マックス・フェルスタッペン 「雨に苦戦して無線ボタンを押せなかった」 F1ロシアGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPのレース終盤にRB16Bをコース上に留めることに格闘していたため、チームと戦略について話し合うために“無線ボタンを押せなかった”と明かす。

PU交換ペナルティによって最後尾からスタートしたマックス・フェルスタッペンだが、最終的に2位表彰台を獲得。ダメージリミテーション以上とも言える結果を残した。

しかし、それはレース終了間際に降った雨が救いの手を差し伸べた結果だった。マックス・フェルスタッペンは、ドライトラックで7位まで順位を上げていましたが、そこで進歩は行き詰まっていた。ライバルのルイス・ハミルトンはランド・ノリスを追いかけて勝利を争っており、大量のポイントを失う可能性があった。

ターン5~7まで路面は濡れていたが、他の場所では乾いていたため、マックス・フェルスタッペンは無線でレッドブルと戦略について話し合っていた。

しかし、雨がどんどん激しくなるにつれ、マックス・フェルスタッペンはマシンをコース上に留めるために両手が必要となり、無線ボタンを押して戦略交渉さえ困難になっていたと明かした。

最終的にマックス・フェルスタッペンはインターミディエイトタイヤに交換するためにピットインすることを判断し、チームは同意。フェルスタッペンはピットに入って2位になった。

「当然のことながら、スリックタイヤで運転していて、雨が降り始めたときは、ドライバーの方が感覚が強いので、彼らは僕に尋ね続けました」とマックス・フェルスタッペンはレース後に説明した。

「そのような場合、コミュニケーションは非常に重要だ。そのため、マシンをコース上に留めたくて無線ボタンを押すことができなかった場合でも、彼らは僕に尋ね続けた」

「前のラップでは、まだ続行するべきだと思うと伝えていた。なぜなら、僕は8~9秒くらい負けていただけだったからね。でも、ピットインしたラップは、あるポイントでマシンをコースに留めていることがとても困難だった」

「僕は『ボックスする必要があ』と言ったけど、完全に確信できないものだ。チームは『OK、ボックスしよう』と言って僕を呼び入れた、そして、それは正しい判断だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP