メルセデスF1代表 「ハミルトンのアンバサダー契約は交渉に含まれない」

2023年8月6日
メルセデスF1代表 「ハミルトンのアンバサダー契約は交渉に含まれない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがF1引退後にメルセデスのアンバサダーとしての役割を果たす可能性は契約交渉には含まれていないと語った。

メルセデスとハミルトンは、7度のワールドチャンピオンであるハミルトンが、長年にわたって彼の家族代わりとなってきたブラックリーのチームを離れるつもりはないと何度も主張しているにもかかわらず、1年の大半にわたって話し合いを続けている。

メルセデスF1代表 「ハミルトンを残留させるためにできることはすべてやる」

2023年8月5日
メルセデスF1代表 「ハミルトンを残留させるためにできることはすべてやる」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンを2023年以降もチームに残留させるために「できることはすべてやっている」と主張した。

7度のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2021年に結んだメルセデスとの最新契約の最終年を迎えており、新たな契約をめぐって数カ月にわたって話し合いが続けられてきた。

ハミルトン、メルセデスF1との2024年の契約交渉は「ジェットコースター」

2023年8月4日
ハミルトン、メルセデスF1との2024年の契約交渉は「ジェットコースター」
ルイス・ハミルトンは、2024年もメルセデスF1のドライバーであり続ける「計画」だと主張し続けている。

メルセデスF1のチーム代表のトト・ヴォルフは、2人が「感情的」に 新契約に合意したものの、まだサインは契約書に書かれていないと述べている。

メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「大きなバウンシングが再発」

2023年7月31日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「大きなバウンシングが再発」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、ベルギーGPの週末を通してW14の「大きなバウンシング」に悩まされていたと語った。

ポーパシングとバウンシングは、メルセデスF1が最終的に克服するまで、昨シーズンの長期間にわたって先代マシンのW13を妨げていた問題でした。

メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「ギャップを狙わないのはレースではない」

2023年7月30日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「ギャップを狙わないのはレースではない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPスプリントでセルジオ・ペレス(レッドブル)のリタイアに繋がった接触における自身の行動を弁明した。

ハミルトンとペレスはスタブロの出口で4番手争いを繰り広げ、ペレスは順位を落としてグラベルに突っ込み、ダメージを負ってピットに戻ってリタイアした。

レッドブルF1代表 「ハミルトンはペレスのサイドポッドに大きな穴を開けた」

2023年7月30日
レッドブルF1代表 「ハミルトンはペレスのサイドポッドに大きな穴を開けた」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ベルギーGPスプリントレースでルイス・ハミルトンがセルジオ・ペレスのサイドポッドに“大きな穴”を開けたと非難した。

2人はスタブロ(ターン15)で4番手争いを繰り広げた際に接触し、ペレスはその余波で劇的なパフォーマンス低下に見舞われ、1周後に同じコーナーでグラベルに突っ込み、レッドブルからリタイアを求められた。

メルセデスF1のハミルトン、スプリント予選でのラッセルの反応に苛立ち

2023年7月29日
メルセデスF1のハミルトン、スプリント予選でのラッセルの反応に苛立ち
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、チームメイトのジョージ・ラッセルとのインシデントによってF1ベルギーGPのスプリントレースでフロントスタートができなくなったと考えており、苛立ちを隠せなかった。

メルセデスF1勢は、土曜日にスパ・フランコルシャンで行われたスプリントシュートアウトで互いに最終ラップを危うくした。ラッセルがロックアップしたため、ハミルトンはチームメイトを避けてオーバーテイクする必要があった。

メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「セットアップは推理ゲームだった」

2023年7月29日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「セットアップは推理ゲームだった」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2023年F1第13戦ベルギーGPの予選を4番手で終えた。

「今日の結果には満足している。絶えず乾いていたので、慌ただしいセッションだった。序盤はとても滑りやかったし、視界がチャレンジだった。周回ごとに乾いていくにつれて改善するので、それを最大化する必要があった」とルイス・ハミルトンはコメント。

ルイス・ハミルトン、F1アカデミーへのF1チームの新たな関与を称賛

2023年7月29日
ルイス・ハミルトン、F1アカデミーへのF1チームの新たな関与を称賛
ルイス・ハミルトンは、F1とF1アカデミーがスポーツへの女性の参加を増やすために取った「ステップ」を称賛した。これは、全10のF1チームが2024年シーズン、1人のドライバーと1台のマシンを彼らのカラーリングで起用することに合意したという発表を受けてのものだ。

マネージングディレクターのスージー・ヴォルフが率いる女性だけのレースシリーズであるF1アカデミーは、初シーズンを迎えており、現在5チーム(各チームは3人のドライバーと3台のマシンで構成)、合計15人のドライバーとマシンがグリッドに並んでいる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム