バルテリ・ボッタス、PU交換を説明 「モンツァで投入したもの“終わった”」

2021年9月28日
バルテリ・ボッタス、PU交換を説明 「モンツァで投入したもの“終わった”」 F1ロシアGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPでマックス・フェルスタッペンの挽回を阻止するために新しいF1エンジンを投入してグリッド後方に下がったとの見解を否定。前戦F1イタリアGPで投入したPUが“終わった”ので、新しいものを投入“しなければならなかった”と語った。

F1ロシアGPでは、マックス・フェルスタッペンが4基目のPUを投入して最後尾からのスタートが決定。メルセデスF1はタイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンにも同じことをするだろうとの憶測が飛び交った。

メルセデスF1、ボッタスのPUを交換!フェルスタッペンの挽回を阻止へ

2021年9月26日
メルセデスF1、ボッタスのPUを交換!フェルスタッペンの挽回を阻止へ / F1ロシアGP
メルセデスF1は、予選後にバルテリ・ボッタスのパワーユニット一式を交換。F1ロシアGPをグリッド後方からスタートさせ、マックス・フェルスタッペンの挽回を阻止する奇襲作戦に出た。

この動きは、バルテリ・ボッタスを駒として使い、金曜日のFP1後にパワーユニット一式を交換して最後尾グリッドからのスタートが決定しているレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの挽回を早期に潰すためのメルセデスの戦略的な交換となる。

バルテリ・ボッタス、ソチで好調も「チームオーダーには喜んで従う」

2021年9月25日
バルテリ・ボッタス、ソチで好調も「チームオーダーには喜んで従う」 メルセデス F1ロシアGP
バルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPの決勝でメルセデスF1がタイトル候補のルイス・ハミルトンに順位を譲るように頼んでくるならば「チームために喜んで従う」と語った。

バルテリ・ボッタスは、2017年にソチ・オートドロームでF1初優勝。昨年もこのサーキットで優勝しており、メルセデスの牙城で“影のマイスター”とも言えるパフォーマンスを発揮している。

バルテリ・ボッタス 「ペレスを抜いていても優勝は難しかった」

2021年9月13日
バルテリ・ボッタス 「ペレスを抜いていても優勝は難しかった」 / F1イタリアGP 決勝
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、マクラーレンの印象的な直線速度のアドバンテージにより、セルジオ・ペレスをコース上で追い抜くことができたとしても、F1イタリアGPで優勝できたかどうかは疑っている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスドライバーとして最高のパフォーマンスのひとつを披露。グリッドの最後尾から3位でフィニッシュした。

バルテリ・ボッタス 「完璧な週末にグリッド降格は腹立たしい」

2021年9月12日
バルテリ・ボッタス 「完璧な週末にグリッド降格は腹立たしい」 / F1イタリアGP スプリント予選
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1イタリアGPでここまで“完璧”な週末を過ごしており、グリッド後方からスタートするのは“苛立たしい”と認める。

今週月曜日に2022年にジョージ・ラッセルが加入することでメルセデスを離れてアルファロメオに移籍することが発表されたバルテリ・ボッタスは、そのニュースに対して理想的な反応を示している。

メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性

2021年9月11日
メルセデスF1、スプリント予選でボッタスにチームオーダー発令の可能性
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、土曜日のスプリント予選の進行状況によってはペースセッターのバルテリ・ボッタスに関して“難しい”チームオーダーを発令しなければならない可能性があることを認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日の予選で最速タイムを記録。30分のスプリント予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンよりも前からレースをスタートする。

バルテリ・ボッタス、予選最速もエンジン交換で決勝は最後尾スタート

2021年9月11日
バルテリ・ボッタス、予選最速もエンジン交換で決勝は最後尾スタート / F1イタリアGP 予選
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1イタリアGPの予選で最速タイムをマークしたが、チームが戦略的なエンジン交換を選択したことで、決勝は最後尾からスタートする。

メルセデスF1は、シーズンの残り9ラウンドで4基目のエンジンを導入するかどうかを検討していた。導入しなければ、エンジンペナルティを避けられるが、古いパワーユニットを使用すると、潜在的にさらにコストのかかるエンジン故障のリスクが高まる。

バルテリ・ボッタス 「F1ベルギーGP時点でメルセデスの決定は知っていた」

2021年9月10日
バルテリ・ボッタス 「F1ベルギーGP時点でメルセデスの決定は知っていた」
バルテリ・ボッタスは、F1の夏休み中にジョージ・ラッセルを起用して自分が放出されるというメルセデスの決定を知らされていたと明かした。

今週月曜日、アルファロメオF1は、F1を引退するキミ・ライコネンの後任として2022年にバルテリ・ボッタスを起用することを発表。翌日に発表されたジョージ・ラッセルのメルセデスへの昇進の道を開いた。

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年

2021年9月9日
バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との契約期間が3年であることを明らかにした。

アルファロメオF1の公式発表では、バルテリ・ボッタスと2022年から複数年契約を結んだとだけ記されていた。

「これについてはこれ以上コメントはしない」とアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは RTL に語った。
«Prev || ... 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム