フェラーリF1、2022年新型PUはスプリットターボを見送って燃焼技術に焦点

2021年6月11日
フェラーリF1、2022年新型PUはスプリットターボを見送って燃焼技術に焦点
フェラーリF1は、2022年にF1で最強のエンジンを搭載するために、パワーユニットを大幅かつ野心的に変更を加えると The Race が報じている。

特に2022年シーズンは、2025年にF1ターボハイブリッド時代の現在の形が終わるまでエンジン規則が凍結される前に調整を行う最後のチャンスのひとつとなるため、変更は通常よりも重要になる。

フェラーリ、新CEOにベネデット・ビーニャが就任

2021年6月9日
フェラーリ、新CEOにベネデット・ビーニャが就任
フェラーリは、ルイス・カミッレーリの辞任を受けて、9月からベネデット・ビーニャが新CEOに就任することを発表した。

ルイス・カミッレーリは、2020年12月に“個人的な理由”を挙げてフェラーリのCEOを辞任。ジョン・エルカーン会長が暫定CEOを務め、フェラーリの取締役会は後継者を探していた。

シャルル・ルクレール 「セーフティカー導入が遅かった理由を知りたい」

2021年6月8日
シャルル・ルクレール 「セーフティカー導入が遅かった理由を知りたい」 / F1アゼルバイジャンGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPのマックス・フェルスタッペンのクラッシュ後にセーフティカーが導入されるまで時間がかかった理由をFIAに質問する準備ができていると語る。

47周目にマックス・フェルスタッペンがロングピットストレートでタイヤがが故障して高速でバリアにクラッシュ。デブリがサーキット中に散らばり、フェルスタッペンがマシンに座ったままライバルに追い抜かれている中、セーフティカー導入は必然だった。

シャルル・ルクレール 「ベッテルとガスリーは素晴らしい仕事をした」

2021年6月7日
シャルル・ルクレール 「ベッテルとガスリーは素晴らしい仕事をした」 /  フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースを4位でフィニッシュした。

ポールポジションを獲得したシャルル・ルクレールだが、レースは厳しいものとなった。スタートこそトップを守ったが、すぐにルイス・ハミルトンとレッドブル・ホンダの2台にポジションを奪われると、ガスリーにオーバーカットされる。

シャルル・ルクレール 「決勝でもポジティブなサプライズを期待したい」

2021年6月6日
シャルル・ルクレール 「決勝でもポジティブなサプライズを期待したい」 / フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選で2戦連続となるポールポジションを獲得した。

前戦F1モナコGPでは自らのクラッシュによって後味の悪いポールポジションだったシャルル・ルクレール。今回も同じように赤旗でセッションは終了したが、それでも2戦連続のポールポジションとなった。

カルロス・サインツ 「角田裕毅に近づきすぎてスタートした自分が悪い」

2021年6月6日
カルロス・サインツ 「角田裕毅に近づきすぎてスタートした自分が悪い」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q3で角田裕毅がクラッシュしたことで2戦連続でポールポジションに挑むチャンスを逃したことへのやり場のない気持ちを語った。

今週末も好ペースを見せていたフェラーリF1だが、カルロス・サインツはまたも予選Q3の赤旗によってアタックのチャンスを失い、5番手で予選を終えた。

フェラーリF1、“予想外”の好ペースも「敵はあくまでマクラーレン」

2021年6月5日
フェラーリF1、予想外の好ペースも「敵はあくまでマクラーレン」 / F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
フェラーリF1は、モナコGPでの印象的なペースをバクーまで持ち越せる可能性について軽視していたが、カルロス・サインツとシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行を3位と4位で終え、パフォーマンスは“予想以上に良かった”とうれしい驚きに直面している。

FP1では、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンから0.043秒の僅差で2番手タイムをマーク。FP3ではカルロス・サインツがセルジオ・ペレスから0.128秒差の3番手。

フェラーリF1 「タイトル奪還へのレッドブルの取り組みは参考にできる」

2021年6月4日
フェラーリF1 「タイトル奪還へのレッドブルの取り組みは参考にできる」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームがF1ワールドチャンピオンの挑戦者に返り咲くための取り組みの例としてレッドブルに注目していると語る。

現在、メルセデスF1がタイトルを7連覇中だが、2017年から2019年までの最も近いライバルはフェラーリだった。しかし、昨年、フェラーリは戦闘力を大きく落とし、ランキング2位から6位に転落。挑戦権を引き継いだのは2010年から2013年までチャンピオンだったレッドブルだ。

シャルル・ルクレール 「モナコの失望から気持ちを切り替えている」

2021年6月4日
シャルル・ルクレール 「モナコの失望から気持ちを切り替えている」 / フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 木曜記者会見
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、母国グランプリをポールポジションからスタートできなかったF1モナコGPの失望からすでに気持ちを切り替えていると語る。

シャルル・ルクレールにとってF1モナコGPは再び困難なホームレースとなった。予選ではポールポジションを獲得したが、最後の走行でクラッシュを喫してマシンに大きな損傷を負った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム