F1 | ルイス・ハミルトン、“過去10年で最も稼いだアスリート”で10位

2019年12月26日
F1
6回のF1ワールドチャンピオンであるメルセデスのルイス・ハミルトンが、経済紙フォーブスが発表した『過去10年で最も稼いだアスリート』で10位にランクインした。

2012年にマクラーレンを離れたメルセデスに移籍するというルイス・ハミルトンの決断は、当時、多くの人々がリスクが高い移籍だと見なしていた。

【動画】 ルイス・ハミルトン、F1タイトルを獲得した6台のマシンと再会

2019年12月25日
【動画】 ルイス・ハミルトン、F1タイトルを獲得した6台のマシンと再会
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンが、過去にF1ワールドチャンピオンを獲得した6台のF1マシンと再会した。

今年、ルイス・ハミルトンは昨年に匹敵する11勝を挙げ、全ラップを完走して全戦で入賞を果。413ポイントというF1史上最多となるポイントを獲得し、自身6回目となるF1ワールドチャンピオンを獲得。ミハエルシューマッハの7回のワールドチャンピオン記録まであと一つに迫った。

ルイス・ハミルトン、カーナンバー44でキャリアをスタートした理由

2019年12月21日
ルイス・ハミルトン、カーナンバー44でキャリアをスタートした理由
メルセデスのルイス・ハミルトンは、有名なカーナンバー“44”の背後にあるストーリーを知らない人のためにBBCスポーツパーソナリティオブザイヤー授賞式でその由来を語った。

ルイス・ハミルトンは、FIAがドライバー自身でカーナンバーを選択できるようになった2014年以来、F1で44を使用しているが、2桁の数字はゴーカート時代からのお気に入り番号でもあった。

「2021年はハミルトンがフェラーリに移籍するタイミングではない」

2019年12月20日
「2021年はハミルトンがフェラーリに移籍するタイミングではない」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、ルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍するには2021年は適切なタイミングではないと考えている。

2020年末でメルセデスとの契約が期限を迎えるルイス・ハミルトンは、フェラーリのジョン・エルカン会長と面談した事実を認めており、2021年のフェラーリ移籍の噂が熱を帯びている。

F1上層部、絶対王者ルイス・ハミルトン引退後のスター誕生に取り組む

2019年12月18日
F1上層部、絶対王者ルイス・ハミルトン引退後のスター誕生に取り組む
F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、マックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールといった若い才能が、ルイス・ハミルトンが引退した場合にできるであろう大きな穴を埋めてくれることを期待していると語る。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1での記録とプロフィールの両方で仲間のドライバーを大きく上回っている。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンが特別じゃないとは言ってない」

2019年12月16日
マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンが特別じゃないとは言ってない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが“特別”なドライバーではないとは言っていないと主張。6回のF1ワールドチャンピオンであるハミルトンは、F1のベストドライバーの一人だと語った。

今シーズン後半にレッドブル・ホンダとフェラーリがパフォーマンスを急上昇させたことで勝利を挑まれたルイス・ハミルトンだったが、それほど手間をかけずにドライバーズタイトルを連覇し、史上最多記録の保持者であるミハエル・シューマッハにあと1回に迫った。

「ハミルトンはフェラーリF1移籍に傾いているはず」とエディ・ジョーダン

2019年12月16日
「ハミルトンはフェラーリF1移籍に傾いているはず」とエディ・ジョーダン
元F1チーム代表であるエディ・ジョーダンは、ルイス・ハミルトンがメルセデスとの現在の契約が失効した後、2020年にフェラーリに移籍することに間違いなく惹かれていると考えている。

「2021年にルイス・ハミルトンがフェラーリに移ることは絶対に確信している」とエディ・ジョーダンは Top Gear にコメント。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンはメルセデスF1に残留する」

2019年12月14日
マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンはメルセデスF1に残留する」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンにとってメルセデスを離れるという選択肢はないと考えている。

メルセデスの契約が2020年で満了するルイス・ハミルトンは、2021年にフェラーリに移籍するとの推測が強まっており、フェラーリもハミルトンも移籍の可能性は否定していはない。

フェラーリCEO 「ルイス・ハミルトンとの面談は大袈裟に騒がれすぎ」

2019年12月13日
フェラーリCEO 「ルイス・ハミルトンとの面談は大袈裟に騒がれすぎ」
フェラーリのCEOを務めるルイ・カミレッリは、今年初めにジョン・エルカン会長とルイス・ハミルトンとの間で行われた面談は“大袈裟に騒がれ過ぎ”だと語った。

最終戦F1アブダビGPの週末、ルイス・ハミルトンとフェラーリのジョン・エルカン会長が2019年に2度の面談を行ったと報じられ、ハミルトンもその事実を認めたことから、2021年にハミルトンがフェラーリに移籍するとの推測が広まった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム