F1 | 「ハミルトンはセナやシューマッハよりも優れた才能」とバリチェロ

2020年1月24日
F1
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、ルイス・ハミルトンはすでにF1史上最高のドライバーであり、F1の伝説であるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハよりも優れているかもしれないと語る。

F1では、世代を超えて誰が最も偉大なドライバーであるかの議論が常に行われているが、マシン性能やレース数といった違いを理由に明確な答えを出すことは困難だ。

メルセデスF1 「ルイス・ハミルトンとの契約延長が最優先事項」

2020年1月24日
メルセデスF1 「ルイス・ハミルトンとの契約延長が最優先事項」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがチームを去ることを決めた場合、メルセデスは代わりに優れたドライバーを引き付けることができるが、6回のF1ワールドチャンピオンを保持することがチームの最優先事項だと認める。

3強チームのなかで、フェラーリはシャルル・ルクレール、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンとの契約を複数年延長。ルイス・ハミルトンは新たに2年間契約を延長するとの噂が浮上している。

F1 | ルイス・ハミルトン、7回目の王座にむけて「若手の2倍の努力が必要」

2020年1月22日
F1
ルイス・ハミルトンは、7回目のF1ワールドチャンピオン獲得に挑む2020年のF1世界選手権にむけて“これまで以上に調子はいい”と感じているが、若手ドライバーと対決するためには“2倍の努力が必要”だと語る。

今年で35歳になったルイス・ハミルトンはF1グリッドに2番目に年長のドライバーとなり、昨年はマックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールといった若手から真剣な挑戦を受ける立場となった。

レッドブルF1 「ハミルトンが世代交代の波にどう対処するかは魅力的」

2020年1月20日
レッドブルF1 「ハミルトンが世代交代の波にどう対処するかは魅力的」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、マックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールといった新世代の若手ドライバーたちの波にどれだけ耐えられるかを見ていくのは魅力的だと語る。

2019年のF1世界選手権では、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがルイス・ハミルトンのタイトル防衛を止めることはできなかった。

F1 | ルイス・ハミルトン、メルセデスと2022年まで契約を延長との報道

2020年1月19日
F1
ルイス・ハミルトンは、メルセデスとの契約を2022年まで2年間延長する交渉が“かなり進行した段階”にあると Gazzetta dello Sport が報じている。

2020年にメルセデスとの現在の契約が失効するルイス・ハミルトンは、昨年末、フェラーリの会長と面談したことが報じられており、2021年のフェラーリ移籍が強く噂されている。

F1 | アロンソ 「ルイス・ハミルトンの今の私生活はメルセデスのおかげ」

2020年1月17日
F1
元F1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトンがメルセデスではなく“普通のマシン”でF1でレースをしていたら、現在の性格と贅沢なライフスタイルを手に入れることはできなかっただろうと語る。

昨年、ルイス・ハミルトンは自身6回目のF1ワールドチャンピオンを獲得。2020年には破られることはないと思われていたミハエル・シューマッハの7回というF1ワールドチャンピオン記録に匹敵することが期待されている。

F1 | ゲルハルト・ベルガー、ルイス・ハミルトンとアイルトン・セナを比較

2020年1月14日
F1
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、ルイス・ハミルトンとアイルトン・セアを敢えて比較。ハミルトンはF1史上最高のドライバーになりつつあると語った。

昨年、ルイス・ハミルトンは自身6回目のF1ワールドチャンピオンを獲得。誰にも破られることはないと思われていたミハエル・シューマッハの7回まであと1回に迫り、F1最多勝利記録さえも射程圏内に収めている。

ルイス・ハミルトン、オーストラリアの山火事救済に約5500万円を寄付

2020年1月10日
F1
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、大規模の山火事が続いているオーストラリアに50万ドル(約5500万円)を寄付した

オーストラリアのニューサウスウェールズ州では、昨年9月から熱波による森林火災が継続。1月2日には州政府が今季3回目の非常事態を宣言。昨年9月以降、1月4日までで死者は計18人、家屋の焼失は1300棟以上に上る。

ルイス・ハミルトン 「縁石ではベッテルのフェラーリの方が安定していた」

2020年1月7日
ルイス・ハミルトン 「縁石ではベッテルのフェラーリの方が安定していた」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスは2020年F1マシン『W11』に“根本的”な改良を加えなければならないとし、パンプや縁石ではセバスチャン・ベッテルのフェラーリの方が優れていたと振り返る。

メルセデスは、2019年のF1世界選手権でルイス・ハミルトンが6回目のドライバーズタイトルを獲得、チームもコンストラクターズタイトルを制し、両方のタイトルで前人未到の6連覇を成し遂げた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム