FOTAの2014年02月のF1情報を一覧表示します。

FOTA、解散が決定

2014年2月28日
FOTA
FOTAは、メンバーが“必要性を再考した”結果、解散することになった。

FOTAは、F1チームがFIAやフォーミュラ・ワン・グループと交渉する際に団結した発言することを目的に2008年に設立された。だが、2011年12月には、レッドブル、フェラーリ、ザウバーが離脱し、FOTAの力は弱まってきていた。

先週、FOTAが“深刻”な財政問題を抱えており、新たな委任についての合意不足、マーティン・ウィットマーシュの不在など、崩壊寸前であることが報じられていた。

FOTA、崩壊の危機

2014年2月15日
FOTA
FOTAが、“深刻”な財政難によって2月末で崩壊するかもしれないと Telegraph が報じた。

FOTAは、チームたちの団体交渉の手段として2008年に設立された。だが、フェラーリやレッドブルといったチームが脱退し、加盟しているチームは7チームとなっており、その影響力は低くなっている。

加えて、会長を務めるマーティン・ウィットマーシュのマクラーレン離脱が確実視されており、その危機はさらに高まっている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム