角田裕毅、0.006秒差でポール獲得 「第1コーナーをトップで抜けたい」

2020年9月26日
角田裕毅、0.006秒差でポール獲得 「第1コーナーをトップで抜けたい」 / FIA-F2 ロシア大会
ホンダF1育成の角田裕毅は、FIA-F2 第10戦 ロシア大会の予選で0.006秒の僅差でポールポジションを獲得。3勝目を狙う。

一時はランキング3位まで浮上した角田裕毅だったが、第9戦イタリア大会では痛恨のノーポイント。ランキングを6位まで落とした。F1スーパーライセンス取得のためにはここからは一戦も落とせない戦いのなか、レース1にむけて今季3度目のポールポジションを獲得した。

FIA-F2 ロシア 予選:角田裕毅が自身3度目のポールポジション

2020年9月25日
FIA-F2 ロシア 予選:角田裕毅が自身3度目のポールポジション
FIA-F2 第10戦 ロシア大会の予選が9月25日(金)にソチ・オートドロームで行われた。

ポールポジションを獲得したのはホンダF1の育成ドライバーの角田裕毅(カーリン)。1分48秒688を記録し、2番手のユアン・ダルバラ(カーリン)を0.006秒の僅差で上回り、自身3度目となるポールポジションを獲得した。3番手にはミック・シューマッハ(プレマ)が続いた。

松下信治 「ベルギー大会での出来事以降、シーズン継続が困難になった」

2020年9月23日
松下信治 「ベルギー大会での出来事以降、シーズン継続が困難になった」 / FIA-F2
松下信治が、MPモータースポーツからの離脱と残りのFIA-F2選手権にしないことについて自身のTwitterで語った。

MPモータースポーツは、次戦ロシア大会から松下信治に代えてジュリアーノ・アレジを起用することを発表。「彼は他の場所で新たなチャレンジに進むことを決定した」「良い条件での別れであり、お互いに今後の活躍を祈っている」と語った。

松下信治、MPモータースポーツを離脱 / FIA-F2

2020年9月22日
松下信治、MPモータースポーツを離脱 / FIA-F2
FIA-F2選手権に参戦していた松下信治が、MPモータースポーツを離脱することが発表された。

MPモータースポーツは、松下信治がチームを離れ、第10戦ロシア大会からジュリアーノ・アレジを起用することを発表。フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーであるアレジは序盤戦をHWA Racelabから参戦し、ランキング17位につけている。

ロバート・シュワルツマン 「シューマッハは他のライバルと変わらない」

2020年9月19日
ロバート・シュワルツマン 「シューマッハは他のライバルと変わらない」 / FIA-F2
ロバート・シュワルツマンは、F2でのチームメイトであり、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの仲間であるミック・シューマッハのことを“他のライバルと変わりはない”と感じていると語る。

2020年のFIA-F2選手権は近年稀にみる接戦となっており、3ラウンドを残して、ロバート・シュワルツマンとミック・シューマッハは、カラム・アイロット、クリスチャン・ルンガー、ニキータ・マゼピン、角田裕毅、ルイ・デレトラズとタイトルを争っている。

F2ドライバー、フェルナンド・アロンソのF1アブダビテスト参加に不快感

2020年9月18日
F2ドライバー、フェルナンド・アロンソのF1アブダビテスト参加に不快感
F1ドライバーのルイ・デレトラズは、フェルナンド・アロンソが今年後半にアブダビで開催されるF1の“若手ドライバーテスト”に参加する意向であることを不快に思っていることを認める。

ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、フェルナンド・アロンソがF1アブダビテストに参加できるように2戦未満のドライバーに限定するという条件の適用を免除するようFIAに申請したと報じられている。

ミック・シューマッハ 「F2王座を獲得してもF1シートは保証されない」

2020年9月17日
ミック・シューマッハ 「F2王座を獲得してもF1シートは保証されない」
ミック・シューマッハは、たとえ今年F2チャンピオンを獲得したとしても、2021年のF1デビューが保証されているわけではないと語る。

現在、ミック・シューマッハは、F2でランキング首位に位置しており、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのなかで人気・実力ともにトップ。ランキング3位以内に入れば、2021年にF1スーパーライセンスを取得できる

角田裕毅、第9戦でノーポント 「気持ちを切り替えて残り3戦に臨みたい」

2020年9月15日
角田裕毅、第9戦でノーポント 「気持ちを切り替えて残り3戦に臨みたい」 / FIA-F2
ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、FIA-F2 第9戦 イタリア大会の両方のレースをノーポイントで終えた。ランキングは6位に落ちたが、「気持ちを切り替えて残り3戦に臨みたい」と語った。

ムジェロ・サーキットでのF2第9戦レース2が行われた。午前11時55分のフォーメーションラップ開始時のコンディションは、気温29℃、路面温度40℃。角田裕毅(Carlin)は8列目16番手から、入賞圏内の8位以上を目指す。

FIA-F2 第9戦 レース2:ルンガーが優勝、佐藤万璃音が8位入賞

2020年9月13日
FIA-F2 第9戦 レース2:ルンガーが優勝、佐藤万璃音が8位入賞
FIA-F2 第9戦 イタリア大会のレース1が9月13日(日)にムジェロ・サーキットで行われた。

23周のスプリントレース。優勝はクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)で今季2勝目。2位にはルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、3位にはユーリ・ヴィップス(DAMS)が続いた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム