FOTA 「F1バーレーンGPの開催はFIAの判断にゆだねる」

2012年4月11日
F1バーレーンGP
F1チームの組織FOTAは、F1チーム側はバーレーンGPを中止することはできず、判断はFIAにゆだねるとの声明を発表した。

匿名のF1チーム代表が、F1チーム側は「FIAが(レースを)中止することを願っている」と述べたことで、F1バーレーンGPの安全性に対する懸念が高まっている。

F1チームの“大多数”が新コンコルド協定に合意

2012年3月27日
F1 コンコルド協定
F1チームの“大多数”が新コンコルド協定に同意したとバーニー・エクレストンは述べている。

F1マレーシアGPの土曜日、ヨーロッパに残っていたF1の最高責任者バーニー・エクレストンは、新コンコルド協定についてコメントした。

以前、レッドブルとフェラーリが、2013年以降の商業契約について、個別に新しい契約に合意したと報じられていた。

フェラーリとレッドブル、コンコルド協定で特別契約との噂

2012年3月20日
F1 コンコルド協定
フェラーリとレッドブルは、2013年からの新コンコルド協定で特別契約を結んでいるされ、多くのチーム代表が怒りとともにメルボルンを後にしたと報じられている。

Sky Newsは、100億ドル相当とされるF1の株式上場を含めたトップチームの契約を掲載したが、その後記事が削除されたことで、噂が広まっていった。

フェラーリとレッドブル、すでに新コンコルド協定を締結か

2011年12月28日
F1 コンコルド協定
フェラーリとレッドブルが、F1の最高責任者バーニー・エクレストンと個別に新しいコンコルド協定を締結しか可能性があると報じられている。

フェラーリとレッドブルは、最近F1チームの組織であるFOTAから脱退している。

F1チーム、商業権所有者、FIAとの3者間で合意されたコンコルド協定は、2012年末で失効する。

ザウバー、FOTAを脱退

2011年12月8日
ザウバー
ザウバーが、F1チームの組織であるFOTAを脱退したと AUTOSPORT が報じた。

先週、フェラーリとレッドブルはFOTAからの脱退を正式発表。それに続き、ザウバーもFOTAに組織を脱退する意向を通知したという。

ザウバーのスポークスマンは、今後FOTAのメンバーを継続することはないことを認めた。

レッドブル、FOTA脱退を正式発表

2011年12月3日
レッドブル
レッドブル・レーシングは、FOTA(Formula One Team's Association)を脱退したことを発表した。

レッドブルの発表は、フェラーリがFOTA脱退を表明した直後に出された。

レッドブルとフェラーリがFOTAを脱退したのはRRA(Resource Restriction Agreement)における論争が理由のひとつだが、レッドブルはF1のコスト削減にコミットしたままだと述べた。

フェラーリ、FOTA脱退を正式発表

2011年12月3日
フェラーリ
フェラーリは、FOTA(Formula One Teams' Association)から脱退することを正式に発表した。

F1チームの組織であるFOTAでは、コスト削減プログラムであるRRA(リソース・リストリクション・アグリーメント)を巡って不協和音が表面化しており、フェラーリとレッドブルが脱退するとの報道がなされていた。

フェラーリは、声明のなかで特定の問題についてのFOTA内における“行き詰まり”が脱退の原因であったことを示唆した。

フェラーリとレッドブル、FOTAを脱退

2011年12月2日
FOTA
フェラーリとレッドブルが、F1チームの組織であるFOTAを脱退したと AUTOSPORT が報じた。

FOTAは、F1ブラジルGPでの会議でRRA(Resource Restriction Agreement/リソース・リストリクション・アグリーメント)と呼ばれるコスト削減協定の今後について合意することができなかった。

フェラーリとレッドブルは今週初めに組織を脱退する意向を通知したという。

F1:予選フォーマットの微調整はなし

2011年11月12日
F1 予選フォーマット
F1の予選フォーマットに手を加えられることはなさそうだ。

近年のノックアウト方式の予選フォーマットは人気があるが、2011年にデグラデーションの高いピレリタイヤに変更になったことで、次のセッションに進出しても、実際には走行を行わない戦術が多くなっている。

そうすることで、ドライバーは適切なグリッドポジションを確保しつつ、レースのために新品のタイヤセットを温存することができる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム