F1チーム、F1の商業権所有に関心

2011年5月7日
F1
FOTAの会長を務めるマーティン・ウィットマーシュは、F1チームがF1の所有に関心を示していると発表した。

来週末、マクラーレン、フェラーリ、レッドブル、メルセデスの「トップ4」チームが、F1の商業権獲得を目指しているニューズ・コーポレーションの代表と会談するという報じられるなか、マクラーレンのチーム代表でもあるマーティン・ウィットマーシュは、F1チームも関心を持っていることを明かした。

F1チーム、F1バーレーンGP開催の可否はFIAに委ねる

2011年2月19日
F1チーム ハーレーンGP
F1チームは、バーレーンGPを開催するか中止にするかはバーレー・エクレストンとFIAの判断に従うことに決めたようだ。

2011年のF1開幕戦はバーレーンで予定されているが、反政府デモの激化によりGP2アジアのレースが中止になるなど、安全面を含めたレース開催の是非が議論されている。

ヒスパニア・レーシング、FOTAからの追放を否定

2011年1月15日
ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングのチーム代表コリン・コレスは、チームが会費を支払わなかったためにFOTAから追放されたというFOTA側の主張を否定した。

ヒスパニア・レーシングの広報は、FOTAが大規模チームを優遇しているため脱退したと述べていたが、FOTAの事務局長シモーネ・ペリロは、チームが10万ユーロ(約1,100万円)の年会費を支払わなかったと説明していた。

FOTA、ヒスパニア・レーシングの会費未払いを認める

2011年1月11日
ヒスパニア・レーシング FOTA
ヒスパニア・レーシングは、昨年の会費を支払わなかったためFOTAを去ることになったようだ。

ヒスパニア・レーシングの広報は、FOTAが「小規模チームよりも大規模チームを優先しているため」FOTAから脱退することに決定と主張していた。

「我々の利益にとっては、そこにいても意味がない」と広報は述べていた。

ヒスパニア・レーシング、FOTAを脱退

2011年1月10日
ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングが、FOTAから脱退したと The F1 Times が報じている。

ヒスパニア・レーシングのスポークスマンは、脱退したのは12月下旬とし、“規模の大きいチームを優先している”とFOTAの政治観を非難した。

「我々(ヒスパニア・レーシング)が12月にFOTAを脱退したのは確かです」とスポークスマンは The F1 Times にコメント。

F1チーム、新たなコスト削減プログラムに合意

2010年10月29日
F1 コスト削減
F1チームは、コスト削減プログラムであるリソース・リストリクション・アグリーメント(RRA)の新たな条件に合意した。

2012年に失効となる現在の合意では、各チームの対外的なサービスへのコストは4,000万ユーロ(約45億1,500万円)に制限されている。

この予算キャップは、2011年に2,000万ユーロ(約22億5,700万円)に削減されるはずだった。

ポルティマオ、2011年の公式F1テストの会場に加わる

2010年10月12日
ポルティマオ・サーキット F1
ポルトガオのポルティマオ・サーキットが、2011年のF1プレシーズンテストの会場として加わることになりそうだ。

F1チームは、来年の2月から3月上旬にかけて4回の公式プレシーズンテストを実施することで合意した。

今年のテストは、スペインでのみ行われていたが、2011年に向けてF1チームはスケジュールにポルトガルとバーレーンを加えることで同意に近づいている。

F1チーム、ピレリの情報を平等に共有することで合意

2010年10月12日
ピレリ
F1チームは、来シーズンの新しいタイヤサプライヤーであるピレリと緊密に提携して不公平なアドバンテージを得ないよう協定を結んだ。

F1は、2011年からピレリを新しいタイヤサプライヤーとして迎え入れるが、いくつかのチームがタイヤ開発にマシンを合わせることでアドバンテージを得るかもしれないと懸念されていた。

ブリヂストンがミシュランがしのぎを削っていた時代、フェラーリとミハエル・シューマッハによって多くの初期開発が行われ、タイヤとマシンの理解において優位を与えていた。

F1チーム、セーフティカー期間のピットレーン閉鎖規約を再検討

2010年10月8日
F1 セーフティカー
F1チームは、2011年にむけてセーフティカー規約の変更についての議論を予定している。

以前のF1では、セーフティカー出動時にピットレーンが閉鎖されており、燃料が不足してピットに入らなければならないマシンはペナルティを受けていた。そのため、ピットレーン閉鎖規約は廃止された。

しかし、現在では給油が廃止になったため、セイフティカー出動中はピットレーンを閉鎖するという規約が再導入されるとみられている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム