ルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」

2022年6月27日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1シーズンの後半はグランプリ週末で実験的なセットアップで走行する頻度が減ることを期待している。

メルセデスF1は、グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった2022年の新世代F1マシンで“ポーパシング(ポーポイズ現象)”に酷く苦しんでおり、ルイス・ハミルトンはW13のポテンシャルを解放する方法を明らかにするためにレース週末にセットアップで実験を行ってきた。

ルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」

2022年6月26日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」
メルセデスF1のルイスハミルトンは、ポーパシング対策としてW13の車高をこれ以上上げることはできないと語る。

今シーズン、メルセデスF1は最もポーパシングの問題に苦しんでいるチームといっても過言ではない。その結果、スピードが不足しているだけでなく、車が繰り返し激しく地面に叩きつけられることで、ドライバーの身体面にも影響が及んでいる。

ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持

2022年6月22日
ルイス・ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持
ルイス・ハミルトンは、Sky Sports F1の評論家チームに加わったことで批判を受けたナオミ・シフを擁護した。

南アフリカで育ち、英国に移住する前に南アフリカで育ったルワンダン-ベルギー出身のレーシングドライバーであるナオミ・シフは、2022年にSky Sports F1チームに加わった。2019年にWシリーズに参戦していたナオミ・シフは、放送と専門家のスキルを提供している。

ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」

2022年6月21日
ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」
ルイス・ハミルトンは、3位表彰台を獲得したカナダグランプリでのメルセデスF1のポーパシングは「最大限でも2G~3G」だったとし、ドライバーにとって大きな助けになったと明かした。

メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリの至る所でW13のポーパシングとバウンシングに苦しんだ。それはルイス・ハミルトンの身体に影響を与え、背中を痛めたハミルトンは、4位でフィニッシュした後、車から降りるのに苦しんだ。

ルイス・ハミルトン 今季2度目の3位表彰台 「この車はここからが本番」

2022年6月20日
ルイス・ハミルトン 今季2度目の3位表彰台 「この車はここからが本番」 / メルセデス F1カナダGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝で今季2度目となる3位表彰台を獲得した。

金曜日のプラクティスでセットアップの方向を間違えた後、ルイス・ハミルトンは予選で状況を好転させ、4番グリッドを確保。決勝では1つポジションを上げ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とカルロス・サインツ(フェラーリ)に次ぐ3位でフィニッシュした。

ルイス・ハミルトン 「4番手でここまでうれしいのは2007年の予選以来」

2022年6月19日
ルイス・ハミルトン 「4番手でここまでうれしいのは2007年の予選以来」 / メルセデス F1カナダGP 予選
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選を4番手で終えた。

雨が多くの混乱をもたらしたF1カナダグランプリの予選は経験が物をいう結果となった。これまで車に苦しんできたルイス・ハミルトンだが、難しいコンディションで本領を発揮し、4番手で予選を終えた。

ルイス・ハミルトン 「モントリオールで経験したなかで最悪の感触」

2022年6月18日
ルイス・ハミルトン 「モントリオールで経験したなかで最悪の感触」 / メルセデス F1カナダGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を13番手で終えた。

未だバウンシングの問題を解決できていないメルセデスF1は、フリー走行1回目にルイス・ハミルトンのマシンで新しいフロアを試したが、うまく機能しなかったとハミルトンは明かす。

ルイス・ハミルトン、背中痛で「10秒の脱出時間を満たせなかったと思う」

2022年6月18日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、背中痛で「10秒の脱出時間を満たせなかったと思う」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、背中の痛みがひどかったので、アゼルバイジャングランプリで自分の車から脱出するために必要な時間を満たせなかっただろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1が極端な高速域でのはウンシングに見舞われたバクーでのレースの後、車から降りるのに苦戦していた。

ルイス・ハミルトン 「ラッセルとは異なる実験的なパーツのテストを担当」

2022年6月15日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「ラッセルとは異なる実験的なパーツのテストを担当」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャングランプリでチームメイトのジョージ・ラッセルよりも激しくバウンシングしていたのは、W13で実験的なパーツを走らせていたためだと説明した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、アゼルバイジャングランプリで酷い背中の痛みを訴えたレースで、ジョージ・ラッセルのすぐ後ろの4位でレースを終えた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム