2021年10月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスF1代表 「ハミルトンのエンジン使用基数制限は頭痛の種」

2021年10月2日
メルセデスF1代表 「ハミルトンのエンジン使用基数制限は頭痛の種」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームがF1パワーユニットの年間使用基数制限を活用する方法について“頭痛の種”に直面していることを認める。

ペナルティを受けずに各ドライバーが使用できるF1パワーユニットは3基であり、22戦というレースシーズンは大きな要求を生み出している。数人ノドライバーはすでに4基目のエンジンを投入。

マクラーレンF1、パトリシオ・オワードのF1での将来性をテストで評価

2021年10月2日
マクラーレンF1、パトリシオ・オワードのF1での将来性をテストで評価
マクラーレンF1チームのボスであるザク・ブラウンは、パトリシオ・オワードのF1での将来性についてシーズン終了後のアブダビテストのあとに評価していくと語る。

今年始め、ザク・ブラウンは、アロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦するパトリシオ・オワードがレースに勝った場合、マクラーレンの現行マシンであるMCL35Mを使用したテストの機会をオワードに与えることを約束していた。

レッドブルF1首脳 「ランド・ノリスの獲得に動いたことがある」

2021年10月2日
レッドブルF1首脳 「ランド・ノリスの獲得に動いたことがある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マクラーレンのランド・ノリスを獲得するために交渉を行ったことを明らかにした。

マクラーレンの育成プログラム出身のランド・ノリスは、2019年にF1デビューを果たして以来、チーム再建の背景にある重要な原動力となっている。

マクラーレンで5回の表彰台を獲得しているランド・ノリスは、F1で最も評価の高い若手ドライバーの一人になり、ヘルムート・マルコの注目を集めた。

マクラーレンF1代表 「メルセデスとの関係は今年の進歩の大きな鍵」

2021年10月2日
マクラーレンF1代表 「メルセデスとの関係は今年の進歩の大きな鍵」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、メルセデスのF1パワーユニット部門との“センセーショナル”なパートナーシップが彼らの進歩を助けたと語る。

アンドレアス・ザイドルは、ホンダとルノーのF1エンジンを搭載した不毛な時代を経て、マクラーレンがF1マシンの真のポテンシャルを評価する方法はタイトルを獲得したF1エンジンを搭載することだと感じていた。

F1:レース数増加でチームメンバーのローテーションの義務化も視野

2021年10月1日
F1:レース数増加でチームメンバーのローテーションの義務化も視野
F1チームは、スポーツの経済的動機とそれがスタッフに与える影響との間でバランスを取る必要があるという信念で団結している。

今月後半のFIAFIA世界モータースポーツ評議会では、23戦で構成される2022年のF1カレンダーが発表される予定だ。その場合、F1史上最も長いカレンダーとなり、より広く転戦するという点で、チーム内の人員にさらなる負担をかける。

F1カタールGPの開催を人権団体が問題視

2021年10月1日
F1カタールGPの開催を人権団体が問題視
F1カタールGPの開催を人権団体アムネスティ・インターナショナルが問題視している。

今年、F1カタールGPは、オーストラリアGPの代替会場としてカレンダー入り。予想されていたことの契約は、深刻な新型コロナウイルス関連の政治危機にあるオーストラリアにとって長期的な打撃となる可能性がある。

レッドブルF1代表 「ハミルトンは勝利よりもフェルスタッペンを見ていた」

2021年10月1日
レッドブルF1代表 「ハミルトンは勝利よりもフェルスタッペンを見ていた」 F1ロシアGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、雨に見舞われたF1ロシアGPのレース終盤に、メルセデスはランド・ノリスよりもマックス・フェルスタッペンについて考えていたと信じている。

F1ロシアGPのレースは、予定されていたピットストップが完了すると、ランド・ノリスとルイス・ハミルトンの一騎打ちとなり、マクラーレンのノリスは、7回のF1ワールドチャンピオンに差を縮められるまで明確なリードを維持していた。

マックス・フェルスタッペン 「雨に苦戦して無線ボタンを押せなかった」

2021年10月1日
マックス・フェルスタッペン 「雨に苦戦して無線ボタンを押せなかった」 F1ロシアGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPのレース終盤にRB16Bをコース上に留めることに格闘していたため、チームと戦略について話し合うために“無線ボタンを押せなかった”と明かす。

PU交換ペナルティによって最後尾からスタートしたマックス・フェルスタッペンだが、最終的に2位表彰台を獲得。ダメージリミテーション以上とも言える結果を残した。

ルイス・ハミルトン 「F1引退は波の満ち引きのように頭をよぎる」

2021年10月1日
ルイス・ハミルトン 「F1引退は波の満ち引きのように頭をよぎる」
ルイス・ハミルトンは、F1引退について“頻繁”に考えるようになったと語るが、そのたびに自分がF1ドライバーであることがどれだけ“幸運”なことかを思い出していると語る。

7回のF1ワールドチャンピンであるルイス・ハミルトンは、F1での15シーズン目を戦っているが、今年、メルセデスとの契約をさらに2年間延長。F1ロシアGPで通算100勝目という金字塔を打ちたてたハミルトンは、理論的にはメルセデスで10回のF1ワールドチャンピオンを樹立する可能性もある。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 64 | 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム