はモンスターエナジーが負担増額
メルセデスは、F1活動を継続したいと考えているが、今後数年間でF1へのコスト削減を真剣に考えている。ルイス・ハミルトンの給与はそれには適合しないが、チームは解決策を見つけた。

ダイムラーの会長にオラ・ケレニウスが就任して以来、メルセデスのF1継続が疑問視されるようになった。オラ・ケレニウスは、リストラを含めたコスト削減策を実施しており、F1チームの予算についても引き締めを望んでいる。

F1:ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル、給与減額を申し出

2020年4月3日
F1:ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル、給与減額を申し出
ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールは、新型コロナウイルスによる財政問題からチームを救うために給与減額を申し出ていると Express が報じている。

F1にはまだレースをすることができておらず、F1チームの多くの収入が失われている。スポンサー契約は、主に実行されているレースの数に基づいており、マーチャンダイジングの販売による収益も見込めない。

元マクラーレンのメンバー、F1ハンガリーGPのアロンソ/ハミルトンを回顧

2020年3月30日
元マクラーレンのメンバー、F1ハンガリーGPのアロンソ/ハミルトンを回顧
マクラーレンF1チームでメカニックとして働いていたマーク・プレーストリーが、2007年のF1ハンガリーGPでのルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソの事件を振り返った。

2007年のF1ハンガリーGPの予選は両ドライバーの戦いが沸点に達したレースだった。予選Q3セッションの最終段階でマクラーレンの両方のドライバーに新品のタイヤセットを履かせることが決定するまで大きな事故なく進行していた。

F1解説者 「ハミルトンはフェルスタッペン攻撃性に耐えられない」

2020年3月30日
F1解説者 「ハミルトンはフェルスタッペン攻撃性に耐えられない」
2020年のF1世界選手権はいまだ開幕の目途が立たず、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの特設対決にはもうしばらく待たなければならない。元F1テクニカルディレクターのゲイリー・アンダーソンも残念に思っているが、すでにその戦いの本命を定めている。

「それは我々全員が見たい戦いだ」とゲイリー・アンダーソンは The Race のインタビューで語った。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム