ジェンソン・バトン、SMPレーシングからル・マン24時間レースに参戦?

2018年4月18日
ジェンソン・バトン ル・マン24時間レース FIA 世界耐久選手権 フェルナンド・アロンソ
ジェンソン・バトンが、2018年のル・マン24時間レース参戦の可能性についてSMPレーシングと交渉していると Auto Hedboが報道。実現すれば、LMP1クラスでフェルナンド・アロンソと対決することになる。

SMPレーシングは、今期のFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMPクラスにBR1 AERで参戦。今月序盤のプロローグテストでは、“無制限”のセッティングでトップタイムを記録したトヨタを除けば、ノンハイブリッド勢で最速タイムを記録している。

【SUPER GT】 ジェンソン・バトン 「いきなり表彰台に上がれて嬉しい」

2018年4月9日
SUPER GT ジェンソン・バトン 岡山国際サーキット 2018年のSUPER GT
ジェンソン・バトンは、SUPER GTフル参戦の初戦となった2018年のSUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキットで2位表彰台を獲得した。

元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは今年からSUPER GTにフル参戦。TEAM KUNIMITSUで山本尚貴とNo.100 RAYBRIG NSX-GTを走らせる。

5番グリッドからスタートドライバーを務めたジェンソン・バトンは、オープニグラップで8番手まで順位を落としてしまう。

ジェンソン・バトン、グッドウッド・リバイバルに初参戦

2018年3月30日
ジェンソン・バトン
元F1ドライバーのジェンソン・バトンが、今年9月に開催されるグッドウッド・リバイバルにJD Classicsチームから初参戦することが決定した。

2009年のF1ワールドチャンピオンは、昨年までマクラーレンのリザーブドライバーを務め、モナコGPではフェルナンド・アロンソの代役としてF1復帰を果たしたが、昨シーズン末でF1を引退。今年はホンダと日本でSUPER GTにフル参戦することが決定している。

ジェンソン・バトン、ホンダF1の田辺氏にエール「リスペクトしている」

2018年3月7日
F1 ホンダF1 本田技研工業 田辺豊治
元ホンダのF1ドライバーだったジェンソン・バトンが、今季からホンダF1のテクニカルディレクターに就任した田辺豊治にエールを送った。

2018年のトロ・ロッソとのパートナーシップに向けて、ホンダはF1の運営体制を変更。これまで技術開発とレース現場指揮監督の責任を担ってきたF1プロジェクト総責任者のポジションを廃止し、現場の指揮に専念するテクニカル・ディレクターを新たに設置。初代テクニカルディレクターには田辺豊治が就任した。

ジェンソン・バトン、カルメン・ホルダの“女性の体力の壁”発言に異議

2018年3月6日
カルメン・ホルダ フォーミュラE 国際自動車連盟
元F1ドライバーのジェンソン・バトンは、女性ドライバーにはF1やF2よりもフィジカル的な負担が少ないフォーミュラEが適しているとしたカルメン・ホルダの発言に異議。「君だけの問題だ」と噛みついた。

先週、カルメン・ホルダはメキシティePrix前のデモ走行でフォーミュラEカーで初走行。「F1やF2にはフィジカル的なバリアがある」と語り、「フォーミュラEの方がフィジカル的なチャレンジは少ないため女性ドライバーに適している」と述べた。

ジェンソン・バトン、鈴鹿ファン感謝デーへの来場が決定

2018年2月14日
F1 ジェンソン・バトン 鈴鹿サーキット SUPER GT
元F1ワールドチャンピオンで、今シーズンよりSUPER GTシリーズへのフル参戦が決定しているジェンソン・バトンが、2018年3月10日(土)・11日(日)の2日間、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催する「2018 モータースポーツファン感謝デー」の初日である3月10日(土)に来場することが決定した。

ジェンソン・バトンは、今シーズンよりフル参戦するSUPER GTの車両でのデモンストレーションランやトークショーに出演する。出演イベントは決定次第、発表される。

ジェンソン・バトン、アロンソ一人のために日程を変更したWECを批判

2018年2月12日
FIA 世界耐久選手権 フェルナンド・アロンソ ジェンソン・バトン SUPER GT
ジェンソン・バトンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)がフェルナンド・アロンソの参戦を実現するために富士6時間レースの日程を動かすという決断をしたのは“残念なこと”だと語った。

フェルナンド・アロンソは2018/19“スーパーシーズン”にトヨタから参戦が決定。今週、WECはF1アメリカGPと日程が重なっていた富士6時間レースを10月14日(日)に移動することを発表。アロンソはWEC全ラウンドへの出場が可能になった。

ジェンソン・バトン、ル・マン・クラシックにジャガー・XJR-9で参戦

2018年1月13日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、今年7月のル・マン・クラシックに1998年のプロトタイプレーシングカー『ジャガー・XJR-9』で参戦することが発表された。

ジャガー・XJR-9は、1988年のデイトナ24時間レースとル・マン24時間レースで優勝。ル・マンではヤン・ラマース、アンディ・ウォレス、ジョニー・ダンフリーズがマシンを勝利に導き、ポルシェの7連覇にストップをかけて、イギリス車として1959年のアストンマーティン以来29年ぶりの優勝をもたらした。

【SUPER GT】 ジェンソン・バトン、所属チームはチーム・クニミツに決定

2018年1月12日
ジェンソン・バトン SUPER GT チーム国光
ジェンソン・バトンが、2018年のSUPER GTのGT500クラスにチーム・クニミツ(TEAM KUNIMITSU)から参戦することが決定。山本尚貴とともに#100 TEAM KUNIMITSU NSX-GTを走らせる。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、2016年シーズンでF1引退を表明。2017年はインディ500に参戦したフェルナンド・アロンソの代役としてF1モナコGPで1戦限りのF1復帰を果たしていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム