ハミルトン、ブラッド・ピット主演のF1映画の脚本に協力も「出演はしない」

2022年6月14日
ルイス・ハミルトン、ブラッド・ピット主演のF1映画の脚本に協力も「出演はしない」
ルイス・ハミルトンは、ブラット・ピットが主演し、トップガンの制作チームがタッグを組むF1映画の制作に携わっている。

タイトル未定のこの映画は、『トップガン・マーヴェリック』のジョセフ・コシンスキーが監督を務め、脚本は同作のアーレン・クルーガー、プロデューサーは「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られるジェリー・ブラッカイマーが務めるという。

F1ドライバー、メルセデス勢以外もポーパシングに懸念を表明

2022年6月14日
F1ドライバー、メルセデス勢以外もポーパシングに懸念を表明
新世代F1マシンのポーパシング問題は、ストリート・サーキットで開催されたアゼルバイジャングランプリでドライバーの間でひときわ蔓延した。

グラウンドエフェクト効果のコンセプトへの切り替えが見られた現在のF1レギュレーションは、マシンが上下に振動する“ポーパシング”もしくは“バウンシング”として知られる副作用をもたらした。

ルイス・ハミルトン、背中を負傷も「F1カナダGPを欠場することはない」

2022年6月14日
ルイス・ハミルトン、背中を負傷も「F1カナダGPを欠場することはない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、背中の重大な痛みに苦しんでいるにも関わらず、今週末のカナダグランプリでレースをすると宣言した。

メルセデスF1は、“ポーパシング”もしくは“バウンシング”に最も打撃を受けたチームであり、ルイス・ハミルトンは日曜日のアゼルバイジャングランプリで「背中の痛みに耐えられない」と無線で語り、「レースが終わるのを祈っていた」とレース後に語っていた。

ルイス・ハミルトン、背中の激痛に耐え4位「レースが終わることを祈った」

2022年6月13日
ルイス・ハミルトン、背中の激痛に耐え4位「レースが終わることを祈った」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリを4位でフィニッシュ。51周のレース中に車のバウンシングによる背中の激痛に耐えて「終わることを祈っていた」と振り返った。

メルセデスF1は、バクーで目覚ましい結果を出し、ジョージ・ラッセルが3位表彰台、ルイス・ハミルトンがは4位でチェッカーを受けた。

ルイス・ハミルトン 「バウンシングで背中がめちゃくちゃ痛い」

2022年6月12日
ルイス・ハミルトン 「バウンシングで背中がめちゃくちゃ痛い」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 予選
ルイス・ハミルトンは、バクー・シティ・サーキットの高速域で車がバウンシングしているため、アゼルバイジャングランプリの週末に背中の痛みに苦しんでいると語る。

メルセデスは2022年シーズンの大部分を通じて深刻なポーパシングに苦しんでおり、フェラーリやレッドブルのペースから外れ、フィールドの前線で競争することができていない。

ルイス・ハミルトン 「バウンシングがきつい。1.6秒差の多くはストレート」

2022年6月11日
ルイス・ハミルトン 「バウンシングがきつい。1.6秒差の多くはストレート」  / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの金曜フリー走行を12番手で終了。ストレートで大きくタイムを失っていると語った。

メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリで再びミッドフィールドの先頭をかけて戦うことになりそうだ。ルイス・ハミルトンは、FP2のペースセッターのシャルル・ルクレールよりも1.6秒以上遅かった。

ルイス・ハミルトン 「スペインで投入のアップグレードは万能ではない」

2022年6月11日
ルイス・ハミルトン 「スペインで投入のアップグレードは万能ではない」 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、スペインで投入したアップグレードは万能ではなく、バクー・シティ・サーキットは、W13にとって「素晴らしいものではない」が、チームのパフォーマンスはモナコよりもいいと予想している。

メルセデスF1は、ライバルのレッドブルとフェラーリのペースから遅れをとって2022年シーズンをスタート。特にポーパシングの問題によって、車高を理想よりも上げなければならなかったことでパフォーマンスに影響を与えた。

ルイス・ハミルトン 「なぜ僕がF1を引退しなければならない?」

2022年6月8日
ルイス・ハミルトン 「なぜ僕がF1を引退しなければならない?」
ルイス・ハミルトンは、40歳でレースを続けたいかどうかは定かではないが、F1にまだ「疲れていない」と語った。

7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2025年1月に40歳になる、したがって、ハミルトンは30代であと2年間F1でフルシーズンを戦う可能性がある。

レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンを見限るべきではない」

2022年6月7日
レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンを見限るべきではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが2022年のF1世界選手権について「卵がかえらないうちからヒナの数を数えるようなことはしない(捕らぬ狸の皮算用)」と語る。

マックス・フェルスタッペンは世界選手権をリードしており、チームメイトのセルジオ・ペレスはモナコで優勝して、ランキング2位のシャルル・ルクレールから6ポイント差につけた。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム