フェラーリ会長 「アメリカも大事だが、F1の尊厳を尊重するべき」

2017年12月5日
フェラーリ F1 セルジオ・マルキオンネ
フェラーリの会長を務めるセルジオ・マルキオンネは、アメリカでF1を成長させようというF1の新オーナーのリバティメディアの計画によってF1は危ない橋をわたっていると警告。アメリカには新しいF1ファンを獲得する大きなチャンスがあることを認識しているが、スポーツの遺産を尊重するべきだと語った。

今年1月にF1を買収したアメリカを拠点とするリバティメディアは、2018年以降に少なくとも1戦は北米でのレースを追加することを計画しており、グランプリをよりエンターテインメント化したと考えている。

キミ・ライコネン 「2018年はもっと力強いスタートを切りたい」

2017年12月5日
キミ・ライコネン フェラーリ F1
フェラーリのキミ・ライコネンは、2018年にタイトル争いに加わるためには今年よりも強力なスタートを切りたいと語る。

今年、フェラーリは開幕6戦でセバスチャン・ベッテルが3勝と3度の2位という好調なスタートを切った。一方でキミ・ライコネンは開幕3戦で表彰台に立つことができず、第5戦スペインでリタイアを喫して、早々にドライバーズ選手権で遅れをとることになった。

ルイス・ハミルトン、将来のフェラーリ移籍を完全否定

2017年12月4日
ルイス・ハミルトン F1 フェラーリ
ルイス・ハミルトンは、将来のフェラーリ移籍を完全否定した。

2013年にメルセデスに加入したルイス・ハミルトンは、今年、自身4度目となるF1ワールドチャンピオンを獲得。だが、2018年末に期限を迎えるメルセデスとの契約がいまだ更新されていないことから、早ければ2019年にフェラーリに移籍するとの憶測も広まっている。

アルファロメオ・ザウバー、四葉のクローバーを掲げるかどうかは未定

2017年12月4日
アルファロメオ ザウバー F1 フェラーリ
アルファロメオ・ザウバーが、2018年F1マシンに伝説的な“クアドリフォリオ(四つ葉のクローバー)”の紋章が掲げられるかどうかはまだ明らかにはなっていない。

2日(土)、アルファロメオとザウバーのスポンサーシップがイタリア・ミラノのアルファロメオ歴史博物館で発表された。記者会見にはF1のCEOを務めるチェイス・ケアリーとFIAのジャン・トッド会長が出席した。

フェラーリ会長 「フェラーリのF1撤退は決して脅しではない」

2017年12月4日
フェラーリ F1 セルジオ・マルキオンネ アルファロメオ
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、フェラーリがF1を撤退するという発言は「決して脅しではない」と語った。

セルジオ・マルキオンネは、10月末にリバティメディアとFIAが発表した2021年のF1エンジン案に不満を抱いており、改善がなされないようであればフェラーリのF1撤退もあり得ると強い反発を示していた。

「セルジオ・マルキオンネはアルファロメオの参入でF1の価値を認めた」

2017年12月4日
アルファロメオ F1 フェラーリ
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、フェラーリのF1撤退をちらつかせているセルジオ・マルキオンが、アルファロメオの2018年のF1参入によって逆にF1の価値を認めたことになるとの持論を述べた。

ザウバーは、2018年からアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えて『アルファロメオ ザウバーF1チーム』として参戦。アルファロメオの名前が32年ぶりにF1に復帰する。また、フェラーリはザウバーとの技術的な提携も強化していく。

アルファロメオ・ザウバー、2018年F1マシンのカラーリングを発表

2017年12月4日
ザウバー アルファロメオ F1
ザウバーは、新タイトルスポンサーのアルファロメオのブランドカラーを特徴とする2018年F1マシンのカラーリングコンセプトを発表した。

アルファロメオ・ザウバーは、2日(土)にイタリア・ミラノ近郊で記者会見を開催。2018年のF1ドライバーとしてマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレール、サードドライバーとしてアントニオ・ジョヴィナッツィを起用することを発表した。

アルファロメオ・ザウバー、ルクレールとエリクソンの起用を正式発表

2017年12月3日
ザウバー アルファロメオ F1
ザウバー・アルファロメオは、2018年のF1レースドライバーとしてシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソン、サードドライバーとしてアントニオ・ジョヴィナッツィを起用することを正式発表した。

ザウバー・アルファロメオは2日(土)、イタリア・ミラノ近郊のアルファロメオ歴史博物館で記者会見を開催。フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長から2018年のドライバーラインナップが発表された。

フォーミュラE代表 「フェラーリが参戦を真剣に考えているとは思わない」

2017年12月1日
フォーミュラE フェラーリ
フォーミュラEのCEOを務めるアレハンドロ・アガクは、フェラーリが近い将来のフォーミュラEへの参戦を真剣に考えているとは思わないと語る。

フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、リバティメディアが示したF1の方向性に怒りを露わにしており、F1を撤退し、他の場所でレースをすることもできると警告している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム