角田裕毅、痛恨のノーポイント 「セーフティカーで状況が変わった」

2020年9月13日
角田裕毅、痛恨のノーポイント 「セーフティカーで状況が変わった」 / FIA-F2 第9戦 レース1
ホンダF1育成の角田裕毅(カーリン)は、FIA F2選手権第9戦はイタリア大会のレース1を16位で終えた。

高速コースであるムジェロでのF2開催は初めてのことで、角田裕毅にとっても初めてのコースとなる。午後4時45分、フォーメーションラップがスタート。角田裕毅は6列目11番手から、ソフトタイヤを選択してスタートした。

FIA-F2 第9戦 レース1:マゼピンが優勝、角田裕毅はノーポイント

2020年9月13日
FIA-F2 第9戦 レース1:マゼピンが優勝、角田裕毅はノーポイントでランキング6位に転落
FIA-F2 第9戦 イタリア大会のレース1が9月12日(日)にムジェロ・サーキットで行われた。

優勝はニキータ・マゼピン(ハイテックGP)で今季2勝目。2位にはルカ・ギオット(ハイテックGP)、3位にはルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)が続いた。

日本人勢は、松下信治(MPモータースポーツ)が11位、佐藤万璃音(トライデント)が14位、角田裕毅(カーリン)が16位とノーポイントに終わった。

【動画】 FIA-F2で珍事:メディカルカーが1位のボードの前に並ぶ

2020年9月9日
【動画】 FIA-F2で珍事:メディカルカーが1位のボードの前に並ぶ
F1イタリアGPのサポートレースとして開催されたFIA-F2 第8戦 イタリア大会のレース2で、メディカルカーがパルクフェルメの1位のボードの前に並ぶという珍事が発生した。

F2イタリア大会のレース2では、ダニエル・ティクトゥムがトップでチェッカー。しかし、チェッカーを受けた後、ティクトゥムのマシンはコース脇でストップ。そのため、ティクトゥムはメディカルカーにピックアップされてパルクフェルメへと運ばれ、1位のボードの前で停止することになった。

FIA-F2イタリア大会レース2:ティクトゥム優勝、角田裕毅は痛恨のリタイア

2020年9月6日
FIA-F2イタリア大会レース2:ティクトゥム優勝、角田裕毅は痛恨のリタイアもランキング4位に留まる
FIA-F2イタリア大会のレース2が9月6日(日)に行われ、ダニエル・ティクトゥム(DAMS)が優勝。角田裕毅(カーリン)はマシントラブルで痛恨のリタイア/ノーポイントでレースを終えたが、ランキング4位にとどまった。

リバースグリッド形式の25周のスプリントレース。ポールポジションにはルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、2番グリッドにはダニエル・ティクトゥムが並んだ。角田裕毅は5番グリッドからのスタートとなる。

角田裕毅 「順位を取り戻そうとミスをしてしまったのが今回の反省点」

2020年9月6日
角田裕毅 「順位を取り戻そうとミスをしてしまったのが今回の反省点」 / FIA-F2イタリア レース1
ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、FIA-F2 第8戦 イタリア大会のレース1で4位フィニッシュした。

FIA-F2選手権第8戦はイタリア・モンツァで、レース1が行われた。午後4時45分のスタート時、気温30℃、路面温度36℃のコンディション。前日の予選でわずか0.03秒およばず2位となった角田裕毅は、フロントロウからのスタートする。

FIA-F2 イタリア大会 レース1:シューマッハが優勝。角田裕毅は4位

2020年9月6日
FIA-F2 イタリア大会 レース1:角田裕毅は4位でランキング4位に後退
FIA-F2イタリア大会のレース1が9月5日(土)にモンツァ・サーキットで行われ、ミック・シューマッハ(プレマ)が今季初勝利。角田裕毅は4位でフィニッシュして、ランキングは4位に後退した。

7番グリッドからスタートしたミック・シューマッハはピットストップでタイヤ交換組のトップに立つと後続を引き離してトップでチェッカー。今季初優勝、レース1で初勝利を挙げ、ランキング3位に浮上した。

角田裕毅 「避けられない状況で接触してしまった」 / F2 第7戦レース2

2020年8月31日
角田裕毅 「避けられない状況で接触してしまった」  / F2 第7戦レース2
ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、FIA-F2選手権第7戦のレース2をアクシデントにより、9位でレース2を終える

FIA-F2選手権第7戦のレース2がスパ・フランコルシャンで行われた。前日のレース1で優勝を果たした角田裕毅はリバースグリッドにより4列目8番手からのスタート。

FIA-F2 ベルギー大会 レース2:シュワルツマンが優勝、角田裕毅は9位

2020年8月30日
FIA-F2 ベルギー大会 レース2:シュワルツマンが優勝、角田裕毅は9位
FIA-F2 第7戦ベルギー大会のレース2が8月30日(日)にスパ・フランコルシャンで行われ、ロバート・シュワルツマン(プレマ)が優勝。注目の角田裕毅(カーリン)は9位でフィニッシュした。

リバースグリッドとなるレース2は18周のスプリントレース。前日のレース1でクラッシュを喫した松下信治(MPモータースポーツ)はマシンの修復が間に合わず欠場となった。

F2:ニキータ・マゼピン 「5秒ペナルティを苛立たしく思う」

2020年8月30日
F2:ニキータ・マゼピン 「5秒ペナルティを苛立たしく思う」
ニキータ・マゼピンは、FIA-F2 第7戦スパ大会のレース1で5秒ペナルティを科せられたことで、トップでチェッカーを受けたものの、2位でフィニッシュ。“罰せられるようなことは何もしていないと感じている”と語った。

ピットストップでアンダーカットに成功して角田裕毅の前に出たニキータ・マゼピンは、レース終盤に激しいプレッシャーを受けたが、トップでチェッカー。しかし、インを閉めた際に角田裕毅をコース外に押し出したとして5秒ペナルティを科せられ、2位に降格した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム