フェラーリ、2019年F1マシンを2月15日に発表へ

2018年12月15日
F1 フェラーリ 2019年のF1世界選手権
フェラーリは、2019年F1マシンを2月15日に発表することを明かした。

フェラーリは、今年10月のF1日本GPでフィリップ モリス インターナショナルと“Mission Winnow”というイニシアティブを発表。今月発表された2019年の暫定エントリーリストでは『Scuderia Ferrari Mission Winnow』というチーム名で参戦することが明らかになっている。

フェラーリ F1特集 | 物流のグランプリ

2018年12月14日
F1 フェラーリ
フェラーリの物流マネージャーを務めるセルジオ・ボンディが、シーズン中のミスが許されないF1の舞台裏について語った。

2018年のF1シーズン、活動のピークは夏季休暇の直前にやってきた。わずか6週間の間にF1史上初の試みとなる3週連続開催を含め、5回のグランプリが開催された。

キミ・ライコネン、F1アメリカGPでの優勝は「かなり楽な勝利だった」

2018年12月13日
F1 キミ・ライコネン フェラーリ
キミ・ライコネンは、2018のF1アメリカGPでの5年ぶりの勝利は“かなり楽に叶った”と振り返った。

キミ・ライコネンは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された今年のF1アメリカGPで優勝。ロータスに所属した2013年のF1オーストラリアGP以来となる113戦ぶりの勝利だった。

フェラーリ、F1チーム内の不協和音は収まらず

2018年12月13日
F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム内の不協和音は2018年シーズンが終わっても継続している。

今年、フェラーリはシーズン中盤から失速。カリスマ的なリーダーだったセルジオ・マルキオンネが急死。その出来事をきっかけにチーム代表のマウリツィオ・アリバベーネとテクニカルディレクターのマッティア・ビノットとの間に亀裂が生じていると繰り返し報じられた。

フェラーリ、ワンオフモデル『SP3JC』をオーナーに納車

2018年12月12日
フェラーリ SP3JC
フェラーリは、最新のワンオフ・プロジェクト・モデル『SP3JC』を正式にオーナーに納車した。

このSP3JCは、F12tdfのシャシーとランニング・ギアによる妥協のない純粋なロードスターを望まれるフェラーリのお客様でありコレクターのリクエストに応え、フェラーリ・スタイリング・センターがデザインしたモデル。

セバスチャン・ベッテル 「ルクレールが加入しても基本ルールは変えない」

2018年12月12日
F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年にフェラーリにシャルル・ルクレールが加入しても、これまでのチームメイト全員に適用してきた基本ルールは変えることはないと述べた。

数年間、セバスチャン・ベッテルはキミ・ライコネンとフェラーリで調和のとれた関係を築いてきた。しかし、シャルル・ルクレールの加入により、チーム内のパワーバランスに変化が出てくるのではないかとの見方がある。

フェラーリのF1開発ドライバー候補にシロトキンとウェーレイン

2018年12月10日
F1 フェラーリ
ダニール・クビアトが抜けるフェラーリのシミュレーター開発ドライバーの候補にセルゲイ・シロトキンとパスカル・ウェーレインの名前が挙げられている。

近年、F1チームではシミュレーターで開発を進める割合が高まっており、チームはコース上からのライブデータに基づいて専用のシミュレータードライバーを配置してマシン開発を行っている。

セバスチャン・ベッテル 「マルキオンネのためにタイトルを獲りたい」

2018年12月10日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、今年7月に亡くなったフェラーリの前会長セルジオ・マルキオンネを称えるためにも2019年にフェラーリにタイトルをもたらしたいと語った。

F1だけでなく、フィアット・クライスラー・オートモービルズのCEOとして自動車産業に多大な影響を与えたセルジオ・マルキオンネだったが、右肩の手術による合併症で塞栓症を患いこの世を去った。

「シャルル・ルクレールはフェラーリの起爆剤になる」とロス・ブラウン

2018年12月9日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2019年にシャルル・ルクレールがフェラーリに必要な新しいエネルギーをもたらすと考えている。

フェラーリのジュニアドライバーであり、今年ザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレール(21歳)は、F1アゼルバイジャンGPでの6位を含めた目覚ましい活躍を見せ、ザウバーの48ポイントのうち39ポイントを獲得。チームのコンストラクターズ選手権8位に大きく貢献した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム