アルピーヌF1チーム エステバン・オコン退団決定も「ガスリーと同等に扱う」

2024年6月16日
アルピーヌF1チーム エステバン・オコン退団決定も「ガスリーと同等に扱う」
アルピーヌF1チームは、エステバン・オコンとピエール・ガスリーの関係に新たな火種が生じたにもかかわらず、F1シーズンの残り期間中にオコンをガスリーと同等に扱うことを約束した。

エステバン・オコンは、カナダGPの後、ダニエル・リカルドを攻撃できるかどうかを確認するためにガスリーにポジションを譲った後、チェッカーフラッグが振られる前にそのポジションを返してもらうというチームの約束が守られなかったことに腹を立てていた。

アルピーヌF1 エステバン・オコンのシーズン途中の放出も除外せず?

2024年6月14日
アルピーヌF1 エステバン・オコンのシーズン途中の放出も除外せず?
アルピーヌF1チームが、シーズン終了前にエステバン・オコンを放出する可能性を排除していないとの噂をAuto Motor und Sportが報じている。

2024年の最終戦後にチームを離れることが確定しているエステバン・オコンだが、過去2回のグランプリは、フランス人ドライバーとチームの関係において非常に問題が多いものとなっている。

エステバン・オコン ウィリアムズF1のサインツ獲得失敗時の“プランB”

2024年6月13日
エステバン・オコン ウィリアムズF1のサインツ獲得失敗時の“プランB”
ウィリアムズ・レーシングに2025年にアレクサンダー・アルボンのチームメイトとしてに加わる候補者はわずか2人であるとチーム代表のジェームス・ボウルズが認めた。

ローガン・サージェントが今シーズン終了後に解任されることはもはや疑いの余地がない。

「彼のシートを守るためには、本当に、彼にはもっと頑張ってもらわなければならない」とボウルズはモントリオールで認めた。

ハースF1チーム 2025年はオリバー・ベアマン&エステバン・オコン?

2024年6月12日
ハースF1チーム 2025年はオリバー・ベアマン&エステバン・オコン?
ハースF1チームは、2025年にドライバーランナップを一新させる可能性がある。

モントリオールの噂では、オリバー・ベアマンが来年ハースF1チームとニコ・ヒュルケンベルグの後任として契約を結んだとされている。ベアマンはハースF1チームと技術提携を結ぶフェラーリの育成ドライバーであり、今季6回のFP1出走がハースで予定されている。

エステバン・オコン F1カナダGP決勝「ガスリーに譲ったのは優しすぎた」

2024年6月10日
エステバン・オコン F1カナダGP決勝「ガスリーに譲ったのは優しすぎた」
エステバン・オコンは、2024年F1カナダGPの決勝で、当初は拒否したものの、レース終盤でチームメイトを先行させるというアルピーヌF1チームの指示に従ったのは「優しすぎた」と語った。

アルピーヌのドライバーたちは、ダニエル・リカルド(RB)に分断されていたが、残り4周となった最終コーナーでリカルドがオコンを追い越した。これによりガスリーがオコンの背後に迫り、次の周の序盤でアルピーヌはドライバーたちにポジションチェンジを指示した。

エステバン・オコン アルピーヌF1チームによるモナコGPの「処罰」を否定

2024年6月7日
エステバン・オコン アルピーヌF1チームによるモナコGPの「処罰」を否定
エステバン・オコンは、2024年シーズン終了後にアルピーヌF1チームを退団するというニュースが流れた後、初めて公の場で発言し、両者が別々の道を歩むのは「正しいタイミング」だと主張した。

エステバン・オコンはルノー傘下のチームで5年目のシーズンを戦っており、2021年のハンガリーGPでチーム初のF1優勝を飾った。この年は、チームの名称が変更され、自動車メーカーのアルピーヌのスポーツカーブランドが前面に出された年でもあった。

アルピーヌF1 オコンのカナダGP欠場を望むも法的に断念との報道

2024年6月6日
アルピーヌF1 オコンのカナダGP欠場を望むも法的に断念との報道
アルピーヌF1チームは、モナコGPでチームメイトのピエール・ガスリーと衝突したエステバン・オコンを今週のカナダGPで出場停止にする予定だったとフランスの日刊紙 L’Equipeが報じた。

モナコGPのオープニングラップで、オコンはチームメイトのガスリーと接触した。オコンはタイトなポルティエコーナーでイン側の危険なラインを選択したが、出口でチームメイトと接触した。

アルピーヌF1 オコンに代えてドゥーハンをカナダGPのFP1に起用

2024年6月6日
アルピーヌF1 オコンに代えてドゥーハンをカナダGPのFP1に起用
アルピーヌF1チームは、カナダグランプリの金曜フリープラクティス1回目で、リザーブドライバーのジャック・ドゥーハンがエステバン・オコンに代わって走行すると発表した。

現在のレギュレーションでは、各F1チームは、ルーキー(グランプリ2戦以下の経験を持つドライバー)を、各シーズン2回のFP1セッションで走らせることが義務付けられている。

エステバン・オコン アルピーヌF1離脱にモナコGPの同士討ちは「無関係」

2024年6月5日
エステバン・オコン アルピーヌF1離脱にモナコGPの同士討ちは「無関係」
エステバン・オコンのアルピーヌF1チームからの離脱は、両者の関係が終わったためであり、モナコGpでチームメイトのピエール・ガスリーと物議を醸した同士討ちとは無関係だとSky Sportsは伝えている。

エステバン・オコンは、2020年にルノーを名乗っていたエンストンチームに移籍し、2021年にはドライバーとして初のグランプリ優勝を果たすとともに、アルピーヌブランドにF1初勝利をもたらした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム