F2 スペイン レース2 | ニック・デ・ブリースが優勝 松下信治はリタイア

2019年5月13日
フォーミュラ2
2019年のF2選手権の第3戦のレース2が5月12日(日)にスペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで行われ、ニック・デ・ブリース(ART Grand Prix)が優勝。松下信治(Carln)はリタイアでレースを終えた。

午前11時30分にフォーメーションラップがスタート。天候は晴れで、気温18℃、路面温度32℃のコンディション。11番手から好スタートを切った松下信治は、10番手に浮上する。

F2 スペイン レース1 | ニコラス・ラティフィが優勝 松下信治は11位

2019年5月12日
F2 フォーミュラ2
2019年のF2選手権の第3戦のレース1が5月11日(土)にスペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで行われ、ニコラス・ラティフィ(DAMS)が優勝。松下信治(Carln)は11位でレースを終えた。

予選11番手の松下信治(Carlin)は、上位車のペナルティーによるグリッドダウンで1つ繰り上がり、5列目10番手からのスタートとなった。

F2 スペイン 予選 | ルカ・ギオットがPP獲得 松下信治は11番手

2019年5月11日
フォ-ミュラ2
2019年のF2選手権の第3戦スペインの予選が5月10日(金)にカタルニア・サーキットで行われ、ルカ・ギオット( UNI-Virtuosi Racing)がポールポジションを獲得。松下信治(Carln)は11番手だった。

2019年FIA-F2選手権第3戦が、スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで幕を開けた。第10戦のイタリアまでは、ヨーロッパのグランプリコースでの開催が続き、本格的なシーズンがスタートする雰囲気が漂う。

F2 | F1に先駆けて2020年から18インチタイヤを導入

2019年5月10日
F2 フォーミュラ2
F2は、2021年からのF1への導入に先駆けて、2020年シーズンからピレリの18インチタイヤに切り替えることを発表した。

F1のタイヤレギュレーションに先立ってF2で実戦投入することでピレリはタイヤ開発のデータを収集することができる。また、F1への昇格を目指すドライバーにとってF2は理想的なトレーニングの場となる。

F2 アゼルバイジャン レース1 | J.エイトケンが優勝、松下信治は13位

2019年4月27日
F2 アゼルバイジャン
2019年のF2選手権の第2戦アゼルバイジャンのレース1が4月27日(土)にバクー市街地コースで行われ、ジャック・エイトケン(Campos Racing)が優勝。松下信治(Carlin)はマシントラブルもあり、13位でレースを終えた。

29周もしくは60分間で争われるレース1は、3度のセーフティカー、7台がリタイアする荒れたレース展開となった。

F2 | 松下信治、ポールポジション獲得 「本当にいい気分」

2019年4月27日
松下信治 F2
松下信治は、F2 第2戦 アゼルバイジャンGPの予選でポールポジションを獲得した。

2019年FIA F2選手権第2戦が、アゼルバイジャン・バクーの市街地コースで幕を開けた。このコースは、世界遺産となっている旧市街の中を走る独特のレイアウトで、長いストレートが配され、ハイスピードの公道サーキットとして有名だ。

F2 アゼルバイジャン 予選 | 松下信治がポールポジション獲得

2019年4月26日
F2 松下信治
2019年のF2選手権の第2戦アゼルバイジャンの予選が4月26日(金)にバクー市街地コースで行われ、松下信治(Carln)がポールジションを獲得した。

松下信治は1分54秒555をマークして自身2度目のポールポジションを獲得。ポールポジションに付与される4ポイントを得た。2番手にはニック・デ・ブリース(ART Gand Prix)、3番手にはルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が続いた。

ルカ・ギオット 「アレクサンダー・アルボンのF1デビューは希望の光」

2019年4月23日
ルカ・ギオット F1 アレクサンダー・アルボン
F2ドライバーのルカ・ギオットは、資金のなかったアレクサンダー・アルボンがトロロッソのF1シートを獲得できたことは、自分もF1で走る機会を得られるかもしれないという希望を与えてくれていると語る。

ルカ・ギオットと同様にアレクサンダー・アルボンは定期的に資金に苦しんできた。昨年、アルボンはDAMSからF2に参戦したが、最初の3ラウンドはDAMSと1戦ごとの契約という崖っぷちの状況でスタートした。

F2 | 松下信治、レース2は12位 「クラッチにトラブルを抱えていた」

2019年4月1日
F2 松下信治
松下信治は、F2開幕戦バーレーンのレース2を12位でフィニッシュした。

午後2時15分にフォーメーションラップがスタート。5列目9番手から好スタートを決めた松下信治だったが、第1コーナーでアウトにはみ出てポジションを11番手に落とした。2周目に9番手、5周目に8番手、9周目には7番手にまでポジションを押し上げた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム