フェラーリ、最速マシンのSF90にオーバーヒートの問題?

2019年3月6日
F1 フェラーリ
フェラーリは、2019年F1マシンのなかで最速のマシンで開幕戦に臨むことになるかもしれないが、SF90は信頼性に問題を抱えているかもしれない。

先週終了したF1プレシーズンテストでは、フェラーリが初日から好パフォーマンスを発揮し、セバスチャン・ベッテルがこれまでのバルセロナタイムの最速タイムを更新する1分16秒221を記録。

セバスチャン・ベッテル 「まだF1から引退する予定はない」

2019年3月5日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、まだF1から引退する予定はないと語る。

昨年、セバスチャン・ベッテルは、度重なるミスを犯してフェラーリのタイトルを逃したとして、特にイタリア方面から激しい批判を受けた。さらに今年は若手有望株のシャルル・ルクレールが加入したことで、セバスチャン・ベッテルは2019年に同じように苦しむことになるといいう目で批判家たちは見ている。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリは王座獲得に欠けているものを認識」

2019年3月5日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年のフェラーリは過去数年よりもタイトル獲得にチャレンジするための“あらゆる材料”が揃っていると考えている。

セバスチャン・ベッテルは、昨シーズンの夏休みまで最速だったが、過去2シーズンにわたってルイス・ハミルトンに次ぐ2位でシーズンを終えている。

今年もF1プレシーズンテストでフェラーリはメルセデスを上回るスピードを見せ、再びタイトル候補と目されている。

フェラーリ 「ルクレールはベッテルと戦ってはいけないわけではない」

2019年3月4日
F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、ドライバーに優先順位をつけると発言したものの、新人のシャルル・ルクレールが2019年にチームメイトのセバスチャン・ベッテルと戦っていけないというわけではないと語った。

セバスチャン・ベッテルの2018年の苦戦を受け、F1パドックの多くは今年からフェラーリに加入する若手有望株のシャルル・ルクレールが優位に立つかもしれないと予測している。

アラン・プロスト、ドライバーの優先順位を決めたフェラーリを評価

2019年3月4日
F1 アラン・プロスト フェラーリ
4度のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、フェラーリが2019年に明確にドライバーの優先順位を決めることを決断したことを評価している。

セバスチャン・ベッテルの2018年の苦戦を受け、F1パドックの多くは今年からフェラーリに加入する若手有望株のシャルル・ルクレールが優位に立つかもしれないと予測している。

フェラーリ、2019年のF1チーム名から“Mission Winnow”を削除

2019年3月4日
F1 フェラーリ
FIA(国際自動車連盟)は、3月15日にメルボルンのアルバート・パークで開催されるF1オーストラリアGPに先駆けて2019年のF1エントリーリストを更新した。

最も注目すべき変化は、フェラーリのチーム名から“Mission Winnow(ミッション・ウィナウ)”のスローガンが削除され、単純に“Scuderia Ferrari(スクーデリア・フェラーリ)”に変更された点。

フェラーリ、ベッテルのクラッシュを招いたホイールの調査を継続

2019年3月3日
F1 フェラーリ
フェラーリは、F1バルセロナテスト2の2日目のセバスチャン・ベッテルのクラッシュの原因はホイールリムにあったことを特定しているが、まだ根本的な原因は解決できていないと感じており、マラネロのファクトリーに調査を継続していく。

セバスチャン・ベッテルは、水曜日の午前中のセッションの途中にターン3でマシンが制御できなくなってバリアに直撃。SF90は大きなダメージを負った。

フェラーリ、最速タイムを記録も「完全に満足することはできない」

2019年3月2日
F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、2019年のF1プレシーズンテストをトップタイムで終えたものの、“完全に満足することはできない”と語る。

フェラーリは最終日にセバスチャン・ベッテルがテストを担当。110周を走行したベッテルは前日にチームメイトのシャルル・ルクレールが記録したタイムとなる0.01秒上回る1分16秒221をマーク。F1プレシーズンテストの最速タイムを更新した。

シャルル・ルクレール 「フェラーリで新人の僕がナンバー2なのは論理的」

2019年3月1日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
シャルル・ルクレールは、自分がフェラーリでセバスチャン・ベッテルのナンバー2というステータスでキャリアをスタートすることは“論理的”だと語る。

4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの2018年の苦戦を受け、F1パドックの多くは今年からフェラーリに加入する若手有望株のシャルル・ルクレールが優位に立つかもしれないと予測している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム