フェラーリ | 2019年 F1カナダGP 予選レポート

2019年6月9日
F1 フェラーリ カナダGP
フェラーリは、F1カナダGPの予選で、セバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得。シャルル・ルクレールが3番手だった。

セバスチャン・ベッテル(1番手)
「僕たちにとって良い一日だったし、チームのために本当にうれしく思う。この数カ月は僕たちにとって簡単ではなかったし、今日のような結果を出せてうれしい。スタッフ全員に正しいメッセージを送ることができたと思う」

【動画】 セバスチャン・ベッテルのポールラップ / F1カナダGP 予選

2019年6月9日
F1 セバスチャン・ベッテル カナダGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年のF1世界選手権の第7戦となるF1カナダGPの予選で、コースレコードを大幅に更新するタイムで今シーズン初ポールポジションを獲得した。

フリー走行3回目にトップタイムを記録していたセバスチャン・ベッテルは、予選最後のアタックで1分10秒240をマーク。昨年、自身が記録していたコースレコード(1分10秒764)を上回る1分10秒240をマークし、今シーズン初、17戦ぶり、通算57回目となるポールポジションを獲得した。

フェラーリ | 2019年 F1カナダGP 金曜フリー走行レポート

2019年6月8日
F1 フェラーリ カナダGP
フェラーリは、F1カナダGPの金曜フリー走行で、シャルル・ルクレールが1番手、セバスチャン・ベッテルが2番手だった。

シャルル・ルクレール (1番手)
「全体的にポジティブな一日だった。午前中は路面にかなり埃があったし、それが高い温度と相まってグリップ面でチャレンジをもたらした。一日を通してコンディションは改善していったし、2回目のセッションではより快適に感じることができた」

フェラーリ、ターボチャージャーとMGU-Hも“スペック2”版に交換

2019年6月8日
F1 フェラーリ カナダGP
フェラーリは、F1カナダGPに先駆けて両方のドライバーのターボチャージャーとMGU-Kを交換した。

フェラーリは、F1スペインGPで“スペック2”エンジンを投入したが、今週末のF1カナダGPまでセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのマシンのターボチャージャーとMGU-Hの交換するのをを待っていた。

セバスチャン・ベッテル 「現時点で僕たちは最速とは言えない」

2019年6月8日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGP初日のフリー走行を2番手タイムで終えた。

「興味深いセッションだった。開始時は路面がかなり滑りやすかったけど、週末が進むにつれて少しずつ良くなっていくことはわかっている。今回も特にロングランのパフォーマンスという点でタイヤに苦戦した。良いグリッドポジションが不可欠なので3回目のフリープラクティスセッションでそこに取り組まなければならない」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

シャルル・ルクレール、トップタイムも「予選はまだ予測できない」

2019年6月8日
F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1カナダGP初日のフリー走行でトップタイムをマークした。

「全体的にポジティブな一日だった。午前中は路面にかなり埃があったし、それが高い温度と相まってグリップ面でチャレンジをもたらした。一日を通してコンディションは改善していったし、2回目のセッションではより快適に感じることができた」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「予選へのアプローチを変えることにした」

2019年6月7日
F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、今シーズンの予選でのミスから学び、最も重要な土曜日の午後へのアプローチを変更したと語る。

今年、フェラーリに移籍したシャルル・ルクレールは、バーレーンでポールポジションを獲得したが、アセルバイジャンではQ2でクラッシュ。スペインでもQ2でミスをしてフロアにダメージを与えて、Q3で実力を発揮することができなかった。

セバスチャン・ベッテル 「F1を引退したいなんて一言も言ったことはない」

2019年6月7日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今シーズン限りでF1を引退するとの噂を完全に否定した。

2007年にF1デビューを果たしたセバスチャン・ベッテルは、現在F1での13シーズン目を戦っている。レッドブルでタイトルを4連覇する大きな成功を収めたベッテルだが、フェラーリに移籍してからは望んでいた結果を残せていない。

マーク・ウェバー 「ベッテルはF1キャリアの岐路に立っている」

2019年6月6日
F1 セバスチャン・ベッテル
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、レッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルがF1キャリアの「岐路に立っている」と語る。

昨年からミスを指摘されていたセバスチャン・ベッテルは、期待の新星シャルル・ルクレールのフェラーリ加入によって、イタリアメディアとファンからのプレッシャーがさらに高まっており、F1引退の噂さえ浮上している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム