エステバン・オコン 「2020年のF1シートが確定することを願っている」

2019年6月18日
F1 エステバン・オコン メルセデス
メルセデスのリザーブドライバーを務めるエステバン・オコンは、2020年にF1レースシートに戻るために自分の将来が“非常に近いうちに”整理されることを期待していると語る。

ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがフォース・インディアを買収して誕生したレーシング・ポイントに息子のランス・ストロールが加入してきたことで、エステバン・オコンはF1シートを失った。

エステバン・オコン、2020年のF1復帰に自信

2019年6月12日
F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2020年にF1グリッドに復帰できると自信を持っている。

エステバン・オコンは、ランス・ストロールのレーシングポイント移籍によってF1シートを喪失。今年はメルセデスのリザーブドライバーとしてほぼ全ての週末をメルセデスのガレージで過ごしている。

エステバン・オコン、バルテリ・ボッタスの復調でF1復帰が暗雲?

2019年4月23日
F1 エステバン・オコン
2020年のF1復帰を目指すエステバン・オコンだが、バルテリ・ボッタスの復調でF1復帰の可能性が低くなってきている。

昨年までフォース・インディアでF1を戦ったエステバン・オコンだったが、ローレンス・ストロールによるチーム買収に伴ってランス・ストロールが移籍してきたことでシートを喪失。マクラーレンやルノーとも交渉を行っていたが、メルセデスのドライバーであることがネックとなって実現しなかった。

セルジオ・ペレス 「エステバン・オコンの1年“浪人”はリスキーな選択」

2019年1月22日
F1 エステバン・オコン
セルジオ・ペレスは、元チームメイトのエステバン・オコンが、2019年に1年間“浪人”生活を臆することは“利益をもたらす以上に間違いなく彼を傷つける”ことになると考えていると語る。

エステバン・オコンは、彼を取り巻く一連の“奇妙”な出来事によってレースシートを獲得することができず、2019年はメルセデスのリザーブドライバーとしてF1の第一線から一歩引いて関わっていくことになる。

エステバン・オコン 「メルセデスが僕の才能を覚えてくれている」

2019年1月22日
F1 エステバン・オコン メルセデス
エステバン・オコンは、1年間F1の表舞台から姿を消すことからは“何も稼げない”と認めるものの、メルセデスが自分の才能を忘れてしまうことはないと信じていると語る。

ローレンス・ストロールがフォースインディアを買収し、息子のランス・ストロールが加入したことで、メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンはF1シートを失うことになった。

「エステバン・オコンのF1キャリアを止めたのはメルセデスの責任」

2019年1月17日
F1 エステバン・オコン メルセデス
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、エステバン・オコンのF1キャリアを止めた責任はメルセデスにあると非難する。

昨年までフォースインディアからF1に参戦して高い評価を得ていたエステバン・オコンだが、新オーナーであるローレンス・ストロールの息子ランス・ストロールの加入によってシートを失うことになった。

エステバン・オコン、2020年のF1レース復帰に自信

2019年1月9日
F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2020年にF1グリッドに復帰することに自信をみせている。

昨年までフォースインディアからF1に参戦していたエステバン・オコンだが、カナダの大富豪ローレンス・ストロールのチーム買収に続き、息子のローレンス・ストロールがチームに加入したこともあり、2019年のF1シートを獲得することができなかった。

メルセデス 「ミック・シューマッハよりエステバン・オコンの将来が先決」

2018年12月28日
F1 メルセデス ミック・シューマッハ エステバン・オコン
メルセデスは、注目株のミック・シューマッハを勧誘するよりも2020年にエステバン・オコンをF1グリッドに戻ることの方が先決だと語る。

ミハエル・シューマッハを父に持ち、ヨーロッパF3でチャンピオンを獲得したミック・シューマッハには大きな注目が集まっているが、報道によると、メルセデスではなく、フェラーリのジュニアプログラムへの加入を選んだとされている。

フォースインディア 「ストロールはすでにオコンと同レベル」

2018年12月14日
F1 フォース・インディア ランス・ストロール
フォースインディアのチームプリンシパルを務めるオトマー・サウナウアーは、2019年に加入するランス・ストロールは、すでに前任のエステバン・オコンと同じレベルにいると語る。

ランス・ストロールは、アブダビで開催されたピレリのタイヤテストでフォースインディア VJM11で初走行。合計178周を走り込み、2日間の総合で19人中4番手のタイムを記録した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム