レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンの無線はちょっと芝居がかりすぎ」

2021年9月8日
レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンの無線はちょっと芝居がかりすぎ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オランダGPでのメルセデスのフェアな戦いぶりを称賛しつつも、ルイス・ハミルトンの無線は“わざとらしい”と指摘する。

マックス・フェルスタッペンは、ホームレースとなったF1オランダGPでポールポジションを獲得。ルイス・ハミルtノンは、わずか0.038秒差の2番手につけ、激しい決勝を予感させた。

ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンのスタートはホンダF1の改善の現れ」

2021年9月8日
ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンのスタートはホンダF1の改善の現れ」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1オランダGPのマックス・フェルスタッペンの“ロケットスタート”は、ホンダがF1パワーユニットで成し遂げたゲインを強調していると語る。

ホンダF1は、近シーズン末の差し迫ったF1撤退を前に、2022年に予定されていた新型エンジンを前倒しで開発して、2021年に導入した。現時点でコンストラクターズ選手権ではメルセデスがレッドブル・ホンダに12ポイント差をつけているが、メルセデスが4勝なのに対し、レッドブル・ホンダは8勝を挙げている。

メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」

2021年9月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを迎えるという決断について語った。

バルテリ・ボッタスのアルファロメオF1移籍発表に続き、メルセデスは9月7日(水)にジョージ・ラッセルを2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトに迎えることを発表した。

ハミルトン、ラッセルの加入を歓迎 「協力するのを楽しみにしている」

2021年9月7日
ルイス・ルイス・ハミルトン、ラッセルの加入を歓迎 「協力するのを楽しみにしている」 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンが、2022年に新しいチームメイトとして加入することが決定したジョージ・ラッセルについて語った。

メルセデスF1は9月7日(水)、2022年にバルテリ・ボッタスの後任としてジョージ・ラッセルが加入することを発表。36歳のハミルトンと23歳のラッセルという13歳差のコンビが誕生する。

ルイス・ハミルトン 「ボッタスはこれまでで最高のチームメイトだった」

2021年9月7日
ルイス・ハミルトン 「ボッタスはこれまでで最高のチームメイトだった」 / メルセデスF1で5年間共闘
メルセデスF1のルイス・ハミルトンが、今シーズン限りでチームを離れ、2022年からアルファロメオに移籍することを発表したバルテリ・ボッタスへのコメントを発表した。

バルテリ・ボッタスは、2017年にニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスに移籍。ルイス・ハミルトンとともにコンストラクターズタイトル4連覇を達成してきた。

ルイス・ハミルトン 「戦略はベストではなかったがペースも敵わなかった」

2021年9月6日
ルイス・ハミルトン 「戦略はベストではなかったがペースも敵わなかった」 / メルセデス F1オランダGP 決勝
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1オランダGPのレースを2位でフィニッシュ。戦略はベストではなかったが、それがなくてもマックス・フェルスタッペンのペースには敵わなかったと認める。

2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、ポールスタートのマックス・フェルスタッペンに3秒差でついていき、20周目に先にミディアムタイヤに交換。だが、翌周にピットインしたフェルスタッペンは、ハミルトンの2秒前でコースに復帰した。

ルイス・ハミルトン、僅差の2番手 「決勝は戦略が大きな役割を果たす」

2021年9月5日
ルイス・ハミルトン、僅差の2番手 「決勝は戦略が大きな役割を果たす」 / メルセデス F1オランダGP 予選
メルセデスのルイス・ハミルトンは、2021年F1オランダGPの予選を2番手で終えた。

初日のFP2でエンジン故障に見舞われて3周しかできなかったルイス・ハミルトンは、劣勢に立たされて土曜日を迎えたが、現役ワールドチャンピオンの実力を見せ、予選Q3の最後のアタックでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に0.038秒差まで迫った。

メルセデスF1、ハミルトンのエンジン問題は「オイルシステムの異常動作」

2021年9月4日
メルセデスF1、ハミルトンのエンジン問題は「オイルシステムの異常動作」 / F1オランダGP 金曜フリー走行
メルセデスF1は、F1オランダGPでルイス・ハミルトンの走行を早期に切り上げることになったエンジン問題は“オイルシステムの異常動作”が原因だったと説明した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、初走行となるザントフォールトでのFP1でトップタイムを記録し、完璧な方法で週末をスタートしていた。

F1オランダGP FP2:エンジントラブルでルイス・ハミルトンが走行終了

2021年9月3日
F1オランダGP FP2:エンジントラブルでルイス・ハミルトンが走行終了
F1オランダGPのフリー走行2回目の開始早々にルイス・ハミルトン(メルセデス)にエンジントラブルが発生。ハミルトンはセッションを早々に切り上げることになった。

FP1では、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)のエンジンがブローしてセッションは35分間にわたって中断。初走行となるザントフォールトで走行時間が失われたことで、FP2では走行を重ねることがより重要となった。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム