バルテリ・ボッタス 「ペレスを抜いていても優勝は難しかった」

2021年9月13日
バルテリ・ボッタス 「ペレスを抜いていても優勝は難しかった」 / F1イタリアGP 決勝
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、マクラーレンの印象的な直線速度のアドバンテージにより、セルジオ・ペレスをコース上で追い抜くことができたとしても、F1イタリアGPで優勝できたかどうかは疑っている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスドライバーとして最高のパフォーマンスのひとつを披露。グリッドの最後尾から3位でフィニッシュした。

バルテリ・ボッタス 「完璧な週末にグリッド降格は腹立たしい」

2021年9月12日
バルテリ・ボッタス 「完璧な週末にグリッド降格は腹立たしい」 / F1イタリアGP スプリント予選
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1イタリアGPでここまで“完璧”な週末を過ごしており、グリッド後方からスタートするのは“苛立たしい”と認める。

今週月曜日に2022年にジョージ・ラッセルが加入することでメルセデスを離れてアルファロメオに移籍することが発表されたバルテリ・ボッタスは、そのニュースに対して理想的な反応を示している。

メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性

2021年9月11日
メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、土曜日のスプリント予選の進行状況によってはペースセッターのバルテリ・ボッタスに関して“難しい”チームオーダーを発令しなければならない可能性があることを認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日の予選で最速タイムを記録。30分のスプリント予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンよりも前からレースをスタートする。

バルテリ・ボッタス、予選最速もエンジン交換で決勝は最後尾スタート

2021年9月11日
バルテリ・ボッタス、予選最速もエンジン交換で決勝は最後尾スタート / F1イタリアGP 予選
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1イタリアGPの予選で最速タイムをマークしたが、チームが戦略的なエンジン交換を選択したことで、決勝は最後尾からスタートする。

メルセデスF1は、シーズンの残り9ラウンドで4基目のエンジンを導入するかどうかを検討していた。導入しなければ、エンジンペナルティを避けられるが、古いパワーユニットを使用すると、潜在的にさらにコストのかかるエンジン故障のリスクが高まる。

バルテリ・ボッタス 「F1ベルギーGP時点でメルセデスの決定は知っていた」

2021年9月10日
バルテリ・ボッタス 「F1ベルギーGP時点でメルセデスの決定は知っていた」
バルテリ・ボッタスは、F1の夏休み中にジョージ・ラッセルを起用して自分が放出されるというメルセデスの決定を知らされていたと明かした。

今週月曜日、アルファロメオF1は、F1を引退するキミ・ライコネンの後任として2022年にバルテリ・ボッタスを起用することを発表。翌日に発表されたジョージ・ラッセルのメルセデスへの昇進の道を開いた。

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年

2021年9月9日
バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との契約期間が3年であることを明らかにした。

アルファロメオF1の公式発表では、バルテリ・ボッタスと2022年から複数年契約を結んだとだけ記されていた。

「これについてはこれ以上コメントはしない」とアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスールは RTL に語った。

メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」

2021年9月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを迎えるという決断について語った。

バルテリ・ボッタスのアルファロメオF1移籍発表に続き、メルセデスは9月7日(水)にジョージ・ラッセルを2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトに迎えることを発表した。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と達成したすべてを誇りに思う」

2021年9月7日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と達成したすべてを誇りに思う」
バルテリ・ボッタスが、5シーズンを戦ったメルセデスF1への感謝を語るとともに、“このチャンスからすべてを絞り出した”と自信をもって振り返った。

バルテリ・ボッタスは9月6日(月)に2022年にアルファロメオF1に移籍することを発表。2017年にニコ・ロズベルグの後任といてメルセデスに加入したボッタスは、これまで9勝を挙げ、17回のポールポジション、63回の表彰台を獲得している。

アルファロメオF1代表 「ボッタスとの複数年契約は安定性をもたらす」

2021年9月7日
アルファロメオF1代表 「ボッタスとの複数年契約は安定性をもたらす」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、バルテリ・ボッタスとの複数年契約は2022年からスタートするF1新時代に必要な安定性をチームにもたらすと語る。

9月6日(月)、アルファロメオF1は、2022年のドライバーとして現メルセデスのバルテリ・ボッタスを起用することを発表。今季限りで引退するキミ・ライコネンの契約を埋める存在として期待されている。
«Prev || ... 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム