F1:ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンとの関係崩壊を語る

2022年7月18日
F1:ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンとの関係崩壊を語る
ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、F1に到達するまでジュニアカテゴリーでお互いに切磋琢磨してきた長年の友人だった。しかし、2013年にメルセデスF1でチームメイトになったことで、その関係はすぐに悪化した。

ニコ・ロズベルグは、メルセデスが2009年の終わりにブラウンGPを引き継いだときから、ミハエル・シューマッハと一緒にすでにチームに所属していた。最初はすべて順調だったが、チームとそのドライバーが本物のタイトル候補になった2014年にすべてが変わった。

ルイス・ハミルトン、F1ファンに発煙筒の環境への影響を提起

2022年7月15日
ルイス・ハミルトン、F1ファンに発煙筒の環境への影響を提起
ルイス・ハミルトンは、F1オーストリアグランプリで大量の発煙筒が使用されたことを受け、F1ファンに環境への影響を提起した。

レッドブルリンクでは、マックス・フェルスタッペンをサポートする“オレンジアーミ”に加えて、多くのF1ファンがレースの開始時と終了時にオレンジ色の発煙筒を焚いた。その結果、煙のなかをF1マシンが走行するイメージが生まれた。

ルイス・ハミルトン 「リビルドされたW13の感触はやっぱり違っていた」

2022年7月11日
ルイス・ハミルトン 「リビルドされたW13の感触はやっぱり違っていた」 / メルセデス F1オーストリアGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの決勝で3位表彰台を獲得したが、予選後にクラッシュを受けてスペアシャシーでリビルドされたW13の感触はこれまでとまったく同じではなかったと語る。

ルイス・ハミルトンは、金曜日の予選Q3で激しいクラッシュを喫して9番手からスプリントをスタートし、決勝に向けてスターティンググリッドを8番手まで改善した。予選前、ルイス・ハミルトンは、W13はトップ3を争える車のように思えると感じていただけに、残念な出来事だった。

ルイス・ハミルトン 「ガスリーが前を横切った理由が理解できない」

2022年7月10日
ルイス・ハミルトン 「ガスリーが前を横切った理由が理解できない」 / メルセデス F1オーストリアGP スプリント
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリのスプリントを8位で終えた。

金曜日の予選Q3でクラッシュを喫したルイス・ハミルトンは、土曜日にスペアシャシーに交換。9番グリッドからスタートしたスプリントでは、ターン1でピエール・ガスリーと接触し、ターン3へのランでさらに接触し、1周目の終わりに11番手に順位を下げた。

ルイス・ハミルトン、観客に苦言「クラッシュを喜ぶべきではない」

2022年7月10日
ルイス・ハミルトン、観客に苦言「クラッシュを喜ぶべきではない」 / F1オーストリアGP
ルイス・ハミルトンは、F1オーストリアグランプリで自分がクラッシュするのを見てマックス・フェルスタッペンのファンが歓声を上げたことを“mind-blowing(精神または感情に激しく影響を与えた/衝撃的)”と表現した。

ルイス・ハミルトンは、Q3のアタックラップでコントロールを失ってターン7のバリアにクラッシュ。ハミルトンは無傷だったが、直後に「ビッグヒット」だったと主張、実際、メルセデスF1はフリープラクティス2までにハミルトンのW13をスペアシャシーに交換する必要があった。

メルセデスF1、ルイス・ハミルトンのモノコックを交換

2022年7月9日
メルセデスF1、ルイス・ハミルトンのモノコックを交換 / オーストリアグランプリ
メルセデスF1は、金曜日の予選でクラッシュを喫したルイス・ハミルトンの車のモノコックを交換した。

ルイス・ハミルトンは、予選Q3の序盤にターン7でコントロールを失って正面からバリアにクラッシュ。車はかなりのダメージを負っているように見えた。

メルセデスF1は、土曜日のセッションに向けてモンコックを交換。土曜日に朝にサーキット入りしてメカニックの作業を見守ったルイス・ハミルトンは「全員が本当に素晴らしい仕事をしている」と称賛した。

ルイス・ハミルトン Q3でクラッシュ 「自分自身に信じられないくらい失望」

2022年7月9日
ルイス・ハミルトン Q3でクラッシュ 「自分自身に信じられないくらい失望」 / メルセデス F1オーストリアGP 予選
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの予選でクラッシュを喫して10番手だった。

フリー走行1からトップ5以内につけていたルイス・ハミルトンは、予選を迎えても上位でセッションを進めていた。しかし、予選Q3でターン7でコントロールを失ったバリアにクラッシュ。10番手でセッションを終えた。

ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす

2022年7月8日
ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1がイギリスグランプリで戦略を間違えたというレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーの提案を笑い飛ばした。

先週末のシルバーストンでのレース後、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のタイヤ戦略がフェラーリを「窮地から救った」と語った。クリスチャン・ホーナー、33周目にルイス・ハミルトンにより速いソフトではなくハードを履かせるという決定が、メルセデスが2022年の初勝利を犠牲にしたと感じている。

フェルスタッペンが語る「ルクレールとハミルトンとのF1タイトル争いの違い」

2022年7月7日
マックス・フェルスタッペンが語る「ルクレールとハミルトンとのF1タイトル争いの違い」
マックス・フェルスタッペンは、今年のレッドブル・レーシングとフェラーリとの間には、2021年のメルセデスF1との関係よりも「リスペクト」があると感じており、シャルル・ルクレールとの長年の付き合いとライバル関係がバトルに「大いに役立っている」と説明する。

昨年のマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトン/メルセデスF1とのバトルは、特にシルバーストンでの劇的な衝突を含めて、何度と沸点に達した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム