2021年10月のF1情報を一覧表示します。

ダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?

2021年10月1日
元F1ドライバーのダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、2022年にドラゴンペンスキーのフォーミュラEの席を確保するとみられているが、11月初旬まで契約が成立しない可能性があると The Race が報じた。

現在アルピーヌF1チームと開発兼リザーブドライバーとして契約しているダニール・クビアトは、2020年シーズンの終わり以来レースをしていない。The Race は、ニコラス・トッドが運営するオールロード・マネジメントが管理するダニール・クビアトの代理人が、ここ数週間、ドラゴンの上級代表と会談したことを明らかにした。

レッドブルF1代表 「ジョージ・ラッセルはメルセデスF1を強化する」

2021年10月1日
レッドブルF1代表 「ジョージ・ラッセルはメルセデスF1を強化する」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍することが待ち切れないとし、彼の存在はチャンピオンシップチームを強化するだろうと語る。

ウィリアムズとの3年間の形成期を経て、ジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に移籍してルイス・ハミルトンのチームメイトとなり、次のレベルへと進む。

ロバート・シュワルツマン、FP1で若手ドライバー走行の義務化を歓迎

2021年10月1日
フェラーリF1育成のロバート・シュワルツマン、FP1で若手ドライバー走行の義務化を歓迎
フェラーリF1のジュニアドライバーであるロバート・シュワルツマンは、F1の公式プラクティスセッションで若いドライバーを走らせることを義務化する動きを歓迎している。

F1ロシアGPの週末、マクラーレンF1のチームを務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年に少なくとも2回のプラクティスセッションで若いドライバーの走行を義務付けるというF1のプランを“全面的に支持”していると La Gazzetta dello Sport に語った。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム