エステバン・オコン アルピーヌF1の2024年車両A524でシミュレーター走行

2023年11月13日
エステバン・オコン アルピーヌF1の2024年車両A524でシミュレーター走行
エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームの2024年F1マシンのモデルを9月からシミュレーターで走らせていることを明かし、彼のF1キャリアで最も早くプラクティスを行っていると語った。

アルピーヌF1チームは、昨年獲得した4位をさらに上回ることを目標にシーズンに臨んだが、アストンマーティンとマクラーレンに追い上げられ、6位に低迷している。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1でのオコンとは「形式的な仕事上の関係」

2023年11月12日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1でのオコンとは「形式的な仕事上の関係」
ピエール・ガスリーは、アルファタウリを離れ、2023年の初めにアルピーヌF1チームに加わることに同意したとき、幼なじみでライバルとなったエステバン・オコンと大規模な衝突の危険があることを承知していた。しかし、彼はそんなことは起こっていないと主張する。

「簡単ではないことは分かっていた」とガスリーはF1のBeyond The Gridポッドキャストで語った。「でも同時に、僕たちが大きく成長したことも分かった」

フェルナンド・アロンソ オコンを愚弄「アルピーヌF1がいる時は細心の注意」

2023年11月5日
フェルナンド・アロンソ オコンを愚弄「アルピーヌF1がいる時は細心の注意」
フェルナンド・アロンソは、2023年F1第21戦サンパウロGP(ブラジルGP)のスプリントシュートアウトで衝突されたエステバン・オコンを愚弄した。

アルピーヌF1チームの元チームメイトとの冷え切った関係は、土曜日にブラジルで行われたF1サンパウロGPでは、オコンがファステストラップでコントロールを失い、スローラップを走っていたアロンソと接触したことで再び悪化した。

F1サンパウロGP:ラッセル、ガスリー、オコンに2グリッド降格ペナルティ

2023年11月4日
F1サンパウロGP:ラッセル、ガスリー、オコンに2グリッド降格ペナルティ (ブラジルGP)
F1サンパウロGP(ブラジルGP)の予選で妨害行為を行ったとして、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、ピエール・ガスリーとエステバン・オコン(アルピーヌ)にそれぞれ2グリッド降格ペナルティが科された。

Q1セッション最初のフライングラップを前にピットレーンを出たラッセルは、セナ・エッセのイン側でピット出口をゆっくりとロールダウンし、前車とのギャップを作った。

エステバン・オコン F1メキシコGP決勝「リスクを冒した戦略が奏功」

2023年10月30日
エステバン・オコン F1メキシコGP決勝「リスクを冒した戦略が奏功」
エステバン・オコンは、2023年F1第20戦メキシコGPの決勝を10位でフィニッシュ。今季10回目の入賞を果たした。

「ここメキシコでの激戦のトップ10フィニッシュで、トリッキーな週末が良い形で終わった。レース後の無線で『決して諦めてはいけない』と言ったけど、今日はまさにその通りだった」とエステバン・オコンはコメント。

アウディF1、ドライバー候補にニコ・ヒュルケンベルグ&エステバン・オコン

2023年10月26日
アウディF1、ドライバー候補にニコ・ヒュルケンベルグ&エステバン・オコン
アウディは、F1参戦に向けてニコ・ヒュルケンベルグとエステバン・オコンに注目しているという噂が共有されている。

Motorsportが報じたところによると、「アウディのトップマネジメントによる協議」の結果、現ハースF1のドライバーであるヒュルケンベルグに落ち着いたという。

エステバン・オコン F1カタールGP決勝 「気分が悪くなって車の中で嘔吐」

2023年10月9日
エステバン・オコン F1カタールGP決勝 「気分が悪くなって車の中で嘔吐」
エステバン・オコンは、2023年F1カタールGPの決勝を7位でフィニッシュ。極端に暑いコンディションに体調を崩し、2周にわたって嘔吐していたと明かした。

カタールGPは日曜日の夕方、高温多湿のコンディションで開催され、週初めにインフルエンザのような症状を患ったウィリアムズのローガン・サージェントが体調不良のためリタイアした。サージェントのチームメイトであるアレックス・アルボンもレース後、急性熱中症で医師の診断を受ける必要があった。

F1カタールGPスプリント:接触の3台にペナルティはなし

2023年10月8日
F1カタールGPスプリント:接触の3台にペナルティはなし
2023年F1第18戦カタールGPのスプリントで接触したセルジオ・ペレス(レッドブル)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)の3人はペナルティを免れた。全員がリタイアとなり、その結果、2023年のドライバーズタイトル争いに終止符が打たれた。

マックス・フェルスタッペンはチームメイトが11周目の接触で脱落した時点でタイトルが確信となった。ペレスがタイトルの可能性を残すには、フェルスタッペンを5ポイント以上上回る必要があった。

ガスリー 「来季F1マシンのコックピットの大きさ以外はオコンと同じビジョン」

2023年9月28日
ガスリー 「来季F1マシンのコックピットの大きさ以外はオコンと同じビジョン」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1のチームメイトであるエステバン・オコンと、コックピットの大きさを除いて、チームの2024年チャレンジャーのビジョンを共有していると語った。

2022年シーズンをコンストラクターズランキング4位で終えたアルピーヌF1チームだが、今季は期待に応えることができなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム